2022年01月25日

日本食べるタイムスの特集「デントウヤサイ大学」で、江戸東京野菜が掲載された。


日本食べるタイムスの特集「デントウヤサイ大学」に、
江戸東京野菜を選んで頂いた。

江戸東京野菜の生産者、地域の料理人、食育で伝える、
生産から広報まで・・・、地産地消の観点から考える料理人、と、
持続可能な取り組みに、江戸東京野菜への熱い思いが語られ、
紹介されていた。





1-1.JPG

上の画像をタップする
この特集を読んでいただいた方々が
地元の伝統野菜の復活・普及に取り組むきっかけになれは、
この上ない特集企画だ。
河村さんありがとうございました。

河村さんには、Zoomで取材を受けたが、
話しきれないところは、当ブログに補足を掲載した。




デントウヤサイ大学1限目
大堀耕平さんの、
甘い野菜=美味しいの価値観に異議

デントウヤサイ大学2限目
小林由美さんの、
東京の伝統野菜・江戸東京野菜を使う魅力

デントウヤサイ大学3限目
松嶋あおいさんの、
東京の伝統野菜・江戸東京野菜を食育で伝える喜び

デントウヤサイ大学4限目
福島秀史さんの、
生産から広報まで江戸東京野菜のなんでも屋の熱い気持ち

デントウヤサイ大学5限目
佐藤勝彦さんの、
地産地消の観点から考える江戸東京野菜の魅力
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2022年01月24日

江戸時代から続く三鷹市大沢のワサビを取材しようと、かつて栽培していた箕輪さんのお宅に伺った。


朝日新聞夕刊トップに三鷹大沢のワサビが、掲載されたことで、昨年7月に、大沢の里・古民家に行ってみたことは、ブログに掲載した。

40年前に見に来たときは、カラー栽培に切り替えていたが、まだあったのかと、改めて、ワサビ田を覗いた。
奥多摩のワサビ田をイメージしていたが、夏草がうっそうとしていて、ワサビは見えなかった。
その後、大沢の資料を調べていたら、昨年3月の東京新聞の記事に、箕輪清さんが、沢山のワサビの葉と共に写っていた。

改めて夏草の枯れたこの時期に、ワサビ田の様子が見たくて、JA東京むさし三鷹支店の営農担当に電話をして、箕輪さんにお会いできないかと依頼したが、

古民家やワサビ田は、三鷹市の管理下にあるからと、三鷹市の下原裕司学芸員にお願いして箕輪さんに連絡を取って頂いた。




1-1.JPG

箕輪さんは、古民家(旧家)の北側にお住まいで、お宅に伺いお話を聞いた。
箕輪さんは、お勤めをしていたことから、奥様が、先代の一二三(かずさだ)翁を支えたようで、ワサビやカラー栽培については、奥様が詳しいとのことだった。

上の画像をタップする
話の経過の中で、ワサビ田の写真を撮らせていただきたいとお願いすると、箕輪さんは電話で下原学芸員に了解をとって頂いて、ワサビ田に入れていただいた

ワサビ田を流れる湧水が池に落ちる手前に弁天様が祀られていた。






2-1.JPG

崖の上に住宅や、東八道路ができてから湧水量は減少している。

昨年見に来た時には夏草が繁茂していて、ワサビは見えなかったが、こんなにワサビが生えているとは思わなかった。
古民家を管理する、三鷹市のスタッフが、ワサビ田の各所に設置した温度計をチェックしていた。
通常の水温は17℃程度だが、この日は寒く15.5℃だった。

上の画像をタップする
ワサビ田には畝らしきものはなかった。





3-1.JPG

昨年よしずが掛けてあったのが、取り除かれていたが、何を守っていたのか・・・・

上の画像をタップする
一本のワサビから脇芽が沢山出て、葉が茂っていた。

箕輪さんの話では、大沢ではワサビの花は咲かせないように、抽苔した芽を摘んでいたという。
一二三翁の時代に、奥多摩ワサビの方が大きくなるからと、数株を持ってきてくれた人がいたが、香りや辛味は、大沢のワサビの方が上で、奥多摩ワサビは大沢の土地と湧水にあっていないということで、抜き取ってしまったという。

古民家の一角に数軒の箕輪一族が住んでいる。箕輪清さん一家、同じようにワサビ栽培をしていた箕輪宗一郎さん(97)、崖側では、ワサビ栽培はしていなかったが、昔からワサビ漬けを販売していた箕輪さんもお住まいだ。

2022年01月23日

江戸東京野菜の流通担当している果菜里屋を、カラフル野菜の小山農園に案内した。


立川市西砂で、カラフル野菜のネーミングで、レストラン向け
野菜を中心に栽培している、小山農園の小山三佐男さんと、
オテル・ドウ・ミクニに伺ったことは紹介したが、

東京の生産者の中でも、レストランのシェフなどの意見を
取り入れながら、カラフル野菜を栽培している生産者を
紹介するからと、江戸東京野菜を中心に流通を担っている
果菜里屋の高橋社長に伝えていたことから、
仕事の合間を見て訪ねてこられた。

