2022年12月08日

冬の江戸東京野菜収穫体験&山分け@ファーム渡戸

weewewewチャ.JPG
12月11日(日)、人気の収穫体験を募集中
上の画像をタップしてお申し込みください。



posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

キヤノングローバル戦略研究所の杉山先生と堅田先生に便乗して日本農林社の阿見研究開発センターを視察した。


キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)の杉山大志先生と
堅田元喜先生は、地球の温暖化が、伝統野菜に与える影響を各方面から調べていて、先月は、吉祥寺の成蹊学園の中に設置されている
成蹊気象観測所を訪ねたことは報告した。

それより前の、8月末に、江戸東京野菜の練馬大長尻大根や
滝野川ゴボウのタネを生産している日本農林社の近藤宏会長に
お会いして話を聞いているが、

堅田先生が教えている茨城大学阿見キャンパスの近くに、
同社の阿見研究開発センターがあることから、
見せて頂きたいとお願いした事から実現したもの。





1-1.JPG


(株)日本農林社は研究機関と共同研究をしていると、
大槻伸一取締役本部長の説明。

当日は、杉山先生と堅田先生とは常磐線の荒川沖駅で待ち合わせた
堅田先生が教えている茨城大学農学部地域総合農学科3年の
中山龍生さんも参加した。

上の画像をタップする
阿見研究開発センターでは、滝野川でお会いして見学を薦めてくれた
大槻取締役本部長が待っていてくれた。

会議室では、商品開発本部の山上裕史取締役部長と生産管理部で
キャベツの棚原佳祐ブリーダーとハクサイの齋藤愛佳ブリーダーが
席に着かれた。





2-1.JPG

キャベツの展示圃場を見せていただいた。

上の画像をタップする
一つの畝に掛け合わせる品種が植わっていたが
分かりやすい展示圃だった。






3-1-.JPG

ハウスでは交配の現場を見せていただいたが、撮影は禁止。

上の画像をタップする
見学の様子をハウスの外から撮影したが、
写真のブログ掲載はこの程度ならと了解を頂いたもの。





4-1--.JPG

関東周辺の気候として阿見の地で栽培しているもので、指定産地では
その地の生産者に栽培を依頼しているという。

上の画像をタップする
ハクサイは、東京を始め関東では、「新理想」が昔から
よくできることから栽培する生産者が多いが、
農研機構野菜茶業研究所との共同開発の「あきめき」
強度根こぶ病・黄化病複合抵抗性の新品種として売り出している。





5-1.JPG

キャベツとなると、東京では、早稲田ミョウガを栽培している
井之口喜實夫さんが毎年トップを取ってい今年も都知事賞を
受賞しているが、春は藍宝2号、秋冬産はYR藍宝を栽培している。
山上部長も井之口さんを良くご存知だった。

上の画像をタップする
「トンガリボウシ」を、現場で切って試食させてもらった。
甘いキャベツで美味しい。
現在野菜の品種改良は甘い方向に向かっているが、キャベツの場合、
味付けはいらないと云うのが料理人の反応だという。

圃場には本来収穫が終わっている早生種もあって
この時期抽苔が始まっていて割れ始めていた。





6-1.jpg

根こぶ病抵抗性キャベツと根こぶ病の比較があった。

上の画像をタップする





7-1.JPG

帰りに、大槻本部長から青首大根とキャベツを
お土産に頂いて、阿見研究開発センターを後にした。



追録


8-1.JPG

昼食は、地元茨城の「常陸秋そば」を辛味大根のおろし汁で、
阿見に近い霞ケ浦の蓮根の天ぷらを注文した。

荒川沖駅までの途中、茨城大学農学部に寄って中山さんと別れた。
posted by 大竹道茂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2022年12月07日

卓話として「江戸東京野菜」を「東京新橋ロータリークラブ」月例会で語る。


シーボニア・メンズクラブの田邊勉社長のお骨折りで、
東京新橋ロータリークラブ」が実施する月例会で、
江戸東京野菜を使ったランチを、皆様に食べていただいた。

どれも、食材の特徴を生かした料理で美味しく頂いていた。
スイーツが出たところで、
司会の村上義弘幹事長から指名された。





10-1.JPG

ロータリアンの田邊社長に改めて紹介を頂いて、
卓話に至った経緯を説明していただいた。

田邊社長は「今回、取材で来ていただいた、亀島由美子さん
(江戸東京野菜コンシェルジュ9期)から、
江戸東京野菜の物語」(平凡出版)を頂いて、三國清三シェフの
ミクニマルノウチに行って食べたりもした、
」など・・・・・

タイトルテーマ  「江戸東京野菜の復活にかける思い」

上の画像をタップする
企業の代表の方などが多かったので、2015年に国連サミットで
採択されたSDGsの素材として、2017年に江戸東京野菜が
国連世界食糧計画(国連WFP
)のツイッターで
飢餓撲滅として世界に発信された。






