2019年12月11日

鎌倉大根育成プロジェクトでは、鎌倉市関谷の山森ファームで「大根オーナーの収穫」が行われた。


鎌倉だいこん未来研究クラブでは、第5回 鎌倉大根収穫祭を開催したが、当ブログで紹介した。

鎌倉大根は品評会に出品した、野口稔さん、山口勉さん、鎌倉広町市民の会の皆さん、鈴木茂生さんの他、笹野祐子さんなどが自家菜園で栽培していて、菜園はないが収穫をしてみたいと云う、希望者も結構いることから、

同研究クラブでは、今年から「鎌倉大根育成プロジェクト」として、オーナー制による「大根オーナーの収穫」を、鎌倉市農協連即売所で野菜の販売をしている山森ファームの山森金雄さんにお願いした。

このプロジェクトは、栽培区画を購入したオーナーが収穫するという企画で、山森さんは9月15日に播種、以後栽培管理をお願いしていたが、

12月にオーナーによる収穫を行う云うもので、先日実施されたもの。




1-1.JPG

大根栽培地に敷かれたマルチの穴一つが1区画(300円)として
200区画を、9月10日20時からネット上で販売、
翌朝の5時には完売となった。

その後、山森さんと相談50区画を追加販売して、
トータル250区画、38人の皆様がオーナーとなった。

上の画像をタップする
会場には、
遠く千葉県習志野をはじめ、29人のオーナー家族が参加された。

オーナーの花村勝男名誉会長と町田隆彦会長、名和幸子さんも、
金森さんの指導で収穫していた。






2-1 (2).JPG

鎌倉市関谷の山森ファームの圃場は、高台にある。

上の画像をタップする
この企画、種を次代に伝えていくため、抜かれた大根の中から、
山森さんが7本の鎌倉大根を選んだ。

この大根には、オーナーの名前が付けられ、再度畑に埋め戻され、
来年の採種事業につなげていく。







3-1-1.JPG

収穫後に全員で・・・

上の画像をタップする
山森さんは鎌倉野菜として各種の大根を販売しているが、
赤い「紅甘味大根」をお土産に1本抜かせてもらった。

鎌倉ベーカリーの山本社長から、
焼き立てのアンパンもプレゼントされた。

鎌倉大根収穫祭に参加された横山みきおさんが
「キリッと辛い武都の風味」のキャッチフレーズをつけたそうだ。

参加された及川雅彦オーナーは
早速鎌倉大根をおろして天麩羅と蕎麦で食べました。
水分が少ないので、おろすのに大変でしたが、辛さは抜群! 
これはネズミ大根に勝るとも劣らない辛さです。大満足です。
次はシラスおろしにして食べたい。・・・
」とあった。

「シラス丼」と云えば
鎌倉在住の山田雅子さんが、美味しかったと云っていたが、

鎌倉大根が繁茂している由比ガ浜の自然を守るために
研究クラブとしても山田さんが云う、
ブルーフラッグ認証の意味を考える必要もあると思うが・・・。


追録

kama.JPG

先日、タウンニュースの磯谷記者から、掲載誌を送っていただいた
写真も記念にいただきたいとお願いして、写真も送っていただいた。

左から町田会長、原課長、大竹、花村名誉会長、広報の田中俊哉さん。
田中さんには前夜祭などの写真を提供していただいている。

上の画像をタツプすると同紙
磯谷さんありがとうございました。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2019年12月10日

荒川区立第一日暮里小学校の伊藤英夫校長に、三河島菜の授業についてお願いしてきた。


荒川区にお住いのフリーランスライターの齋藤香さんが、荒川区の伝統野菜「三河島菜」の品評会を開催したいというので、同区立尾久宮前小学校4年の授業に案内した。

三河島菜は荒川区の観光資源との立場で普及している荒川区観光推進課の担当も紹介した。

齋藤香さんは、区役所の地下レストランで日替わりランチを食べたと云う情報を送ってくれた。

その時のメールで、荒川区で三河島菜を栽培している学校を教えてほしいというので、第一日暮里小学校を紹介したが、
同校の伊藤英夫校長の前任地は尾久宮前小学校でお世話になっていた。
転勤後、ご挨拶をしていないので、齋藤さんを誘って伺った。

