2022年07月02日

シーボニアスペシャルナイトに、江戸東京野菜を使いたいと相談を受ける


6月の初めに、江戸東京野菜コンシェルジュの亀島由美子さんから、
友人たちとイベントで行ったことがあるクラブで、江戸東京野菜を
食材として使いたいと相談されたとの情報を頂いた。

丁度、果菜里屋の高橋廣道社長が江戸東京野菜を収めている、
「落語を食べる会」が歌舞伎座で開催される日に合わせで、
29日のランチタイムに伺った

クラブは、日比谷公園の隣、国会通りにある中日新聞東京本社ビルの
地下1階、会員制の「シーボニア・メンズクラブ」で、14時までの
ランチタイムは、会員以外でも利用できる。





1-1.JPG

江戸東京野菜の普及に携わっている亀島さんは、イベントで来た時に、
田邊社長(写真右から二人目)と食材について話をしていて
東京にもこんな野菜がありますと「江戸東京野菜の物語(平凡社)」を、
差し上げていた。

田辺社長は、江戸東京野菜に興味を持っていただいたらしく、
ミクニマルノウチが近いことから、食べに行っていただいている。

「三味線江戸百景」を企画した中で、食材も江戸物でと・・・。
思い出したのは亀島さんで江戸東京野菜が使えないかと連絡した。

同店は、ピアノとバーカウンターがある広いフロアー以外は、個室で
イベントの開会に先立って、ディナーは個室で食べて、イベントは
フロアーに設えたステージで実施するようだ。


1-4-0.44.JPG

すでにイベントは会員中心に募集をしたが、70席満席だというので。
Youtubeで稀音家千鶴師匠と桂小すみ師匠を紹介する
上の画像をタップする



関根昭仁料理長を交えての打ち合わせとなった。
10月22日の開催ということで、その季節の食材については、
高橋社長から説明があったが、関口料理長からは、1ケ月前になって
確実に入荷するもので考えたいとのことだった。

この辺りは、家康が来るまでは海で、江戸城の拡大で埋め立て、
近くの桜田から半蔵門には、江戸城濠大根が今繁茂している。

田邊社長からは、江戸東京野菜の簡単な解説も行えないかとの
話もあったので、食事の前に話したいが、
イベントに影響がない程度に紹介をさせていただくと申し上げた。




追録
田邊社長と関口料理長との打ち合わせに先立ち
個室に案内されたので、日替わりランチを注文した。


2-1.JPG


ランチMENU
前菜サラダ仕立て
スープ
本日の魚料理
又は
本日の肉料理
デザート
コーヒー
パン
※ご希望でランチバイキングの人気メニュー
カレーも食べ放題です。とあった。






3-1-.JPG

全員肉料理を注文したが、この日はポークでカツかつだった。

美味しかった。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2022年07月01日

檜原村で代々生活の中で使われてきた山野草 ”ねんねんぼう” の定植に成功した。


檜原村のおいねのつるいもがほしいという方がいて、
それならと「檜原地区じゃがいも栽培組合」は鈴木留次郎さんが
組合長をしているから、電話で聞いてみた。

7月になればあるだろうと、探してもらえることになったが、
鈴木さんから檜原にもあった伝統的な山野草の栽培に
成功したという情報を頂いた。

檜原村では代々生活の中で使われてきた山野草 ”ねんねんぼう” と
呼ばれているもので、葉を干して繊維だけを取り出して、ソバの
繋ぎとして使うと、つるつるしてのど越しが良くなる。

暮れには葉を茹で、あく抜きをして、正月用の餅を作る時に、
ヨモギ餅をつくる要領で「のし餅」を作る等、生活に密着している。

春先には鹿が好きでかじるという。






1-1.JPG

檜原では、標高500b以上の所に生えているから、山梨県塩山辺り
でも見ることができ、長野県では「雄山火口(おやまぼくち)」と呼ばれ栽培している。

昔から草餅に使われていて、10月から3月まで、檜原温泉センター
数馬の湯で限定販売されていたが、作る方が高齢で事前電話が必要だ。

檜原のソバ屋「玄庵檜原」では、昔使っていて人気だったが、
「ねんねんぼう」の入手が困難で現在は使っていないという。

奥多摩では「ねねんぼう」と呼び、「やすらぎの宿 ねねんぼう」が
奥多摩町日原にあるが、電話で「ねねんぼう」の料理を食べられるか
聞いてみたら、電話に出た女性は「ねねんぼう」を知らなかった。





くちみち.jpg

葉は裏白で、葉の形、アザミに似た花を見ると、滝野川ゴボウにも
似ていて、長野県ではヤマゴボウとしても使われている。

この山野草、鈴木さんが栽培をしようと長年研究を続けてきたが、
環境に左右され、どこでも生えているわけではない。
檜原村では人里、数馬から奥多摩へ抜ける周遊道路の辺りや、
藤倉地区の林道で、崩落した土で育っていたことから、
やせた土地が向いている。

