2021年06月22日

私鉄の駅へ通う路に面した村田農園の畑で、ジャガイモの収穫体験を地域住民に提供。


先日、鳩森八幡宮の帰り、線路沿いの道を自宅へ、振興住宅が途切れて畑に突き当たったところに、ジャガイモの収穫体験の案内が立っていた。

この畑、五日市街道沿いにお住まいの、村田農園(園主村田訓男氏)の畑で、昨年から後継者の健一郎さんが、新興住宅の子供のいる家庭を意識した農業に取り組んでいて、

昨年、落花生の収穫をしているところで、健一郎さんに会ったが、畑の近くに住む住宅街の皆さんが集まってきていた。




1-1.JPG

村田農園では、一昨年までは、庭園樹を植えていたが、昨年、庭園樹を切り払い、野菜畑に切り替えていた。

健一郎さんは、あの時に手ごたえを感じたようだ。
今年も、落花生とサツマイモを植えているが、それより先にジャガイモの収穫体験が行われた。

上の画像をタップする

19日(土)、20日(日)に実施するとしていたが、19日は雨が降ってしまい中止したが、20日(日)は天候に恵まれた。





2-1.JPG

ジャガイモは、人気のキタアカリで、ジャガバタ、ポテトサラダなどで美味しい。

親御さんたちは、子どもに色々と体験をさせてやりたいというので、二株でワンコイン(500円)は魅力的だ。

上の画像をタップする

株を、村田さんに手伝ってもらって引き抜くと、幾つか大きいのが出てくると、大喜び!!
その後、軍手で掘ると、ゴロゴロ大小のジャガイモ20数個が出てきた。





3-1.JPG

畑の隅に停めた、軽トラの荷台には、村田農園で収穫した、キャベツやブロッコリー、ナス、ホウレンソウなどが並んでいた。

上の画像をタップする
地域の方々が、新鮮野菜を求めて軽トラを囲んでいた。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年06月21日

千駄ヶ谷の鳩森八幡宮に東京都指定有形民俗文化財の富士塚に登った。


今年の3月に練馬の中里富士に登ったことは紹介したが、これまでに7か所の富士塚を紹介している。

神宮の森に近い、鳩森八幡宮に東京都指定有形民俗文化財「千駄ヶ谷の富士塚」があることは知っていた。近くまで行ったら寄ってみようと思っていたが、結構近くまで行っていても忘れてしまったりしていた。

今回は、大江戸線の中で気が付いた。
鳩森八幡宮は、明治神宮、新宿御苑、明治神宮外苑の緑に囲まれた一角にある。






1-1.JPG

富士浅間神社がまつられた千駄ヶ谷の富士塚は、鳩森八幡神社の能楽殿の隣にあった。
 
上の画像をタップする

説明板を読むと、寛政元年(1789)の築造と云われていて、大正12年の関東大震災後に修復されているが、築造当時の旧態をとどめているとある。






2-1.JPG

橋を渡って山道を登る。

上の画像をタップする

一合目を過ぎると里宮(写真右下)、三合目(写真左下)、六合目の食行見禄像(写真右上) 九合目(写真左上)







3-1.JPG

烏帽子岩を曲がって九合目から頂上へ
富士山の溶岩は頂上近くにのみ配されている。

上の画像をタップする

頂上には、浅間神社の奥宮を安置し、釈迦の割れ石、金明水、銀明水が接してある。






4-1.JPG

下山する岩の道は、登りより怖い。

上の画像をタップする
富士の下を湖がめぐしてあり、菖蒲か花を咲かしていた。







5-1.JPG

鳩森八幡には表参道の鳥居をくぐったが、何やら作業をしていたが、
境内では、茅輪を神官が作っていた。

上の画像をタップする

茅輪は6月30日と12月30日に使うようだが、6月の大祓の神事用にご社殿前に建てるという。


追伸


6-1.JPG

更科堀井で打ち合わせをしたことは紹介したが、そのあと、早く終わったので大江戸線の麻布十番で乗った時に、鳩森稲荷神社に行こうと思い立ち国立競技場前で下車した。

上の画像をタップする

TOKYO 2020まで、1っか月になろうとしているオリンピックスタジアムは、工事用外壁を取り除くだけになっていた。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年06月20日

