2021年04月30日

2021年度の江戸東京野菜講座のご案内です。

a-1.JPG
詳細は、上の画像をタップしてください。
posted by 大竹道茂 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2021年04月23日

三浦半島から見る、夕焼けの「ダイヤモンド富士」と、相模湾の奥に富士山のシルエットも美しい。


めぐろ歴史資料館の学芸員をされていた横山昭一さんには、
目黒のたけのこ物語でお世話になったが、41年間務め3月31日で
退任したと連絡をいただいていた。

退任後は、神奈川県横須賀の自宅でのんびり充電をすると
伺っていたが、
ジム通いの他、博物館、美術館巡りをしながら、
ライフワークの江戸キリシタン研究や目黒郷土研究ふすま会も
続けていくとも聞いている。

そんな中で、夕焼けのダイヤモンド富士の写真が送られてきた。
良く撮れているので、カメラは、レンズは何ミリ、絞りは!
とお聞きしたら、「スマホです」とのこと、

私でも撮れるかな!。






1-0.JPG

「富士山頂に沈む太陽」

上の画像をタップする
横山さんのメールには、
三浦半島西岸の荒崎荒井漁港からの
”ダイヤモンド富士”を見てきました。

雲って冨士山見えていない!?、と思っていたけど、考えたら
太陽が富士の向こう側に沈むときにシルエットで見えるんですネ」

動画はここから最高の夕陽をご堪能ください。
」とあった。






2-1-5.JPG

23日は和田長浜海岸、黒崎の鼻北端、等
24日は黒崎の鼻南端、三戸海岸中央 等
25日は、三戸海岸西ノ崎、エビカ浜 等
26日は、エビカ浜等、

上の表をタップする

三浦半島が面白い!!。
posted by 大竹道茂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2021年04月22日

全国農協観光協会が、7月に「夏の江戸東京野菜」〜寺島なすを訪ねる旅〜を計画している。


一般社団法人全国農協観光協会が四季折々に計画している日帰りの
農業体験はでは、昨年は12月に、「江戸東京野菜を学ぶ」を
実施
しているが、

今回は、7月に「夏の江戸東京野菜」〜寺島なすを訪ねる旅〜
が計画された。



1-1terajima.JPG

上の画像をタツプする
実施日は、7月24日(土)
実施場所は、寺島ナスが生まれた、墨田区東向島で、企画協力は寺島・玉ノ井まちづくり協議会
たもんじ交流農園で寺島ナスの収穫体験もするという。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年04月21日

八王子ショウガの温湯消毒作業を行うJA八王子の取り組みを取材した農林中金総合研究所の主任研究員。


今月の初めに、農林中金総合研究所の田口さつき主任研究員から、
メールをいただいた。

田口さんは、同じ研究所の古江晋也主任研究員と連名で「食材礼讃」を
全国共同出版から3月に刊行した。

これまでお二人は、全国の協同組合が食材に取り組む姿勢を
全国共同出版が発行する、経営実務に「新協同組合物語」として
連載してきたが、「食材礼讃」発刊後、連載を休んでいる。

二人は、昨年、江戸東京野菜の取材のため、私のもとを訪れ、
JA東京中央会、各JAの取組みに感銘を受けていた。

都内の生産者とJAの努力に感激した二人は、伝統ある八王子ショウガ
を選んだようで、JAの担当者を紹介してほしいと私に相談してきた。

そして、JA八王子のご厚意で4月19日の種ショウガの取材が
可能になったと喜んでいた。
八王子ショウガが旬となる夏頃には、連載を再開する
予定と聞いている。




1-1-8.JPG

江戸東京野菜の「八王子ショウガ」については、2015年に
JA八王子が生産者をまとめて「八王子ショウガ生産者グループ」を
結成している。

また、ショウガを生産している中西真一さんが出荷している地元の
直売所「ねぎぼうず」なども紹介した。

上の画像をタップする
田口さんはJAと連絡が取れ、19日13時から大和田支店で種ショウガの、
温湯殺菌作業をする情報を得たことから、取材をされている。






2-1.JPG

ショウガ根茎腐敗病は,最重要病害で,汚染土壌または病原菌に
汚染された種ショウガから伝染する病原菌。

上の画像をタップする
八王子ショウガは葉ショウガで出荷していることから
農薬は使わず、種ショウガを、50℃の温湯で5分
温湯殺菌した後、冷水で冷やす作業をしていたが、
今年で3年目。