上の画像をタップする
鈴木さんは、ねんねんぼうの花を見つけては、
秋になるとそこに行き、綿毛のついた種を採取した。







2-1.JPG

上の画像をタップする
鈴木さんの自宅下を流れる、秋川支流の河岸上に、適当な場所を
見つけて、藤倉のやせた土をまくなどして種を蒔いたところ
順調に育ち新しい芽が幾つも出てきたという。

檜原での需要はあることから、鈴木さんの栽培に
期待が寄せられている。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 檜原村とあきる野市の農業

2022年06月30日

八王子の伝統穀物「宗兵衛裸麦」の栽培している高野重春さん、登坂信美さん、石川敏之さんが脱穀作業で160`の収穫となった。


八王子の伝統穀物「宗兵衛裸麦」の栽培と普及をしている高野重春さんと、栽培している登坂信美さんが、今年の2月に、
八王子市上川の登坂さんの畑で麦踏みイベントを実施した。

梅雨に入り収穫作業は遅れたが、梅雨の合間を狙って24日に
収穫作業が行われ、改めて、28日に、登坂さんは、
唐箕(とうみ)を使ってのゴミの分別作業を行っている。




0-1.JPG

昨年は、高野さんがやるのを見ていて、唐箕の扱い方も馴れたもので、スタッフと一緒に分別が完了した。

上の画像をタップする
この猛烈な暑さの中、汗びっしょりの中での作業は、麦のゴミは体に
付くとチクチクするので長袖のトレーナーで防御をしての作業だった。






1-1.JPG

脱穀機ハーベスターは、道の駅近くの農家谷津英一さんにお借りして、圃場に持ち込んだ。
栽培面積は、高野さん、登坂さん、石川さんで2反歩ほどになる。

上の画像をタツプする
唐箕での作業に先立って、梅雨の合間の24日に上川で行われた、
脱穀作業では、午後から登坂さんの脱穀作業だったので、
午前中は、あきる野市で「ゆっくり農縁」を開設している
石川敏之さんが、自ら栽培し乾燥させた、宗兵衛裸を軽トラックで
2回往復して、持ち込み、高野さんの指導のもとで脱穀を行った。






2-1.JPG

高野さんの話では、石川さんの麦は早く刈り取り乾燥したことから、
高野さん、登坂さんの麦藁よりきれいに仕上がっていた。

上の画像をタップする。







3-1.JPG

脱穀作業で、高野さんが21`、石川さんが19`、登坂さんが120`、
合計160`となった、

上の画像をタップする
収穫量を見て、みんなの話は盛り上がった。
借り物の脱穀機も栽培量が増えていることから、来年は中古でも
大きい脱穀機を買おう!、とか、上川の圃場は、貸したいという
地権者がいる事から一面麦畑にしようなどの意見で盛り上がった。

また、昨年の宗兵衛裸でつくった麹から、味噌、醤油を作ったが、
麦麹は使い勝手がいいから、麦麹を作ろうとの
意見もまとまりつつある。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2022年06月29日

梅雨が明けた暑さの中で、滝野川もみじ小学校では珍しい滝野川ゴボウの花が次々に咲いている。


先日、滝野川第三小学校に出前授業で伺ったことは、紹介した。

せっかく近くまで来たので、気になっている滝野川ゴボウの花の状況を見に、王子駅からバスに乗って、滝野川もみじ小学校に伺った。

滝野川もみじ小には、出前授業に伺っていて3年物の滝野川ゴボウの
花が、咲き始めていたが、今回伺って5割ほどが咲き終わっていた。






1-1.JPG

丁度、同校の生徒たちの交通安全の誘導をされている田中克造さんに
お会いしたので、案内してもらった。

上の画像をタツプする
下葉が枯れ落ちでいたので、
3本の滝野川ゴボウであったことが分かった。
左の株の根元に、スマホを置いたので、その太さが分かる。







2-1.JPG

ゴボウの花はアザミの花のようだが、一斉に咲くのではなく、蕾が
開花するまでには時間がかかるが、開花後は数日で結実するようだ。

上の画像をタップする
東京都薬用植物園統括管理責任者の山上勉さんに伺うと
一般的に、キク科植物は開花期間は長い、ゴボウは一見花弁の
色が変わっても、花が散ってしまった状態ではなく、秋になって
種になった時に、全体が枯れてくる。そのまま放置していると、
タンポポの様に綿毛を付けて種は飛んでいく。

学校の外に、ゴボウが芽を出していたが、
種が飛んで行ったものと思われる。



梅雨が明けた暑い日が続いてるが、植わっているフプランターは
乾き切っているので、水やりが必要だ。

今後、採種まで注目していくことを広野副校長にお願いしてある。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年06月28日

