2021年01月20日

昨年の秋に、善福寺池の周辺を歩いたが、農地こそ少なくなったが、遅野井湧水を湛えていた。


東京を流れる川の水源地は、「農のある景観と環境」として報告してきた。
東西に長い東京の、南北に三鷹の井の頭池、杉並の善福寺池、練馬区石神井の三宝池と、三つの池を線で結ぶと、弓を張ったように曲線になり、そこに湧水がある。

善福寺池は、かつて池のそばにあった善福寺弁財天の名をとったが、その寺はすでに廃寺になっていて、その後、善福寺4丁目の福寿院という名の寺院が1923年に地名をとって改名して善福寺となっている。

昨年の秋、善福寺には荻窪からバスで、井草八幡宮で下車して歩いてきたが、井草八幡には、農業説明版の「井荻ウド」の説明版がある。

また、明治から大正にかけては、藍染めの原料「藍」を栽培して産地になっていた。





1-1.JPG

善福寺川の源流、遅野井湧水の碑が立っていた。

上の画像をタップする
説明板によると、鎌倉時代、源頼朝とのご縁がある湧水。







2-1.JPG

昨年の10月に、東京都中央卸売市場淀橋市場で江戸東京野菜の話を
市場関係者にお話をしたが、東京新宿青果株式会社の初代社長、
内田秀五郎氏のこともブログに書いた。


上の画像をタップする
その、内田秀五郎の銅像が、
善福寺池・上の池の小高い所に建立されていた。






3-1-1.JPG

善福寺池は上の池と下の池に分かれている。

上の画像をタツプする
善福寺池の周辺は、
農地こそ少なくなったが、遅野井湧水を湛えていた。







4-1.JPG

下の池は、上の池から流れ込んでいるだけではなく

上の画像をタップする
湧いているところがあった。
善福寺川は買って遅野井川と呼ばれていた







5-1.JPG

上の池に比べて下の池は自然が豊かだった。

上の画像をタップする
下の池から善福寺川として流れ出しているが、善福寺川は下流域で、
井の頭池を水源とする神田川に合流している。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年01月19日

ミクニレッスンの調理実習は中止になったが、バックヤードの宮寺さんのハウスの野菜は寒さで生育が遅れていた。


都市大学付属小学校の4年生に対して行っている三國レッスンは、今月の25日に開催予定だったが、緊急事態宣言の中で中止になった。

昨年の11月16日に、調理実習でつかう野菜を育てようと、東京べかな、ロメインレタス、水菜、スイスチャードなどの播種を行った。

宮寺光正さんは、生徒に播種の仕方を指導したが、生徒たちの栽培が失敗した場合用に、宮寺さんもハウスで同じものを栽培しているが、緊急事態宣言前の正月に寄ってみた。






1-1.JPG

例年11月には調理実習を行っていることから、
栽培した野菜をサラダにすることができたが、
2か月半も日程が先送りになってしまった。

しかも、寒さに向かっての先送りだから、作物の成長は止まって
宮寺さんも、苦慮していた。

上の画像をタップする
東京べかなは、20日ほどでどの程度伸びるか心配していた。






2-1.JPG

レタスは、今回からレッドロメインレタスを蒔いていて、
形ができてきていた。

上の画像をタップする
レッドロメインレタスと、水菜、
この写真を撮影した後、緊急事態宣言が発令され、
三國レッスンは中止となってしまった。
宮寺さんは、これらは小平の直売所に出荷すると伺った。

posted by 大竹道茂 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2021年01月18日

緊急事態宣言が発令されたことで、予定していたイベントが中止となった。


緊急事態宣言が発令されたことでステイホームが続いている。
今月の24日に江東区の図書館でお話をすることになっていたが、中止になってしまった。

江東区の皆さんは、江戸東京について興味を持っている方が多く、
2014年には、中川船番所に伺ったし、2015年には深川江戸資料館の解説ボランティアのみなさんにお話ししている。





1-1-1.JPG

上の画像をタップする


最近では2019年2月に江東区総合区民センターで実施したが、今回もこの時期だから、練馬大根、千住ネギ、江戸城濠大根、それと亀戸大根も持っていこうと思っていた。

江東区のことも、いろいろと話すが、土地のことも調べ始めていた。





1-1.JPG


江戸から大政奉還によって、明治になったが、東京市は明治11年に施行された郡区町村編制法により、麹町区、神田区、日本橋区、京橋区、芝区、麻布区、赤坂区、四谷区、牛込区、小石川区、本郷区、下谷区、浅草区、本所区、深川区、と15区が制定された。