江戸そばの第3回、「新ごちそう帳」シリーズは、寺島ナスが選ばれた。


江戸東京野菜を江戸ぞばに使う、「新ごちそう帳」シリーズは、
品川カブ、立川ウドに続いて、寺島ナスが選ばれた。

新型コロナウィルスの感染拡大の中で、更科堀井四季の会は
中止になっていることから、昨年12月に品川カブで実施した。

今回は、「新ごちそう帳」シリーズ第3回をいつ実施するか、
また食材を何にするかなどについて
四季の会世話人のソバリエ協会ほしひかる理事長と、アトリエ・グーを主宰する林幸子先生が、更科堀井(堀井良教社長)に集まった。





1-1.JPG

上の画像をタツプする
南北線の麻布十番駅から、店に向かう道すがら、スーパーの入り口に
野菜が並んでいたがその一角に、お盆に使う、麻がらや、
野菜の牛馬、等が販売されていた。そんな季節だ。

9時の約束だったが8時半前に着いた。
店の前に浅草葱善の「江戸千住葱」が3箱届いていた。
店の扉には、もりそば、更科そば、太打ちそば、季節の変わりそば
 の説明が・・・




2-1.JPG

❶「新ごちそう帳」シリーズ第3回目の食材は、寺島茄子。
夏の江戸東京野菜では、馬込半白キュウリ、三河島枝豆、
等もあるが、収穫期間が長い寺島ナスになった。

❷実施期間は9月いっぱいを基本として
各店舗のご判断で実施期間は決める。
❸7月20日ごろ、アトリエ・グーに寺島ナスを送り試食会。

➍8月初めに各店舗へのレシピのご説明
❺チラシはA4判と、その半分版の2種作成。

ことになった。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2021年06月19日

収穫した「宗兵衛裸麦」の脱穀作業のあと、天日乾燥した麦とゴミを唐箕で分別76キロとなった。


東京の伝統的な穀物「宗兵衛裸麦」の脱穀作業は、栽培した登坂信美さん(株グッドホーム社長)の麦畑で、

前日に刈り取られた麦を、復活普及をしている高野重春さんの指導で行われ、江戸東京野菜コンシェルジュ八幡名子さん、登坂さんの仕事の関係者の皆さんも協力したことは紹介した。





1-1.jpg

その時に、指導している高野さんは、脱穀した裸麦を乾燥させて、天候の様子を見てから、唐箕(とうみ)で、麦とゴミの分別作業を行うと云っていた。

乾燥は、登坂さんの畑に、シートを敷いての天日干しを数日行ったという。

上の画像をタップする

それが17日の朝、これから分別作業を行うと連絡があったが、出先にいて都合がつかなかったので、高野さんと八幡さんに写真を送ってもらった。

高野さん、登坂さんと、都合のついた女子隊の八幡名子さんと、増田純代さんも手伝いに参加された。






2-1-1.jpg

唐箕は、高野さんがいらなくなったからと農家の旧家からいただいて保存してあったものを出してきた。

脱穀した総量は84キロだったものを唐箕にかけたが、高野さんも始めてやることから朝9時から15時頃までかかったとか

反省点は、脱穀で麦束の切りくずの大きいのも交じっていたので、最初は振るいでそれらを除いておけば作業はスムーズにいったようだった。

上の画像をタツプする

結果76キロが選別できたという。

唐箕の風圧で重い麦と軽い麦が分かれて出てくることがわかり、重い麦をAランクとして24キロ、それより軽い麦をBCランクとして52キロとなったと云う。

今後、粉にするか、食べやすい押し麦に加工するかなど、登坂さんとも相談するという。
posted by 大竹道茂 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2021年06月18日

「猿島野の大地を考える会便り」が世話人代表の小野賢二さんが送ってくれた。


大学の友人、小野賢二さんご夫妻が、茨城県の『猿島野の大地を考える会』を立ち上げて地域で同じ志を持つ方々をまとめて、35年の長期に渡って活動してきた。

一昨年、「NPO法人猿島野の大地を考える会」は解散し、その後も交流を重ねてきたが、昨年の当初から新型コロナの感染が拡大し、活動が停止した事と、

歳を重ねて体力的な不安や智力、気力が低下して来て、皆さんに御迷惑をお掛けするので『猿島野の大地を考える会』を閉じる事にした。という。

会の名称は残して活動内容を次世代に伝えることができればこの上ない喜びです。とあった。





1-1.JPG

上の画像をタップするとご夫妻のあいさつ文

活動は、ユニセフ、ペシャワールへの寄付、そして自然災害地で困難を極めておられる方々への支援などをしてきた。

私も何度か自生農場を訪ねているが、2012年には、小平の宮寺光政さんと、ピース・エコ・ショップとして廃材を使って建てた施設や、EM菌の取り組みを見てきた。

また、宮沢賢治を研究するご夫妻に、宮沢賢治の畑「自耕の地」を紹介し、白菜を送ったこともあった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2021年06月17日