中央道の八王子インターで降り、拝島橋を渡れは昭島・立川だから
比較的早く来られた。
特にレストラン等を担当する後継者航さんの3人でこられた。






1-1.JPG

カラフルな葉物野菜は終わっていたが、この所の寒さで、
残っていた根菜類の葉は傷んでいた。
小山さんの説明で、橋さんは、カラフル野菜が生産されている
様子は分ったようだった。

上の画像をタップる
10月に来た時の様子は当ブログで紹介しているが、
現在は根菜のビーツ、ロメインレタス、紫白菜、等が残っていた。

小山さんは、江戸東京野菜の寺島ナスも栽培したが、
内藤カボチャにも興味を持っているようで、
今年は種の手当てを、しようと思っている。






2-1-1.JPG


自宅から離れた、調整区域の農地に案内してくれた。
個々の畑も、収穫し終わった葉物野菜は綺麗に片付けられていて
根菜の、白、黄色、紫のカラー人参を抜いてくれた。

上の画像をタップする
ビーツも各種栽培しているが、通常出荷する大きさだと、
ビーツ特有の土臭い味わいになるが、写真のような二回り小さい
ビーツは、土臭い味わいは無いことから、
この大きさを好む料理人もいる。


今回は、作物を見るというよりは、小山さんを紹介することであり、
小山さんの栽培に対する思いが分かったろうし、小山さんには
果菜里屋を紹介することが主だったから、良い機会だと思った。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2022年01月22日

“堺 鷹の爪「なにわの伝統野菜」認証記念フレーム切手” として日本郵便(株)が販売している。


「なにわの伝統野菜」の復活普及に尽力されている
難波りんごさんから、封書が届いた。

封を開けて驚いた。中に切手のシートが入っていた。
昨年7月に「堺 鷹の爪」として「なにわの伝統野菜」に
認証されたことは、当ブログでも紹介している。

認証を記念して年末に、
認証記念フレーム切手を日本郵便(株)近畿支社が発行した。



1-1.JPG

改めて、封筒を見ると、一番上に貼ってあった。

上の画像をタップする
赤いシートは、郵便局の窓口や、Webで販売されているもので、
伝統野菜が、記念切手になることは、全国的にも珍しいという。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2022年01月21日

伝統ある早稲田大学周辺商店連合会では、平成から令和に時代が変わったのを機に、W商連の歴史を次代に伝えようと記念誌を作成中だという。


早稲田大学周辺商店連合会(W商連)の
北上昌夫会長からメールを頂いた。

北上会長は、早稲田西門通り商店会の三品食堂オーナーで、
最近では2019年5月に、NHK新日本紀行「東京の野菜」で、
早稲田ミョウガ発見の経過を取材した時に、三品食堂で北上会長に
お会いしたことを紹介している。

北上会長とのそもそものご縁は、2012年1月に、震災に伴う
東北復興支援として、気仙沼のもどり鰹を、W商連が購入して
経済的支援をし、その付け合わせに、早稲田ミョウガを使う
という企画を計画してくれてからだ。





2-1.JPG

W商連では、平成から令和に時代が変わったのを機に、
W商連の歴史を残しておこうと、記念誌の編集をすすめていて、
早稲田地域の皆さんにW商連の活動を知って頂き、
今後の地域の発展に繋げたいという。

当ブログでは、2012年9月30日から10月21日まで実施された、
第1回早稲田かつお祭り」を紹介している。

10月のファイナルイベントには、菅原茂気仙沼市長、
中山弘子新宿区長、鎌田薫早稲田大学総長が出席された。

3年目の2014年8月には、三品食堂で早稲田ミョウガドレッシング
商品開発を行っている。

これらが、記念誌に掲載されるようだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2022年01月20日

トンガの農作物被害が心配と、TBS-TV「ひるおび」で、情報を寄せる吉原さん。


15日13時10分頃(日本時間)、トンガの首都ヌクアロファの
北約65qに位置する海底火山フンガトンガ・フンガハアパイで
大規模な噴火が発生した。

日本では、北海道から沖縄諸島までの太平洋沿岸に
津波警報が出たが、トンガのニュースは、噴火に伴い
海底ケーブルが切断されたことから、連絡はほぼ途絶えている。





1-1チャ.JPG

このような中で、19日の「TBS−TV ひるおび」で、
友人の吉原久雄さんが提供した情報が紹介された。

上の画面をタップするとYouTubeで
4:19:08辺りからご覧ください。


番組では、これから心配になるのは、火山灰の影響で・・・

トンガは、農林水産業で成り立っている国で・・・

農業の専門家として2010年から2年間トンガに住んでいた
吉原久雄さんは、カボチャなどの農業は、主要産業の一つなので
火山灰が畑に積もると影響が心配される。

一般の家庭では自家用に野菜を畑で栽培していることも多いと・・・

今後、火山灰による酸性雨が降れば
農作物への影響は更に大きいと語っている

農地の写真も提供していたようだが、時間の関係か
番組では映さなかった。
2010年にトンガの農業について当ブログで紹介している。

そして、第2弾の、主要産業のカボチャ栽培はここから


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2022年01月19日

すみだシティープロモーション番組のプロデューサーとお会いして、番組の情報を教えてもらった。


(株)デジタル スタジオ ジャパンの植田貴司プロデューサーから、
電話があった。
同社では墨田区から依頼を受けて、墨田区の情報をYoutubeで
流しているとのことだった。