上の画像をタップする


当時は、大名屋敷等が空き屋敷となったことから、牛の搾乳を行う牧場がたくさんでき、
15区のすべての区に牧場ができていた。

現在の江東区は、昭和22年に深川区と南葛飾郡の一部・城東区が合併して生まれている。

東京市は15区からなっていたが、その東側は、南足立郡と、南葛飾郡からなっていて、
南葛飾郡は広かったが、その多くは江戸川区と葛飾区になった。

南葛飾郡には昭和7年、市郡合併により、南部の小松川町、小岩町、松江町、瑞江村、鹿本村、葛西村、篠崎村が合併して江戸川区が誕生。
昭和23年に、農業会の財産を引き継ぎ、江戸川農協と、新興江戸川農協が誕生したが、昭和30年に江戸川区農協となった。区の7割が農耕地で2210ヘクタールもあった。

また、南葛飾郡北部の水元村・金町村・新宿町・奥戸村・亀青村・南綾瀬村・立石村が合併して葛飾区となり、昭和23年に農業会の財産を引き継ぎ、葛飾農協が誕生したが、水田650ヘクタール、畑460ヘクタールだった。同郡のそれ以外の荒川を渡った西部地域は、江東区、墨田区となった。

南葛飾郡の一部、砂町、大島町、亀戸町が合併して、昭和7年に城東区が生まれ、昭和22年に、深川区と合併して、江東区となった。
昭和23年当時、砂町には農地が残っていたことから、近隣の江戸川区農業協同組合の組合地域に砂町も入っている。

南葛飾郡の一部、昭和7年に寺島町、隅田町、吾妻町が合併して向島区を設置
昭和22年に、本所区と向島区が合併して、墨田区となった。

ちなみに足立区は南足立郡が昭和7年市郡合併により、千住町、西新井町、江北村、舎人村、梅島町、綾瀬村、東淵江村、花畑村、淵江村、伊興村で、足立区となった。昭和23年に農業会の財産を引き継ぎ、足立農協が誕生したが、水田1510ヘクタール、畑1.534ヘクタールだった。
posted by 大竹道茂 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年01月17日

練馬で、江戸東京野菜などを栽培している、渡戸秀行さんに採種用に馬込三寸ニンジンを持参した。


昨年の11月、新型コロナウイルスの拡大で、東京都農業祭は中止になり、生産者が栽培技術を競う品評会だけが立川の東京都農林水産振興財団で開催された。

例年、江戸東京野菜のコーナーが設けられていたが、消費者の参加がなかったことから江戸東京野菜の出展は少なかった。

練馬の渡戸秀行さんは、下山千歳白菜と馬込三寸ニンジンを出品してくれた。





1-1.JPG

中でも、馬込三寸ニンジンは、江戸東京・伝統野菜研究会が何年か前に渡戸さんに差し上げたもので、その後渡戸さんが種を採種してきたもので、時期か早いからだと思ってスリムだと記したが、渡戸さんは、再度、種をもらいたいという。

上の画像をタップする
先日、手島英敏さんに頂いた、馬込三寸ニンジン
採種するように差し上げた。

渡戸さんは、石神井川に近い、離れた圃場で栽培するといっていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2021年01月16日

「江戸東京野菜の復活に賭けて」のタイトルで、31日のラジオ深夜便の早朝に語る。


昨年の11月12日に、NHKラジオ第1で毎夜11時5分から翌朝5時まで放送しているラジオ深夜便の、午前4時台の「明日へのことば」を担当するディレクターの要幸男さんからメールあった。

昨年、「江戸東京野菜の物語」を刊行したが、新聞など各社が書評を掲載して頂けたり、日経新聞の最終文化面に原稿が掲載されるなど、取り組みの経過を多くの方々に知っていただいた。

そんなことが、要ディレクターの知るところとなった模様。

ラジオ深夜便は、2014年にアンカー須磨佳津江さんのコーナーに出たことがあると、先日紹介したが、須磨さんからのメールで、要さんはNHKに入った同期だと伺った。




1-1-4.JPG

要さんが、考えてくれたタイトルが「江戸東京野菜の復活に賭けて」だ。

「江戸東京野菜とは江戸時代から1970年代半ばごろまで東京で作られていた野菜の固定種。
都市化や交配種(F1)の浸透により急速に姿を消し、野菜とともにあった暮らしや文化も忘れ去られていった。

この江戸東京野菜の復活に40年以上取り組み、大きな成果を上げてきた。
江戸東京野菜の復活は日本中にある伝統野菜と食文化の見直しの象徴ともなっている。

江戸東京野菜復活に賭けた物語とその意味するものを伺う。」との企画提案だった。
ありがとうございます。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK-TV 、ラジオ出演