瑞穂町郷土資料館で絵画展「群馬直美 江戸東京野菜」の展示が、けやき館2階ギャラリーで行われる。


瑞穂町郷土資料館「けやき館」で「伝統農耕芸を探る」は
6月22日〜7月25日まで 開催されることは、先日紹介したが、

江戸東京野菜を料理して食べるので、苗の購入先を
紹介してほしいという相談だけだった。

各種企画をよく見ると、その中に、絵画展「群馬直美 江戸東京野菜」の展示が、けやき館2階ギャラリーで予定されていて、群馬さんから
展示作品のキャプションが届き、チェックして欲しいという。

みると14種類15点の江戸東京野菜が展示されるようだ。
亀戸大根(冬春)、東京ウド(冬春)、孟宗竹の筍(春)、シントリ菜(春)
馬込半白胡瓜(夏)、寺島茄子(夏)、奥多摩ワサビ(夏)、

早稲田ミョウカ(秋)、内藤唐辛子(秋)、砂村一本葱(秋)、
練馬大根(冬)、伝統小松菜(冬)、新宿一本葱(冬)、
金町コカブ(冬)




1-1.JPG

群馬さんとは、2009年に勤め先の東京都農林水産振興財団に
絵を持って訪ねてくれてからで、翌年、アトリエを訪ねた。


その後、江戸東京野菜の栽培現場に出向き収穫してもらった事もあり、

上の画像をタップする
家庭画報の国際版にも紹介されている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年06月16日

鈴木さんのルバーブで作ったジャム、お土産にいただいた。


鈴木留次郎さんには、南秋川の河畔を案内してもらったことは
紹介したが、鈴木さんの畑にも案内頂いた。

鈴木さんの畑には、前にも来ていて、檜原の農地の特徴で急な南斜面に農作物が作られている。

ジャガイモの男爵や、江戸東京野菜のおいねのつる芋に、白岩ウリを
栽培しているが、ルバーブを収穫してジャムを作ることになった。






1-1.JPG

斜面にルバーブが植えてあって、収穫期を迎え、葉を茂らせていた。
茎の生え際が赤く美しいのを選んで鈴木さんは収穫していた。

上の画像をタップする
ルバーブのジャムは、我々二人の土産にしてくれると云うが、
作るのに10分程で、できるからと企画してくれたもの。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 檜原村とあきる野市の農業

2021年06月15日

梅雨の合間に、檜原の鈴木さんに誘われて、南秋川のほとりを歩いた。


檜原村の鈴木留次郎さんと、ジャガイモができる頃に、また伺いますと、4月に行ったときに約束していたが、鈴木さんから電話をいただき、11日に伺った。

若葉が出始めたころとは違い、梅雨の合間に晴れが続いていた。

鈴木さんには、これまで広い檜原村を案内してもらっているが、今回は鈴木さんのお宅の下を流れる南秋川のほとりに、山菜があるというので案内してもらった。






1-1.JPG

この辺りの南秋川は、檜原村の三頭山の山懐から流れ出る流れに、北部の山懐からの北秋川が村役場の辺りで、合流して水量を増して流れている。

渡ってきた、吊り橋の辺りには釣り人が数人。
多摩川を遡上、拝島の先で秋川を上ったアユを釣っていた。

上の画像をタップする

蕾だった花筏は、花が咲き、果実になっていた。ユキノシタの葉は天ぷらで食べたが花が咲いていた。
河畔の斜面を指して、鈴木さんは「うるい」は、おひたしで美味しいと説明してくれた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 檜原村とあきる野市の農業

2021年06月14日

江戸東京野菜コンシェルジュ協会の令和3年度通常総会が12日(土)、21時からZoomで開催された。


一昨年の暮れ辺りから、新型コロナウィルスの感染拡大の中で、事業は東京都や国の動きを注視していて、電話での情報交換にとどめていたが、昨年は監事監査をzoomで実施し、

緊急事態宣言が終わった6月末に、総会を新宿のアグリパークに集まって実施している。




1-1.JPG

今回の総会に当たっては、理事会、監事会をZoomで行い、
準備を進めていて、12日の21時からの開催となったもの

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業