11-1.JPG

江戸東京野菜として、ランチで使われたのは、
この時期に出荷されている江戸東京野菜で
奥多摩わさび、馬込三寸人参、砂村一本葱、金町小かぶ、
千住葱、下山千歳白菜、つる菜、わさび漬、滝野川ごぼう、
練馬大根、おいねのつる芋、内藤かぼちゃ、を紹介した。

上の画像をタップする
これら江戸東京野菜は、@季節限定で「旬」がある
A野菜本来の味がする。
B揃いが悪く、流通に乗らず栽培が減少。
C種が採れることで持続可能。
D貴重な遺伝資源を含んでいる、遺産でもある。






mitaka.JPG

発見された江戸東京野菜として、2010年に早稲田ミョウカの捜索隊を、
早稲田大学の学生を中心に結成して探しまわったが、
NHKのニュース7でも紹介された。

上の画像をタップする
最近では、昨年の7月、朝日新聞夕刊トップで、日本で絶滅した
江戸時代のワサビが三鷹市大沢の旧わさび田で発見された。

大都市東京に生きていた伝統野菜は、どれもトップニュースになる。





12-1.JPG

更に、江戸城 濠大根を紹介した。

江戸時代、新橋の周りは日比谷の入江で海だった。
家康が来て、江戸の町づくりが始まり、
神田の山を切り崩して江戸城の堀を作った。

海だった桜田の渚に根を下ろした「ハマダイコン」が、
その後、桜田濠から半蔵濠両岸の土塁に広がっていて、

上の画像をタップする
江戸の昔から、4月には白い花を咲かせていた。

現在、練馬で「江戸城濠大根」の名で栽培されていて
辛味大根としてそば好きに喜ばれている。


お忙しい方々なので与えられた時間内に終えたが、
皆さんスクリーンに注目して、興味深く聞いて頂いた。

田邊社長、矢濱周哉総支配人に映像で江戸東京野菜の
物語を知って頂く機会を作って頂いた。

田邊社長、矢濱総支配人、ありがとうございました。

帰り際に、ロータリアンのひとり、坂本正彦氏
(東京ワークシェア―最高顧問)から、講演を依頼された。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2022年12月06日

第22回IUNS国際栄養学会議が12月6日〜11日に東京国際フォーラムで開催される。


昨年3月に、日本女子体育大学スポーツ科学科の古泉佳代准教授・博士(教育学)の授業で、学生の皆さんにZoomで、江戸東京野菜の話をしたことがあった。

古泉先生は、奥多摩の江戸東京野菜・治助芋やわさびの栽培に関わったことがあるそうで、元々種の保存には興味を持っていると伺っていた。

今年の3月に、12月に国際栄養学会議が日本で開催されるので
江戸東京野菜を使ったお弁当の食育に関する研究を発表をしたい
と云っていて、審査が通ったら連絡をくれるとしていたが、
忘れていたようで12月5日に連絡をくれた。




1-1.JPG

上の画像をタップする
会期:2022年12月6日(土)〜11日(日)
会場:東京国際フォーラム ホールC






2-2-9.JPG

テーマ:人生100年時代に向けた栄養学からの提案:
フレイル予防と腸内細菌への注目
講演1 健康長寿に向けたフレイル予防と
その対策 - 栄養、運動、社会参加
新開 省二氏(女子栄養大学教授)

講演2 腸内細菌と免疫−コロナ禍への対応
國澤 純氏(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所
ワクチン・アジュバント研究センター長)

当日参加もできます。







キzxzxzxチャ.JPG

古泉先生の研究報告ポスター、
上の画像をタップする
江戸東京野菜を使用した弁当を用いた野菜摂取を促す食育の実践

右下には江戸東京野菜通信も紹介されている。






posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2022年12月05日

昭島市立光華小学校 5年が栽培中の金町コカブと品川カブの調理実習が行われた。


光華小学校(眞砂野裕校長) 5年担任の伴野美春教諭から
写真添付のメールをいただいた。

市立福島中学と昭和中学を指導している西本幸子栄養士は、
光華小学校の5年生が栽培しているカブについて、栄養士の立場から
授業をされたことは、紹介した。




1-1.JPG

上の画像をタップする。
収穫はどの様にしたのか、聞かなかったが、各クラスとも、担当が
決められていて、「レシピ課」の生徒が収獲してきたのだろう。






2-1-7.JPG

かぶとサツマイモの炒めもの」、「かぶサラダ」、「かぶ汁
葉のおにぎり」、「かぶの照り焼き

上の画像をタップする
収穫した、金町コカブと品川カブ
品川カブは、収穫が早すぎて、まだ長カブの状態になっていないが、
授業の日程が先に決まっていたからやむをえない。