2021年01月15日

暮れに、茨城の親戚から、干しいもや、切り干し大根などの乾燥野菜が届いた。


茨城の親戚から、暮れに、乾燥野菜が届いた。
段ボールには干しいもや、切り干し大根、シイタケ、ずいきが入っていた。

干しいもは子どもの頃、乾燥芋と呼んでお腹が空くと炙りもせずにそのまま食べていた。





1-1.JPG

当時は、さつま芋の品種までは知らなかったが、頂いた干しいもは紅はるかだった。

上の画像をタップする

農家でも干しいもを作っていたから知っていたが、あぶることで、色もよくなったし甘みが増した。

このほど刊行された、「サツマイモ大図鑑」では ”すがたを変えるサツマイモ”で、干しいもの作り方まで紹介している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さつまいも

2021年01月14日

歌川廣重の名所江戸百景「月の松」を復元させた寛永寺の清水堂で確認した。


先日、台東区に詳しい、大浦美鈴さんに案内してもらった「谷中七福神めぐり」の最後、不忍池にある弁天堂に行く前に、清水堂に寄って、月の松から弁天堂を眺めている。


歌川廣重は「名所江戸百景 上野山内月のまつ」と、「名所江戸百景 上野清水堂不忍池」に描いている月の松は、明治の初め、台風の被害にあって、その後、伐採されてしまったようだ。

何年か前に、月の松が復活したという話は聞いていたか、上野には、鴎外荘に何度も伺ったし、最近では昨年の6月には、国立科学博物館のイベントにも来ている。

しかし、その時は思い出しもしないから、探してもみなかった。






1-1-8.JPG

寛永寺は江戸城の鬼門として、京都の比叡山を模して東叡山として寛永寺を祀った。
不忍池は、比叡山に対する琵琶湖に模していた。

上の画像をタップする

寛永寺には、京都の清水寺の舞台造りを模した、清水堂があり、千手観世音菩薩を祀ってある。

廣重の描く、「名所江戸百景 上野山内月のまつ」には、不自然な松に見えるが、当時は珍しいということで、廣重の絵を見て寛永寺に足を運んだ江戸市民も多かったようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年01月13日

自宅待機の中で、情報は少ないが、これまで未掲載の情報を思い出した。


新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために、政府は緊急事態宣言を発令したので、自宅待機につき、これまで掲載していなかった情報を紹介する。

上野の国立科学博物館において、昨年の2月から開催予定だった特別展が、新型コロナの関係で延期を強いられていた。

6月まで待っていたが状況は変わらなかったことから、結果的に「和食 〜日本の自然、人々の知恵〜」は中止になってしまった。





1-1-1.JPG

主催者の新聞社から、江戸東京・伝統野菜研究会に、
江戸東京野菜の中でも代表的な大根
「練馬大根、亀戸大根、大蔵大根」の提供を依頼されていた。

何でも、全国から25種の大根を集めてサンプルを作るそうで、
果菜里屋(青果商)の高橋廣道さんに届けてもらっていた。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2021年01月12日

八王子の山の高野さんから、「畦っこ瓦版NO176」が送られてきていた。


八王子の山の自然を書いている高野重春さんから、
「畦っこ瓦版NO176」が送られてきていた。

このところの寒波襲来で、日中も温度が上がらず、春が待ち遠しい。


176.JPG

上の画像をタップする
畦っこ瓦版には、2020年の写真をもとに、活動拠点の四季の
写真が掲載されていた。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年01月11日

”谷中七福神めぐり”は、江戸時代から約250年続く、東京でもっとも歴史がある七福神めぐり。


江戸東京・伝統野菜研究会の大浦美鈴さんはフリーマガジン「言問散歩」の編集長をしている、同誌は四季号で、昨年の8月末に秋号Vol 1が発行されている。

Vol 6 冬号はいただいていたが、19ページに、「言問通り界隈は実は七福神めぐりの宝庫」とあり「谷中七福神めぐり」、「浅草七福神めぐり」そして「下谷七福神めぐり」で、編集部のオススメは、同誌の配布地域の「下谷七福神めぐり」とある。

西武鉄道が実施しているウォーキング&ハイキングで、江戸時代から約250年続く、東京でもっとも歴史がある七福神めぐりが、”谷中七福神めぐり” だという。
250年前と云うと、十代将軍家治の時代だ。





0-0-1-5.JPG

上の画像をタップする

大浦さんは編集長として編集後記を書かれているが、Vol 6発行の思いが伝わってきたので、言問通り界隈を通過する「谷中七福神めぐり」を案内してもらった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境