荒川区立第一日暮里小学校は
西日暮里駅の西側、小高い諏訪台の西側下に同校はあり、生徒数172名(令和元年7月1日現在)の小学校だ。





1-1.JPG

伊藤校長が採種したという三河島菜の種は、瓶に入っていた。
伊藤校長に齋藤さんを紹介した後、尾久宮前小学校の4年生が実施している三河島菜の栽培授業を、来年度は農の機能発揮支援アドバイザーとしてお手伝いをさせていただきたいとお願いをした。

上の画像をタップする

諏訪台通り沿いの校門には、高村光太郎のフクロウの像と「正直親切」の記念碑がある。





2-1.JPG

青茎三河島菜の栽培の様子を見せていただいた。
「暖かくなると、虫が出てくる」と、虫食いの葉をチェックしていた、

上の画像をタツプする
校舎の周りの空いたスペースに三河島菜の種が蒔かれていた。
昼まで校舎の日陰になる場所でも、試験栽培をしていた。







3-1.JPG

椎茸がとれたと、見せていただいた。
低学年の生徒が、校長室の椎茸を見に来ていた。

上の画像をタップする
椎茸の榾木が校庭脇の陽が当たらない所に並んでいた。

同校では、
1年生、二十日大根の収穫、とトウモロコシの皮むき
2年生、芋ほり

3年生、なす、きゅうり、トマト、インゲン豆、大豆、豆腐
4年生 三河島菜の栽培

5年生、バケツ苗と、福井県お米、「いちほまれ」栽培と味噌づくり
6年生、 味噌づくり

生徒たちが食への知識・意欲が高まるような食育授業が行われている。






4-1.JPG

カブトムシ園と書かれた小屋があった。
アヒルの小屋だったが、アヒルが死んでから、

上の画像をタツプする
カブトムシを飼っているという。
元気な幼虫が動き回っていた。







5-1.JPG

校庭の一角に梅の木があり、実った梅で梅干しを作ったという。

齋藤さんは、自分でも作っているとかで、天日干しなど、
手間がかかるので、手伝わせてくださいと伊藤校長に頼んでいた。

上の画像をタップする
3年生が栽培した大豆で味噌も作ったという。
いい香り、齋藤さんも作っているらしく、
伊藤校長にいろいろと聞いていた。


追伸
同校の生徒たちは読書の習慣が身についていて、
年間一人平均180冊以上の本を借りて読んでいて、
一冊ごとに読書感想文を書いていると伺った。


mznz.JPG

ネットを見ていたら芦田愛菜さん(現在中3)は同校の卒業生とあった。
「まなの本棚」の基礎は同校で身につけたようだ。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2019年12月09日

大嘗祭の庭積机代物として供納した井之口喜實夫さんにお願い事があって伺った。


大嘗祭の庭積机代物として、東京都農林水産感謝実行委員会(須藤正敏会長)では、東京区内からキャベツ、北多摩地区が東京ウド、南多摩地区が東光寺大根、西多摩がシイタケ、島しょからは天草を選定して、供納されたことは紹介した。

東京区内地区を代表してキャベツを供納した井之口喜實夫さんのお宅に、先日伺った。





1-1.JPG

井之口さんにお会いして供納までのご苦労を伺ったが、

供納には、昔市場に出荷するときに使った竹籠を使おうと
キャベツ3個入り用の竹籠をあつらえたという。

上の画像をタツプする
その籠が置いてあったので、お話を伺ったが、
今、竹籠を工芸品として作る人はいても、出荷用に作るところが無い。

籠一つがキャベツ何十個分もする価格だとかで、
宮内庁以外、明治神宮、大國魂神社、地元神社と幾つも作ったという。

天皇皇后両陛下は、11月22日に伊勢神宮で「親謁の儀」に臨まれた。

井之口さんは東京都農林水産感謝実行委員会として
12月2日、3日に伊勢神宮にも奉納してきたという。

長い間、ご苦労様でした。






2-1.JPG

後継者の勇喜夫さんに畑を見せてもらった。
秋冬産のキャベツ(YR藍宝)を収穫されていた。

上の画像をタツプする
今年の東京都農業祭の品評会で、都知事賞を受賞している。






3-1.JPG

今回、伺ったのは、江戸東京野菜を取り上げたいという話が、
テレビの番組制作会社から電話があったからで、
幾つもの江戸東京野菜を栽培している農家を
紹介してほしいというので伺った。

