2023年02月06日

気になっていた神田のアート七福を巡ってみた。


中川船番所に行くんで、九段下駅で乗り換えを間違えて、
地上に出たら、そこで山下恒雄作の
寿老人に似た「寿人遊星」に出会った。

今年も、七福神めぐりとして、隅田川の辺りを歩いてきたことは、
報告しているが、

「寿人遊星」との出会いが、気になっていて、一度巡ってみようと
思って居たが、先日その機会が出来たので出かけてきた。





1-1.JPG

お茶の水液を下車して、聖橋を渡って神田明神に向かった。

上の画像をタップする
神田明神には、12月17日、18日と来ているが、神田明神は大黒様が
祀られているが、大黒様の賽銭箱に、「小彦名命(えびす様)は、
文化交流館の左側かどにお祀りされています。」案内があった。





2-1 (2).JPG

二の宮・小彦名命「えびす様」宮田亮平作
宮田は、「寿人遊星」の山下恒雄(東京藝大工芸科名誉教授)の
指導を受けた。
神田神社としても「小彦名命(えびす様)」説明が掲示してあった。
「一の宮・大己貴命」の大黒様と力をあわせて、
日本の國をお造りになったとある。






3-1.JPG

神田明神から、秋葉原に向かって行き、都道437号を台東区との境の手前、外神田のオガタビルの壁面に、

上の画像をタップする
山下恒雄の「妙音」琵琶を引く弁財天の額が掲げられてあった。
特に説明はない。

この後、大黒天に向かったが、それは後日報告する。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2023年02月05日

亀戸の水神小まで行ったので、浅間堅川小学校でお話を聞いてきた。


江東区立の亀戸地区にある小学校には、先日水神小学校に伺ったことで
4校となったが、JR亀戸駅よりJR平井駅に近い、浅間堅川小学校も
亀戸地区の西にある小学校になる。

浅間堅川小学校は2000年4月に、浅間小学校と堅川小学校とが
統合して開校している。

亀戸のまち興しに、亀の会が亀戸大根を使おうと、
1999年11月の新聞や資料には、11月24日に地元の小学校7校で、
亀戸大根の種まきを行うとあり、第一亀戸小、第二亀戸小、水神小、
亀島小、香取小、浅間小、竪川小、の実施校が掲載されている。






0-1.JPG

結果的に、浅間堅川小学校から、香取神社で行われた3月の
福分けまつりには、奉納はなかったし、その後も浅間堅川小の
参加記録が無いことから、亀戸大根の栽培は
されていなかったと思われる。

1月30日に、水神小学校の帰りに、浅間堅川小学校に電話をして、
井口副校長に亀戸大根を栽培したと伺ったので、お話を聞かせて
頂きたいと、時間を取って頂いた。



1-1-seng.JPG

昨年の9月に、浅間竪川小で地域学校協働本部事業の
コーディネーターをされている方から、メールをいただいた。

同校では亀戸地区にありながら、これまで「亀戸大根」の
栽培をしてこなかったので、
地域学校協働本部事業として栽培するという。

香取小で栽培している様子を見てきて、ペットボトルを用意して
10月12日に播種すると伺っていたからだ。

上の画像をタップする。
井口副校長に伺うと、飼育栽培委員会の活動として今年は
試作の段階で、先日収穫したと写真を頂いた。

3か月経った頃と思うが、良く出来ていた。






3-1.JPG

上の画像をタップする
帰りに、亀戸水神駅から東武亀戸線に乗って
亀戸駅まで来たが、亀戸大根の様子を確認した。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2023年02月04日

農林中金総合研究所のWEBで食材レポートの連載を開始したと、田口主任研究員からメールを頂いた。


先日、農林中金総合研究所基礎研究部の 田口さつき主任研究員から、久々にメールを頂いた。

田口さんは、これまで同所の古江晋也主任研究員と、
食材レポートに取り組んできた。
当ブログでは、共著の「食材糺讃」を紹介している。

練馬大根引っこ抜き競技大会を取材して頂いた。

足立区の農業委員会が取り組んでいる、千住ネギの命をつなぐ授業
取材して頂いている。

田口さんは、二人の近況として、昨年から農林中金総合研究所のWEBで食材レポートの連載を、開始したという。


 



1-1.JPG

上の画像をタップする
「第10回は東京ウドです。
東京ウドの歴史を勉強し、生産者の皆様の努力を目にし、
とても感慨深かったです。」とメールにあった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2023年02月03日

江東区立水神小学校の3年生に質問、亀井戸、知ってる?、亀井戸大根、知ってる?