3-1.JPG

上の画像をタップする
金町こかぶ・品川かぶを間引いた時の
「ご飯+おひたし(湯がいて塩で少し味付けしたもの)」


26日(土)に無事に調理実習を行うことができました。
子供たちはあの24日の授業を経てさらに意欲が高まり、
当日は校長先生を試食タイムに招く予定はなかったのですが、
上手に作れた喜びを誰かに伝えたくなってしまうほどで、
職員室に呼びに行ってしまうほどでした。






4-1-2.JPG

上の画像をタップする
「かぶサラダ」「かぶ汁」「葉のおにぎり」「かぶの照り焼き」

校長先生も絶賛してくださり、子供たちはその後「大竹さんにも食べさせたい!、栽培指導をしてくれた、井上さんにも食べさせたい!
家族にも食べさせたい」と次のステップに向けて進み始めています。

30日(水)には本校の校内研究授業で「食べさせたい相手に喜んでもらう会を計画しよう」のめあてで、どんなことをしたら大竹さんや井上さんや家族が喜んでくれるかを各課で話し合い、
ワールドカフェ方式で意見交流も行いました。

子供たちのワクワクは止まらず「これはどう?そのアイデア、
いいね!」の話し合いが盛り上がっていました。


嬉しいですね、19日、楽しみにしています、
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年12月04日

「東京新橋ロータリークラブ」の月例会で、江戸東京野菜を使った洋食コース料理が提供された。


今年の8月に千代田区内幸町にある、シーボニア、メンズクラブでは、
シーボニアスペシャルナイトとして、二丁三味線のライブを
開催したが、それに先立って、江戸東京野菜を使った
シーボニア特製和洋会席料理が、提供された。

同社の田邊勉社長はもとより、お客様からも好評だったと伺っていた。
その後、田邊社長がメンバーの「東京新橋ロータリークラブ」が
実施する月例会での卓話を依頼された。

地域における経済界のリーダーの皆さんに、江戸東京野菜を
知って頂くことは願ってもないことで、喜んでお引き受けした。





1-1-2.JPG

田邊社長は、野菜本来の味がする「江戸東京野菜」を食べることは
健康的にも良いと語って頂いていて、ロータリークラブの
月例会でもランチに出せないかと、会場の新橋第一ホテルの、
総支配人に連絡されたようだ。

上の画像をタップする
「江戸東京野菜の大竹なら知っている」となったようで、
電話を頂いて思い出した。

ブログを調べてみると、8年も前に品川カブの大塚好雄さんに招かれて
天王洲第一ホテルで、矢濱周哉総支配人にお会いしていた。






2-1.JPG

東京新橋ロータリークラブの安井規雄会長(弁護士)と名刺交換し、
お招き頂いたお礼を申し上げた。

尚当日は、江戸東京・伝統野菜研究会の亀島由美子さんが取材に来て
写真を撮って頂いた。

上の画像をタップする
ロータリーの卓話には、東京武蔵野東京杉並鎌倉
お話をさせていただいているが、どこでも開会は歌で始まる。

今回は「日も風も星も」を全員が合唱した。




3-1.JPG

席は、安井会長の隣の席を指定された。

上の画像をタップする
司会進行は、村上義弘幹事長(弁護士)によって、安井会長の
挨拶があり、その後、各役員による報告等が行われた。






4-1.JPG

ランチに当たって、矢濱総支配人から江戸東京野菜を使ったことが
報告され、前に並んだ市川幸二総料理長と宴会調理の
平子美男統括シェフを紹介された。

上の画像をタップする
市川総料理長が始まる前に挨拶に来られたので、写真を撮った。




5-1.jpg

この季節の江戸東京野菜は、果菜里屋の高橋廣道社長を
紹介していたので、各種集めてくれた。
それを、市川総料理長と平子統括シェフがメニューを考えてくれた。

上の画像をタップする
江戸東京野菜を使った
第一ホテル東京 洋食コース料理

奥多摩わさび、馬込三寸人参、砂村一本葱
金町小かぶ、千住葱、下山千歳白菜、つる菜、

わさび漬、滝野川ごぼう、練馬大根
おいねのつる芋、
滝野川ごぼう、内藤かぼちゃ、金町小かぶ





6-1.JPG

前菜盛り合わせ
炙り鰆のカルパッチョ 奥多摩わさび
馬込三寸人参のムース
鴨の和風ロースト 砂村一本葱





7-1.JPG

鶏と野菜のポトフ 野菜のおでん風
(金町小かぶ、千住葱、下山千歳白菜)