上の画像をタップする
早稲田ミョウガの圃場は、すっかり枯れて、
この後、霜が降りるとミョウガは休眠に入る。





4-1.JPG

江戸東京野菜のミツバは露地栽培で行っていた。

上の画像をタップする
切りミツバで食べることから、この後、葉が枯れた後、
新芽が出始めたところで土寄せをして軟白の白い茎を作り上げる。

露地栽培だから4月頃に収穫するが、この匂いがたまらない。





5-1.JPG

浅草葱膳の江戸千住は、江戸東京野菜の千住ネギ。
土寄せを行った後、軟白の茎は伸び始めている。

上の画像をタップする






6-1.JPG

小松菜のハウスは二つ。

上の画像をタップする
小松菜のハウスには
伝統小松菜の後関晩成と、F1種が栽培されていた。






7-1.JPG

住宅街の中にある畑では、練馬大根が栽培されていて、
収穫した大根は形がいい。

上の画像をタップする。
栽培していた野菜をいただいた。
井之口さんありがとうございました。

追伸
テレビの番組制作会社から電話が来た話だが、
前に「食彩の王国」を担当された方から電話番号を聞いたという。

企画書を説明したいというので、事前に調べておこうと、伺ったもの。

収録は、12月末から1月初め頃だというので伝統小松菜、千住ネギ、
特に練馬大根の一部は1月まで畑に残しておいて欲しいとお願いした。

井之口さんは「大竹さんに頼まれちゃ・・・」と言っていただけた。

テレビ制作会社には、近々畑を案内しますと伝えた。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2019年12月08日

生き物文化誌学会の学会誌「ビオストーリー」の32号「特集日本の野菜」が届いた


誠文堂新光社の「ビオストーリー」32号で「日本の野菜」の特集をするからと依頼されたが、この特集、1部 野菜へのまなざし、2部 伝統野菜の現在、3部 現代社会と野菜、に分かれていて、3部の野菜と地域振興の項で、東京の事例を、依頼された。

これから伝統野菜の復活に取り組む場合の、一つの手法として参考になればと書き記した。



1-1-1.JPG

上の画像をタップする

江戸東京野菜と地域振興
目次

都市住民対策として1,981年、江戸の農業を学ぶ
「江戸東京ゆかりの野菜と花」の発行で復活のベースができる
東京の伝統野菜を「江戸東京野菜」と呼ぶ。

都内に50本の農業説明板の設置
亀戸大根から始まった地域興し
地域商店街の活性化に品川カブを

夏野菜のエースに寺島ナスを復活し普及
都心で生きながらえて早稲田ミョウガ
美濃の真桑ウリを江戸て

命をつなぐ砂村一本ネギの授業が千住ネギでモ始まった。
料理人のリーダ−が注目した、江戸東京野菜づくり
ブログ「江戸東京野菜通信」でネットワークづくり
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2019年12月07日

第13回 練馬大根ひっこ抜き競技大会が、「世界都市農業サミットin練馬」のイベントとして開催された。


練馬大根ひっこ抜き競技大会は13回を迎え、練馬区内を大泉地区、石神井地区、練馬地区の順で会場が決定されるが、今年は練馬地区で、地域のリーダーでもある、吉田茂雄さんの圃場で開催された。