JA八王子地域振興課の桑原宣行課長補佐を中心に13日から20日まで、
生産者の種ショウガを行われたが、19日は、生産量の多い、
中西忠一さんの種ショウガの温湯殺菌が行われたもの。





追録
〜22日(木)22:30〜 NHK教育テレビ

「ふるカフェ系 ハルさんの休日」
八王子市片倉

a-1.JPG

先日。NHK教育テレビの「ふるカフェ系ハルさんの休日」で、
愛媛県大洲の「シェ利太郎」を紹介したが、
次回は「東京・八王子 築100年・関東大震災を生き延びた蔵カフェ」
4月22日(木)午後10:30〜とあった。

上の画像をタップする
同カフェは、江戸東京野菜の高倉大根の栽培や
川口エンドウを栽培していた八王子市立みなみ野小学校に行くのに、
何度も通って、八王子ショウガの中西真一さんのお宅に行く時も通る
東京環状の国道16号線沿いで、気になっていたカフェだった。

丁度、大和田支店に行く都合かあったことから、先にランチでもと
12時前に寄ってみたら、金、土、日しか営業していなかった。残念!!

これでは、22日(木)の放送を見てからになってしまうが、
テレビを見たお客さんでしばらくは込み合うだろうから、 パス!。





a-1-1.JPG

上の画像をタップすると動画へ

伝統野菜の復活普及と同じように、築100年の米蔵を活用しながら、
次世代に伝えたいと云う、オーナーの話を聞いてみたいもので、
まずは番組を見てからだ。

再放送は、25日 18:30〜18:55


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種

2021年04月20日

今年も、新宿区立西新宿小学校の5年生が内藤カボチャの復活栽培に取り組むことが決まり、担任の教諭にお会いした。


新宿区立西新宿小学校(長井満敏校長)では、5年生が内藤カボチャの復活栽培を行っていたが、今年で6年目になる。

江戸東京野菜の中でも、食育授業で栽培している野菜は、内藤カボチャ、内藤トウガラシ、鳴子ウリ、馬込半白キュウリ、寺島ナスなどは、毎年5月の連休前に先生方と1年の計画について打ち合わせを行い。
連休明けに定植や播種を行っている。

これは、気候の安定するのがその頃で、連休前では冷え込む日が数日あることからで、

そんな、打ち合わせの実施日を決めるために、先日、16時過ぎに西新宿小学校を訪ね、新5年生の担任の先生方にご挨拶をしてきた。





1-1.JPG

新5年生の担任は、
学級主任で1組の早坂佳乃教諭(写真左)と2組の浅野教諭(写真さ右)、
新6年2組の担任川崎香澄教諭(写真中)

上の画像をタップする

長井校長にご挨拶をした後、5年生の担任の先生方と今後の授業について打ち合わせをしてきた。

今年の学年主任の早坂教諭は、一昨年5年生の担任だったことから、内藤カボチャの取り組みについては経験があるので、話は連休明けの日程と、栽培の指導をお願いしている、梶谷正義先生の日程だけが残った。

また、6年2組の川崎教諭からは、内藤カボチャを広めようということで、区の広報を使って、内藤カボチャの種や苗を差し上げるとしたら、苗がほしいという区民か多かったので、ポットに種をまいていた。

続きを読む

2021年04月19日

お世話になった「日本の伝統食を考える会」が、40年の歴史に幕を閉じたとお手紙を頂いた。寂しい!!。


今月の初めに送って頂いた「日本の伝統食を考える会」の
機関紙「伝統食つうしん」と共に、松山佳子世話人代表の
あいさつ文書が送られてきた。

「日本の伝統食を考える会」は
諸般の事情により2021年3月31日を持ちまして、
40年の歴史に幕を閉じることに致しました。とあった。

寂しい!!。



1-1.JPG

上の画像をタップする

同会は1981年6月に設立されたと聞いているが、
創立30周年記念の2011年に、東京と関西の共催による
学習会を開催されたときに、講師を依頼されて
東京の伝統野菜はいま」の話をさせていただいた。

翌日は、皆さんに連れて行っていただき、小田原を舞台にした
中世の伝統食料理を頂いた。

このようなご縁から、2014年には中筋恵子さんから、
伝統食だより」の原稿を依頼された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2021年04月18日