私の方でも、メデイアの取り組みを知りたいので、会いたいと
お伝えしていたが、17日に出先の光が丘に来てもらった。

私と墨田とは、1997年に白鬚神社に、寺島ナスの農業説明板を
建立させていただいてから、今井宮司さんとのご縁が出来た。





1-1.JPG

2010年に墨田区立第一寺島小学校の創立130周年記念事業として、
寺島ナスの復活栽培を行った。

上の画像をタップする
2011年には、墨田区から依頼されて「すみだ食育good ネット」
で話をさせていただいたが、

植田さんは、2021年に押上よしかつの佐藤勝彦さん
You tube で紹介していて、

「持続可能な社会・都市生活を支えていくために、東京都産の
食材を積極的に選んで頂きたい」と語っている。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2022年01月18日

2022年度は新宿区立「高田馬場シニア活動館」の屋上菜園で江戸東京野菜を栽培したいという。

昨年の11月に、NPO法人ワーカーズコープの古平篤さんからメールを頂いた。
古平さんは、新宿区立「高田馬場シニア活動館」運営の指定管理者、NPO法人のメンバーで、 同活動館の屋上にある菜園で、江戸東京野菜を栽培したいので、色々とお話を聞きたいという。

そこで、昭島まで来ていただいて、江戸東京野菜の話や、栽培についての講座の実施などについてのお考えを伺った。




1-1.JPG

上の画像をタップする
話によると、高田馬場シニア活動館は、新宿区のシニア(50歳以上の方)を対象にしていて、活動館の屋上に、小さな花壇(畑)がある。

大きさは、1m×3m、2m×6m、2m×10m位で深さが50cm〜70cm位の花壇だという。
このスペースを使用して、交配種の野菜も育てるが、新宿区にある施設の為、新宿区に縁のある野菜として江戸東京野菜を育てようと考えているという。

館に来られる方は60歳以上の女性が多いのが特徴だという。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2022年01月17日

オテル・ドゥ・ミクニに、意欲的な農業後継者の小山三佐男さんを誘っていってきた。


絵本塾出版のやさいの応援団の監修を担当していたが、フレンチの
三國清三シェフから、分かりやすいので、うちのシェフ達にも
読ませたいというので、昨年お持ちしているが

暮れに、最後の「たまねぎ」が刊行されたので、お持ちすることで
三國シェフの時間も取って頂いた。

ふと、地元でカラフル野菜を栽培している
小山三佐男さんを思い出した。
東京の食材にこだわる、ミクニマルノウチの黒石智裕シェフ
案内したら、小山さんはその後、黒石シェフの料理を
食べに行くなど研究熱心なので、オテル・ドウ・ミクニへ行くので
一緒に行かないかと、お誘いした。





1-1.JPG

小山さんには、「カラフル野菜を何点か持参して、
それで料理を作ってもらい、食べてこよう。」と伝えたが、
そんなことできるのですかと半信半疑のようだった。

上の画像をタツプする
三國シェフには、立川で江戸東京野菜をはじめ、レストラン向けの
カラフル野菜を栽培している意欲的な農業後継者ですと紹介した。

小山さんが持参したカラフル野菜は、紫白菜、ハーモニー人参
(紫、白、黄色)、ビーツ(赤、黄色、渦巻)、トレビス、
あやめ雪かぶで、これを使ってもらえないか頼むと、
すぐに野菜担当の若いシェフを呼んで指示をしていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2022年01月16日

「プロ仕様 竹ほうき5段締め」を購入した。「若竹を使用し、やわらかく掃きもれが少ない。」とある。


早朝7時前に自宅回りの落ち葉などを、
竹箒で掃くのが日課になっている。
この時期は、紅葉したブルーベリーの葉が落ちる。

4月には、楠木の若葉が出るころに、古い葉が落ち、藤の花が散る。
夏場のノウゼンカツラの花が落ちるし、秋の初めには梅の木が落葉。
その次が柿の木に、藤にイチョウが落葉する。
その間に、街路樹のハナミズキの花や落ち葉を北風が運んでくる。

長い間使っているから箒の先にしなやかさがなくなっていた。




1-1.JPG

上の画像をタツプする
林苑を管理している方々は、清正井の西側に管理事務所があり、
創建された100年前から、毎日7時頃から参道を掃き清めている。

小砂利が敷かれた参道の上に落ちるたくさんの落ち葉を、
掃き屋さんと呼ばれる方々が
自分たちがつくった長箒で払うように掃いていくと、
見事に落ち葉だけが一か所に集められ、

その落ち葉は再び、林苑の木々の元に戻される。
そんな様子を、立ち止まって見ていたことがあった。

そんな箒を探していたら自宅近くのカインズホームに、
2種類の竹帚を売っていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報