今年は、天候異変や、台風の被害など、厳しい自然環境で、大根の生育を心配してきたが、1か月前に当ブログで畑の様子はお伝えしている。

特に今年は、練馬区が世界農業サミットを計画されていて、その企画にも加えられて、各国の代表も練馬大根の収穫体験をした。

世界農業サミットについては、中瀬勝義先生が「お江戸舟遊び瓦版712号」で紹介している。




1-1-3-1.JPG

大会には、江戸東京野菜コンシェルジュの、右から、齊藤朝子さん、福島珠美さん、左端が渡邉和嘉さんで撮影は、佐々木昭理事。

吉田さんは、2016年には東京都を代表して宮中に精粟を献穀している。

2017年には練馬大根の播種に伺ったこともある。
今回も、主催者の練馬区とJA東京あおばの要請に快く引き受けている。

上の画像をタップする

大会会長の前田燿男練馬区長、JA東京あおばの洒井利博代表理事組合長などのあいさつの後、吉田さんが生産者として、練馬大根の抜き方などについて説明をした。






2-1.JPG

世界都市農業サミットで来日した外国の皆さんも、
競技前に収穫体験で引抜いたが、折ってしまったひとも。

上の画像をタップする
参加都市は、トロント、ロンドン、ニューヨーク、ソウル、ジャカルタ
で、各国3名が来日した。






3-1.JPG

競技大会には、
江戸東京野菜コンシェルジュの大野憲司さんが今年も挑戦した。

上の画像をタップする
大野さんは、過去準優勝の経験があることから、
毎年優勝を目指して頑張っていて、応援する我々も手に汗握る場面だ。

今年は、予選を14本の最多で1位、決勝に進出を果たした。






4-1.JPG

会場では、JA東京あおば練馬地区女性部の皆さんが、
地元農家に伝わる「すずしろ汁」を、来場者に提供した。

上の画像タップする






5-1.JPG

大根ひっこ抜き競技大会の本来の趣旨は、練馬の子どもたちに練馬大根を食べさせたいことから、保護者や練馬区民の皆さんに抜くことを手伝ってもらうことから始まったもの。

従って、抜いた大根はトラックに積んでJAの駐車場に作られた洗い場で洗われ、月曜日の学校給食に使うように学校別に配送される。

上の画像をタップする。

最近は、抜きやすいように7-80センチの練馬大根から種を採っているから、長い物は少なくなっているが1メートルの大根も抜かれた。




6-1.JPG

大野さんは、決勝でも順調に引抜いていて、
優勝かと思われたがたが、
途中、折ってしまって、2本折ると失格のルールから、
残念!!。

上の画像をタップする

選手権の部(敬称略)
男性
1位:柴村純一 記録 11本、2位:石塚和隆 記録 6本
3位:日當利守 記録 5本

女性
1位:小原美央 記録 9本、2位:吉野久子 記録 5本
3位:小山百合香 記録 4本

グループ参加の部(敬称略)
1位:遠藤啓世 記録97p、2位:岡部泰三 記録96.5p
3位:髙橋香  記録96p

posted by 大竹道茂 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2019年12月06日

第5回鎌倉大根収穫祭の前夜祭として、地元佐助保育園の園庭で園児との舞がおこなれた。


これまで第5回鎌倉大根収穫祭の「鎌倉大根を知ろう」と午後からの「鎌倉大根を味わう」を紹介してきたが、鎌倉だいこん未来研究クラブでは、それに先立ち29日に前夜祭として、佐助保育園において園児との交流の企画を実施した。

今年の4月、佐助の福来鳥の南側に佐助保育園が設立された。

未来研究クラブの佐藤えださん(福来鳥の女将)は、お隣同士となったことから園児の若い保護者達にも、鎌倉大根を認識していただくきっかけになればと、同園の山下隆理事長に収穫祭への協力要請をしていたが、ご理解をいただいたもの。




0-1.JPG

バックが大根料理の「福来鳥」
上の画像をタップすると福来鳥のベランダから佐助保育園の園庭

当日は、花村勝男名誉会長が14時から園庭での企画をまとめ、
坂東流志賀次派の坂東遥家元が奉納の舞を、

シンガー・ダンサーの清水友美さんは狐の舞を踊った。
また、造形家の大岩あやさんはランプアートを子どもたちに見せた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2019年12月05日

第5回 鎌倉大根収穫祭の午後の部は「鎌倉大根を味わう」をテーマに開催された。


第5回鎌倉大根収穫祭の午後の部は会場を別室に移して開催された。

午前中の「鎌倉大根を知ろう」に対して午後からは「鎌倉大根を味わう」ということで、町田隆彦会長の挨拶ではじまり、進行した。

これまで、4回の鎌倉大根収穫祭を開催してきたが、町田会長の下で、これまでにない担当別リーダーが決まり、LINEによるネットワークを生かして収穫祭に漕ぎつけた。




1-1.JPG

上の画像をタップする

まず、各テーブルに用意された鎌倉大根をテーブル毎に、おろすということで、私の班は神奈川県農業技術センターの北浦健生部長がおろしでくれた。

北浦部長には、昔宇都宮大学で開かれた「だいこんサミット2013」で、お会いしていて、今年も行かれたという。

鎌倉大根は、青首大根のように水分が多くてビチャビチャにはならず、バサッとしたおろし。

この会場ではお酒は禁止となっているので、麦茶に鎌倉大根のおろしを入れて、麦茶で乾杯をするという。

花村勝男名誉会長の乾杯の発声となった。ピリッとした、刺激が美味しい麦茶だ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2019年12月04日