江戸東京野菜を使った蕎麦メニュー、第2回は ”立川うど冷やしそば” に決定、26日から5月7日までで開催。


新型コロナ感染対策として、飲食店の経営は厳しい状況にあるが、更科堀井の四季の会も、その後、中止のままになっている。

そんなことから、堀井良教社長の提案で「蕎麦屋さん&生産者さんを支援する会」が結成され、「新・江戸蕎麦ごちそう帳」シリーズ、
第1回として12月に、江戸東京野菜の「品川かぶ」を使った、「品川かぶそば」で実施され、好評をいただいた。

第2回の実施に当たっては、「〜支援する会」として、2月に料理研究家 林幸子先生と江戸ソバリエ協会ほしひかる会長、更科堀井の堀井良教社長と私で協議。

「新・江戸蕎麦ごちそう帳」シリーズ、産物は立川産「東京ウド」
参加店は、総本家更科堀井(麻布十番)、総本家更科堀井立川店(立川伊勢丹)、神田まつや(神田須田町)、総本家小松庵銀座店(銀座)の4店。

実施日は、4/12〜4/18の予定で、原案を作成した。
                       




1-1.JPG

先日、林先生と、ほし先生、流通の果菜里屋の高橋廣道社長と高橋芳江さんの5人で
神田須田町にある「神田まつや」の6代目小高孝之さんにお会いした。

小高さんには、全日本・食学会が主催する第2回全日本・食サミットでお会いしている。

上の画像をタップする

林先生は、小高さんにすでにレシピはお渡ししていたが、ウドの皮をミキサーにかけた液と切ったウド、天かすを持参していた。

この「立川うど冷やしそば」には、そば汁にウドの液が混ざって、ウドの香りがよく、ウドの季節の定番そばになってもおかしくない味だった。

実施日は、4月中旬から実施する予定だったが、各店の都合により
神田まつや(神田須田町)は4月26日から1日まで

総本家更科堀井(麻布十番)、総本家更科堀井立川店(立川伊勢丹)、
総本家小松庵銀座店(銀座)は、5月1日から7日まで間に提供される予定だ。

追録


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2021年04月17日

江戸東京野菜を掲載した、月刊「ラジオ深夜便」5月号が、4月16日に発売された。



1月31日にNHKラジオ深夜便、午前4時台の「明日へのことば」を
収録したことは、当ブログで紹介した。

3月になってから、月刊「ラジオ深夜便」のライターから
メールをもらった。
5月号に掲載したいといっていたが4月16日に発売された。

通卷250号の特集として8ページを使ってカラー写真12枚。




1-1.JPG

上の画像をタップする

放送ベストセレクション明日へのことば
歴史・文化を食べて学べる
江戸東京野菜


発売後、福岡に住む小学校のクラスメイト
鹿児島修子さんから読んだとメールがあった。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK-TV 、ラジオ出演

2021年04月16日

18日18時半から(再放送)◎NHK 教育テレビ「ふるカフェ系 ハルさんの休日」で、「シェ利太郎」が紹介されます。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会の前身、ミュゼダグリのリーダー土井利彦さんと宮本幹江さん が、2010年に愛媛に移り住んだ。

この数年取り組んできた古民家は、「シェ利太郎」として昨夏にカフェを開業し、今年はおやどを開業する予定で準備をしているという。

「そんな私たちの古民家カフェが、テレビで全国放送されることになりました。」と宮本さんからメールをいただいた。


1-1.JPG

上の画像をタップする。

◎NHK 教育テレビ
「ふるカフェ系 ハルさんの休日」
築82年!義士心醤油醸造、大石蔵之介の子孫の家柄とか。
大石利太郎さんが建てたもの。
伊予の建て倒れと云われ、愛媛の人は建物に贅をつくす県民性がある。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2021年04月15日

“子供たちに笑顔を!プロジェクト×セルリアンともしびプロジェクト” 〜あの日から10年 〜 に、お招きいただいた。


株式会社 東急ホテルズでは4月11日14時から、
渋谷のセルリアンタワーチャーチで、〜あの日から10年〜 として、

子供たちに笑顔を!プロジェクトとセルリアンともしびプロジェクトの
関係者を招いて、東日本大震災でお亡くなりになられた方々に、
銘々がキャンドルに火を灯して、ご冥福を祈られた。



1-1.JPG

新型コロナウィルスの感染拡大の中で、マスクの着用、体温の測定、
手指の消毒、ソーシャルデスタンスを徹底し、
招待者も20数名に限られた。

上の画像をタップする
三國清三シェフも、キャンドルに点灯された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