2008年04月23日

第18回『銀座食学塾』シンポジウムで、江戸野菜を守る運動を語る


日本橋室町の福徳塾で講演したことは、当ブログで紹介した。

福徳塾ではいろいろな方とお会いしたが、その時、インターネットジャーナルの賀詞交換会でお会いした「スローフード江戸東京」のリーダー・成田重行氏も聞きに来てくれていて、この度の、「銀座 食学塾」の講師を依頼されたもの。

「銀座 食学塾」の主催は、NPOオーガニックネットワーク(高安和夫氏 と、「スローフード江戸東京」で、成田リーダーが全体をまとめていた。(下の写真をクリックする)




1-1001.jpg

会場の「銀座三丁目会議室」には、江戸東京・伝統野菜研究会からは、小平の宮寺光政さんに試食用の亀戸大根を持参してもらった。

また、小金井市が拠点のNPOミュゼダグリからは、納所二郎さん、酒井文子さん、宮本幹江さん、品川の青果商大塚好雄さんも駆けつけてくれた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 初期ブログ・フードボイス

2008年04月18日

シンポジウム「小松菜の明日を考える」開催 ー動画ー


江戸東京の伝統野菜、小松菜のシンポジウム「小松菜の明日を考える」が、東京都農林総合研究センターの江戸川分場で開催された。

開催に当たって、3月に、同分場の主任研究員の山岸明さんから、シンポジュウムのパネラーとして出てくれと相談を受けていた。
他にも、料理人、流通関係者も探しているので紹介してほしいというものだった。
料理人としては、日本橋ゆかりの野永喜一郎氏と、流通関係では、築地の東京シティー青果 野田裕課長を紹介した。
また、フードボイスの新田社長にお願いして、取材に来てもらって、動画を撮っていただいた。



小松菜.JPG

上の画像をクリックすると動画にリンクする。

4月1日から都農林水産振興財団農業振興課にお世話になったので、主催者の一人として意見を述べることが初仕事となた。

当日は、東京都農林総合研究センターの会議室には、東京種苗会の榑沼安寿彦氏、岸本雅之氏、農地のない江東区田んぼの学校の関孝夫さん、牧岡真理さん、スローフード江戸東京の井上正敏さん、小金井の江戸東京プロジェクトからは、内田雄二さん、土井利彦さん、宮本幹江さん、酒井文子さん、納所二郎さんが参加、ほか、小松菜生産者、消費者など70数名が参加した。

小松菜生産者の塚越弘さん、同センターの森研史研究員が発表した後、二部では、日本橋ゆかりの野永喜一郎氏と、築地の東京シティー青果 野田裕課長が各々の立場で意見を述べた。

尚当日の模様は、日本農業新聞にも掲載された


posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 初期ブログ・フードボイス

2008年04月01日

ザ・スーパーシェフ「TSC通信VOL5」に紹介される。

ザ・スーパーシェフ「TSC通信VOL5」に紹介される。

社団法人「超人シェフ倶楽部」の広報担当から2月の末に電話があって、江戸東京野菜について話を聞かせてくれと云う。
この時期、紹介出来るものが少ないが、ノラボウ菜ならと云うことで、JA秋川の五日市のファーマーズセンターで待ち合わせをした。


1-1シェフ倶楽部_page001.jpg


上の表紙をクリックする
posted by 大竹道茂 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 初期ブログ・フードボイス