鎌倉だいこん未来研究クラブによる、第5回 鎌倉大根収穫祭が11月30日、10時から、鎌倉市福祉センターで開催された。


今年で、第5回を迎える鎌倉大根収穫祭は、「鎌倉だいこん未来研究クラブ」が主催して開催したが、鎌倉大根花祭りの反省会において、新会長に町田隆彦さんが決定された。

新体制下では、町田会長がこれまでのキャリァを生かして、LINEを使ったクラブメンバー間の情報連絡が、日々行われることになった。

これにより相互の連絡が密になったことから、鎌倉以外にお住いの方々も、収穫祭への参加意識が高まり、これまでにない結束力となった。






1-1-2.JPG

開会は15分遅れで始まった。
当日は、第1回以来、報道してくれているJ-COMも来てくれた。

上の画像をタップする
武藤佐和子さん(福来鳥)の司会進行で始まつた。
開会にあたり、花村勝男名誉会長があいさつ。

会場では、
品評会が開催されることから、鎌倉大根を栽培している
野口稔さん、山口勉さん、山森金雄さん、鎌倉広町市民の会、
畑の会、鈴木茂生さんらが出品してくれた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2019年12月03日

レストランゆりのきの伊藤秀雄総料理長が新宿区立西新宿小学校の5年生に、内藤カボチャの調理指導を行った。


新宿区立西新宿小学校(清水仁校長)の5年生が取り組む、
内藤カボチャの栽培は、
梶谷正義先生の指導で収穫にまでこぎつけたが、
今年は、天候が不順で栽培には苦労していた。

これまで、江戸東京野菜の栽培において、こんな年はなかった。
長雨、日照不足で、受粉が遅れたことから、
今年は実らないのではと、先生方ばかりか生徒たちも心配していた。

生徒の中には、伝統野菜に興味を持ったのか、
錦糸町「テルミナ」や行われた、江戸東京野菜の販売、
小学生がおすすめ! 旬の伝統野菜マルシェ」に応募し、
販売体験も経験し、楽しかったようだ。

その時に生徒から、
自分たちで蒸かして食べたが、思っていた味とは、
違っていたらしく、
内藤カボチャを美味しく食べる方法を、
プロの料理人に教えてもらいたいとの手紙をいただいた。

昨年は、小池都知事にお会いしているが、清水校長に相談すると、
学校としても生徒たちか前向きな意欲があるから、
実現したいというので、新宿御苑の伊藤秀雄シェフに
お願いの電話
を入れて、内諾をいただいた。






1-1.JPG

内藤カボチャは、
内藤清成が徳川家康から拝領した屋敷地で栽培されたことから
その名がある。

上の画像をタツプする
伊藤シェフとは、10年来お世話になっているので、
授業にあたり、私から、今回新宿御苑の
伊藤シェフについて紹介した。


ひとクラス2時間で、早坂佳乃学級と原弥生学級とで実施した。
当日は梶谷先生も調理を参観していただいた。



続きを読む

2019年12月02日

東京すし和食調理専門学校寿司コースの一年生に江戸東京野菜の歴史や文化を教える。


今年の9月に、東京すし和食調理専門学校の講師の方々に江戸東京野菜のお話をさせていただいたことは、当ブログで紹介した。

その後、ご担当の菊池和久講師から、江戸東京野菜について調理時間を含めて3時間半の時間をいただいた。

食材については、亀戸ダイコン、青茎三河島菜、金町こかぶを使いたいというので、仕入れ先を紹介したが、当日の、パワーポイントも、これらを重点に作っていった。





1-1.JPG

9時半からだったが、同校のパソコンとの相性で、
パワーポイントが動くかのチェックで、一時間前に伺ったが、
問題なかった。

控室で、当日の寿司コースの志田由彦講師と水野陽講師以外に
太田浩之講師と原田義一講師(株式会社エイト)にお会いし
名刺交換をさせていただいた。

上の画像をタップする
9月に伺った時には、江戸東京野菜を使っている料理店も紹介したが、
その中で押上「よしかつ」の
佐藤勝彦さん(江戸東京野菜コンシェルジュ協会講師)が、
お店で出した料理を紹介しているが、

押上「よしかつ」の店主佐藤義彦さんを紹介した中で、
佐藤さんの著書「江戸東京野菜COOKING BOOK」も
紹介していいた。
この本は同店でお客様に出した料理メニューが掲載してあるもの。

同校ではその中からお料理を選んだ。
江戸東京野菜の亀戸ダイコン、青茎三河島菜は納品されたが、
金町こかぶはまだ小さかったようで、金町こかぶ系のF1が納品された。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動