8-1.JPG

白身魚と海老のポアレ つる莱
塩昆布と大業のブールブランソース

牛フィレ肉ステーキ 和風ソース 山葵漬け
滝野川ごぼうのコンフィ 練馬大根の煮びたし
おいねのつる芋のロースト







9-1.JPG

デザートの盛り合わせ
滝野川ごぼうのアイス 内藤かぼちゃのムース
金町小かぶのコンポート
パン、コーヒーまたは紅茶

上の画像をタップする
当日使われた江戸東京野菜が会場の後ろに展示された。

お料理は、どれも江戸東京野菜の特徴を生かしたもので
皆さん満足された様だった。

この後の卓話はここから繋がる

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2022年12月03日

昭島市立光華小学校の5年生が栽培する江戸東京野菜のカブの調理に向けレシピを考えた。


昭島市立光華小学校(眞砂野裕校長)では、5年生が
江戸東京野菜の金町コカブと品川カブの栽培を行なっている。

昭島市の松屋有紀子栄養教諭は、栽培から調理まで授業の計画を
立てていいたが、松屋教諭が休暇に入ったことから、先週、松屋教諭に
代わって、昭島市立福島中学と昭和中学の、西本幸子栄養士が、
5年生の総合の時間に栄養士の立場から、カブの栄養価や、
カブの切り方などを指導された。





1-1-.JPG

上の画像をタップする
カブの栄養価について、
根(胚軸)には、ビタミンC、カリウム、植物繊維、消化酵素を含み、
葉には、β―カロチン、カリウム、ビタミンC、カルシュウム、
植物繊維、色の薄い野菜は消化を良くし、
色の濃い野菜はベータカロチン

一日の野菜摂取、成人で350g以上、5年生だと290g以上必要。

カブの切り方には、
くし形切り、うす切り、いちょう切り、拍子切りがあることを説明。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川カブ、滝野川カブ

2022年12月02日

江東区立香取小学校の3年生が、亀戸大根の収穫を行った。


江東区立香取小学校の3年生が取り組んだ、亀戸大根の収穫が
先週の金曜日に行われたと堂前大貴先生から写真添付の
メールをいただいた。

11日に第一亀戸小学校に行ったので、
帰りに香取小学校に寄ってみたことは、紹介した。

その後、水をやって元気を取り戻したことから、
25日(金)に収穫を行ったという。



1-1.JPG

3年生が屋上に集合して、自分のペットボトルから、亀戸大根を
収穫するにあたり、土がこぼれてもいいように、
菜園にペットボトルの土をこぼして、
亀戸大根を収穫したという。

上の画像をタップする
堂前教諭のメールには、
「大きさや形に差はあれど、全ての児童が大根を
収穫することが出来ました。」とあった。

確かに、30aの亀戸ダイコンが収穫された。
収穫されたダイコンは、生徒が自宅に持ち帰ったようだ。

更にメールには
「奉納のため、また冬に種を植えて同様に作ってみようと
思います」とあったが、

例年、福分けまつり用には、環境委員会がプランターで
栽培していたが、プランターではそこが浅いから
こんな立派な大根は出来なかった。
ペットボトル栽培は、環境委員会から評価されたようだ。

これから寒さに向かうことから、
そろそろ蒔かないと間に合わない。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年12月01日

東京家政大学の尾崎教授から依頼されて、栄養学科の学生さんに江戸東京野菜の現状を伝えてきた。


先月の末に、東京家政大学の尾崎司教授から、メ―ルを頂いた。

何でも昨年秋より、11月にオープン予定の無印良品板橋南町22と
コラボして、同校の学生たちと企画をおこなっているそうで、

その1つに、江戸東京野菜を使った親子クッキングを栄養学科の
学生達が出来ないかという企画を考えていたが、

無印良品が、江戸東京野菜を使っていることを知り、知り合いの
菊地香織店長に相談して、メールを頂いたとのこと。

メールでは、早い機会に江戸東京野菜の話を聞きたいと云うので、
午前中は、東京女子学院で内藤カボチャの調理実習が入っているが、
午後ならと伺ったもの。




1-1.JPG

企画メンバーは栄養学科の5人だそうだが、
尾崎教授と3人の学生が参加された。

上の画像をタップする。
興味を持ってくれた学生に、江戸東京野菜の魅力を伝えるべく、
学芸大でお話ししたSDGs以外に、江戸東京野菜の物語を加えて
1時間半のパワーポイントを作って行った。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2022年11月30日

キヤノングローバル戦略研究所の杉山大志先生が「ウド」の記事を公開したと連絡を頂いた。


先日、キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)の杉山大志先生と
堅田元喜先生に誘われて成蹊気象観測所に伺ったが、折角の機会なので、
観測所に近い練馬区立野町の井口良男さんのお宅に案内した。

井口さんは23区内では1軒になってしまった東京ウドを
栽培をする農家。





1-1-.JPG

上の画像をタップする
杉山先生の「ウドの記事」が公開になった



posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介