亀戸大根の栽培を行なっている江東区亀戸地区の小学校には
第二亀戸小、第一亀戸小、香取小、そして水神小学校に伺って、
亀戸の謂れや、亀戸大根について話したり、
亀戸大根栽培のアドバイスも行っている。




1-1.JPG

水神小学校(古田豊校長)には、昨年から伺っているが、今年も
出前授業として、担任の茗花佳奈子教諭から依頼をされていた。
茗花教諭は昨年も3年生の担任だったので、
こちらの様子は分っているようだった。

上の画像をタツプする
同校では、各委員会があり、飼育栽培委員会では、熱帯魚のお世話や、
ビオトープの植物の管理をしているという。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2023年02月02日

「北区史を考える会」総会後の講演として「江戸東京野菜の魅力」を、北とぴあで話してきた。


「北区史を考える会」の有馬純雄会長から依頼されて、1月29日に、
王子で講演を行うことは、案内しているが、有馬会長からは、
北区史に関わる資料を頂いている事は、紹介した。

当日は、令和5年度総会が、13時20分から
会場の「北とぴあ803号室で開催されていて、その後14時から、
月例研究会として、講演を依頼されていたもの。





1-1-8.JPG

総会が始まる前に行くつもりでいたら、王子駅まで迎えに行くと
云っていただいていたが、王子駅近くが会場と聞いていたので、
ご配慮に感謝してお断りした。

見上げるような、北とぴあ803号には13時半には着いていたが、
有馬会長が話しておられたので、お待ちしていた。

上の画像をタップする。
北区史を考えると云うので、ご年輩の大先輩の方々がいらした。
会場には池袋にあった元滝野川種苗の田中克造さんも来ていた。

頂いた時間は1時間だったが、用意してきたパワーポイントでは、
時間をオーバーしそうなので、その点を確認したら、
延びても結構だと云うので、安心して話した。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2023年02月01日

新宿線に乗り換えを間違え地上部で新たな発見があった。


江東区立中川船番所資料館での、第1回講座に行くのに東西線に乗って
九段下で新宿線に乗り換えるのに、地上部に出て新宿線に
乗り換えるのかと勘違い。

早めに自宅を出ていたので、時間的には余裕があったが、
七福神の寿老人に似た「寿人遊星」や俎板橋を渡っても
乗り口が無いので、通行人に訊ねて、間違いだとが分かった。





1-1-8.JPG

神田のアート七福めぐり  山下恒雄作

上の画像をタップする
碑文には「寿人遊星 この彫刻は、一九八六年ハレー彗星の地球接近を
記念し、人々の清福を望み、(ゆかり)の深い“寿老人”を模して
製作されたものであり、『彫刻のあるまち・千代田』として、潤いと
個性のある歴史と文化を重視した新しいまちづくりを願う久保金司氏
より、神田の魅力を記録した絵本『かんだ彷徨(うろうろ)』の浄財を
もとに本区に寄贈されたものです。
  昭和六十一年七月   千代田区
」とあり、

ハーレー彗星は、おおよそ75年の周期で接近するので、次回は
”開・銘板 二〇六一年 ハレー彗星接近の年”」ともある。

神田のアート七福めぐり」とあるから、
他にもあるなら探してみたい。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年01月31日

江東区中川船番所資料館から、特別展「江東の農業」で江戸東京野菜の話をする機会を頂いた。


江東区中川船番所資料館では、11月から特別展として
「江東の農業」を開催している。
この特別展では、「江東の農業」の歴史や特色を取り上げ、
現在の江東区につながる「江東の農業」を紹介している。