足立区立西伊興小学校の「命をつなぐ千住ネギの栽培授業」に、足立区農業委員会に依頼されて出掛けた。


足立区農業委員会が足立区教育委員会の協力を得て、区内の小学校
6校で「命をつなぐ千住ネギの栽培授業」を実施しているが、
今年度はすでに、千寿双葉小と、保木間小、更に栗原北小学校で
種の伝達式が行われ、引き続き種が蒔かれ、栽培がはじまっている。

先週、西伊興小学校では、5年生が午後からの暑い中で、先輩の
6年生から受け取った千住ネギの種を、用意されたプランターに、
農業委員の指導で蒔いた。




1-1.JPG

開会にあたって戸田道寿副校長から
「命をつなぐ千住ネギの栽培授業」の主旨の説明があった、

上の画像をタップする
昨年、5年生の時に、千住ネギの栽培を行った6年生が
「種」をもって、体育館の壁側に待機していた。

タネの伝達式では、6年生が栽培での苦労話やら、西伊興小学校の
伝統として、千住ネギを栽培して、来年、5年生に渡せるように
頑張ってほしいと期待を述べて手渡した。






2-1.JPG

「命をつなぐ千住ネギの栽培授業」の最も重要なセレモニーが、
先輩たちが、種の命を伝えようと、
今私も見ていましたが、皆さんに伝わりました。

これから皆さんは、千住ネギを栽培して、来年は、後輩の5年生に
伝えられるように栽培してほしいと伝えてから、
「千住ネギの話」を行った。

足立区の昔の農業から入った。
1950年代まで足立は水田主体の農業で、同校の用地も水田だった。
今回は、荒堀安行会長は来られなかったが、
鈴木博利委員と馬場博文委員か見えていたので
お二人の農業について、パワーポイントで紹介した。






3-1.JPG

千住ネギの播種については、鈴木委員と馬場委員が、
生徒の前で説明を行い、

上の画像をタップする
6年生から頂いた種袋は折紙で作られていて銘々に分けらていた
千住ネギの種は、黒くて小さいから、集中していないと、
どこに蒔いたかわからなくなってしまう。






4-1.JPG

種蒔きを終わって感じたことを、担任の先生が生徒に聞くと、
何人かが手をあげた。

上の画像をタップする
先輩から頂いた千住ネギの種を、一生懸命に栽培して
来年の5年生に種を伝えます。と、全員の前で発言した。
さすが5年生で、この授業の主旨を理解していた。


追録
播種は終わったが、散水を行う時間はなかった。
一か所に集められたプランターに散水するのは、先生方が
やるようだったので、散水の仕方をアドバイスした。

ボタボタと水を落とすと、播種された種は、浮き上がり
散らばってしまうからと・・・。
初めての先生方には、こんなことも話しておく必要があった。

2022年06月27日

滝野川第三小学校の3年生に、北区の農業や滝野川ゴボウなど、出前授業を行ってきた。


滝野川ゴボウの地元小学校への出前授業は、3月に瀧野川八幡神社の
創建820年を祈念して滝野川ゴボウの播種祭が執り行われたことから、
地域の小学生に地元の伝統野菜・滝野川を知ってもらうことも
重要だとして、各校にプレゼンを行ってきた。

お陰で、区立谷端小学校で行ったのをはじめ、ゴボウの花が咲く
区立滝野川もみじ小学校で実施し、先日は、滝野川第三小学校の、
關口泰正校長先生にプレゼンをして、地域の様子も見てきた。





1-1.JPG

同校は、JR王子駅から、飛鳥山を超えて、都電荒川線の線路際に
「滝三小」の校舎が建っている。

上の画像をタップする。
正門から校庭に入ると、右側が「きたさん幼稚園」になっていて、
プランターに「滝野川ゴボウ」が植わっていた。
關口校長が園長もされていて、お会いしたので、
そろそろ間引きの時期ですねと、申し上げた。

小学校のグリーンカーテンは、更に伸びて花が咲いていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年06月26日

初めて聞いた防災植物という野草の新聞記事に知ってる名前を見つけて釘付けになった。


高知県の園芸蚕糸課長などを歴任された石川清彦さん
(東京農大の同級生)がFaceBookで、日本防災植物協会
高知新聞の記事を紹介していた。

事務局長をされていたのが、野菜ソムリエの斉藤香織さんで、
高知でお逢いしているので、新聞記事に釘付けになった。

お会いしたのが2014年と2015年で、当時まだ斉藤さんからは
防災植物のことは聞いていなかった。

植物生態学を研究していた澤良木庄一先生が、
南海トラフ地震を念頭に2015年に「日本防災植物協会」を
設立しているが、この発想は考えたこともなかった。

この年、2015年9月25日‐27日、国連の持続可能な開発サミットで
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、
「持続可能な開発目標(SDGs)」を設定した。