昨年の10月に同館の上村広宣次長からメールを頂いた。
11月からの企画展に関連した講演を依頼された。

江東区では、2014年5月に、船番所資料館
川の駅・旧中川そらまめ祭り」でお話ししたのが、始めてで、

その後、2015年2月、深川江戸資料館で、
同館の解説ボランティアの皆さんにお話をしている、

2015年6月に、江東区砂町文化センター主催の
「伝統の江戸東京野菜」講座

2019年には江東区総合区民センターで、「江戸東京野菜のルーツと味」についてお話をしている




1-0 (2).JPG

中川口には、東京都農住都市支援センターが令和元年度 
農業のまちづくり基礎講座として、「江戸東京野菜めぐり」の
バスツアーが始まり、毎年ここに来て、対岸にあった
船番所について説明しているが

2019年に開催した以降は、新型コロナの感染拡大から、
バスで移動することに感染の恐れがあると、中止が続いている。

上の画像をタップする
都営新宿線の東大島駅は中川の橋の上にあり、
ホームの窓から船番所資料館方面を望む。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2023年01月30日

江東区中川船番所資料館「江東区の農業」の関連講座に講談師の田辺一乃師匠が受講された。


江東区中川船番所資料館では、2022年11月9日(水)から
特別展として「江東の農業」を4月23日(日)まで開催されているが、

特別展に合わせて、関連講座として「江東の農業」について
1月、2月、3月の3階の講演を依頼されていて、1月28日に第一回の
講座が行われるので30分前に会場に着いたら、
講談師の田辺一乃師匠が見えていた。
田辺師匠は、隅田川七福神めぐりにも、行きたかった
と言っていた。





image1.jpeg

上の画像をタップする
3月には、講談師28名による「伝承の会」で、9日(木)の午前中に出演。

田辺師匠は、3年前の2020年に、江戸東京野菜講談の持ちネタは
1、品川蕪汁、2、寺島茄子の由来、3、府中御用瓜・鳴子瓜
4、二郎三郎種屋街道(滝野川人参・牛蒡)、5、千住一本葱幽霊
6、家斉公と三河島菜っ葉の河童、7、鷹公方と小松菜
8、綱吉様と練馬大根、9、新宿内藤唐辛子、10、おいねのつる芋
11、竹翁筍大作戦、12、ジョン万次郎と亀戸大根等・・・



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年01月29日

「北区史を考える会」の有馬会長から「種子とパラダイム〜帝殖種苗殖産と大日本帝國」の論文を頂いた。


北区の瀧野川八幡神社から、創建820年を祝って、境内で滝野川発祥の
滝野川ゴボウの栽培を依頼されたが、
昨年3月に富士、榛名、稲荷の各末社の例祭に合わせて
滝野川ごぼうの播種祭が執り行われた。

その播種祭で「北区史を考える会」の有馬純雄会長にお会いした。
播種祭の終わりに、藤井宮司から指名されたので、
簡潔に江戸東京野菜のお話をさせていただいた。

その後、有馬会長から「北区史を考える会」での
講演を依頼されていた。
1月29日に、王子で講演を行うことは、紹介している。






1-1ャ.JPG

先日、有馬会長から、資料が送られてきた。

上の画像をタッブする。
考える会の定例会で、
「種子とパラダイム〜帝殖種苗殖産と大日本帝國」との
タイトルで講演をされた内容だという。

金子才十郎氏の「種子のロマン」は、
有馬会長がバイブル的書物としている。
滝野川の三軒屋という種子問屋の家系などがまとめられていて、
勉強になるので、有馬会長の了解を得て掲載する。

追録
「種子のロマン」が刊行された平成3年は
「江戸・東京ゆかりの野菜と花」(平成4年刊行)の
編集が最終局面に入っていた時に、カネコ種苗の
金子社長から謹呈頂いている。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2023年01月28日

石神井川のゴイサギと鴨に、しばし時を忘れて写真を撮った。


先日、東京女子学院高等学校に行った時に、同校の前を流れる石神井川にゴイサギと鴨のつがいがエサを食んでいたので、カメラを出した。

この日は寒い日でこの後雪がちらついた。





1-1.JPG

木村昇君が撮ったカワセミの写真には癒されたが、
この写真もほのぼのとする。

上の画像をタップする。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境