防災植物はまさにSDGsで、協会設立の背景には、
環境に負荷をかけない野草のSDGsが見えてくる。






1-1.JPG

高知県防災フェスタに出店し、左隣は協会メンバーの岡村志保さん。

上の画像をタップする
2021年1月に逝去れた澤良木庄一先生(左下)

高知新聞社主催の出張防災植物教室(左上)の野外観察で、
土手に生えている草の説明を行った。

写真右上は、協会主催の防災植物教室で学習参加者が採取してきた
イタドリやギシギシ ヨモギ スイバ スギナなどが見られる。

下右は防災植物講演会。下中は防災植物の料理教室。

・・・と活発な活動を展開していて、
教えてくれた友人の石川さんもメンバーだと聞いている。

SDGsの視点に立てば、世界に影響力を与える取り組みで、
南海トラフ地震により、食べ物が無くなった場合、1.2.3.4.15.17.
などは関連していて、条件によっては、それ以外も関連してくる。

これら持続可能な取り組みは、江戸東京野菜等の伝統野菜と同じで・・・・、



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2022年06月25日

小金井市農業委員会松嶋あおい委員が立毛品評会に同行し、市民目線で新鮮野菜の現状を視察された。


小金井市農業委員会の松嶋あおい委員
(江戸東京野菜コンシェルジュ協会理事)が、小金井市が実施した
夏野菜露地部門の立毛品評会に同行し、報告してくれた。

小金井市が指定した農家5軒11圃場のトウモロコシ、ナス、キュウリ、
枝豆の4品目について、行われた。

秋に実施される農業祭では、出品された農産物の品質等について
審査されるが、この立毛品評会は、
@農産物を生産する過程においての栽培状況。
A病害虫の発生状況。
B畑の管理状況、
についての審査を行うもので、高い栽培レベルが要求され
受賞は農家にとって、大きなステータスになり、
農家間では一目も二目も置かれるようになる






1-1.JPG

栽培状況では栽培品種の特性がよく表れているか・・・・
畑の管理状況については、露地栽培の場合は特に、
病害虫の発生源となる、雑草が生えていない圃場。

上の画像をタップする
当日は、橋金一農業委員会長をはじめ、小金井市、東京都からは
農業振興事務所の農業改良普及員が審査に当たった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金井市での取り組み

2022年06月24日

滝野川ゴボウの間引き菜を、採種するために再び自宅裏に定植した。


練馬区大泉の村田農園で、各種の江戸東京野菜を栽培している
渡邉和嘉さんが、渡辺早生ゴボウも栽培していて、
このほど間引きを行ったとして、写真を送ってくれた。




2-1-8.JPG

渡邉さんは、渡邉早生ゴボウを4月5日に播種をしている。

上の画像をタツプする
間引きは、掘ることなく、そのまま引き抜いたという。
根の長さは30〜40a

渡辺早生ゴボウは、渡辺正好氏が「滝野川種」から、
早太りの系統を見い出して淘汰し、20年(1945)に完成、
根の太りは早く、す入りはやや早いが抽苔性はきわめて低い。

8月早掘用として他の品種の追随を許さぬ早生種である。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年06月23日

東京産のルバーブを使った調理実習は、ジャムづくりで、フレンチの三國シェフが見守った。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)の保積栄理教諭が担当する
フードカルチャー(FC)コースのお手伝いをするようになって、
2年目になる。

江戸東京野菜の復活普及の授業は、座学と栽培実習を行っている。

座学の中では東京農業をベースに話したが、東京の農業は、
江東地区のゼロbから西多摩の中山間地帯、洋上1千`の
小笠原の亜熱帯農業まで、大産地は無いが東京都中央卸売市場に
全国から入荷する野菜の内、ブランド野菜以外の野菜は、
僅かだが、何でもあるのが、東京農業の特徴だ。





1-1.JPG

上の画像をタップする
多摩地区でたった一つの村、檜原村で伝統野菜の調査をしている時、
元助役をされていた鈴木留次郎さんが、白岩ウリと云う伝統野菜に
取り組んでいることを知った。

その鈴木さんが、檜原の産物で観光土産をつくって販売していた。
ルバーブのジャムだ。

鈴木さんに、ルバーブシャムの作り方を教えてもらった。
その時、美容にも良いという話に、東京女子学院高等学校の
FCコースが頭に浮かんだ。
後日、保積教諭に提案したところ取り上げてくれた。

上の画像をタップする
数日前に、三國レッスンをTJGのFCコースで出来ないか、保積先生と、
オテル・ドゥ・ミクニに伺った時の約束で、
三國清三シェフが、初めから来て授業を見守ってくれていた。
    



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組