2008年09月16日

東京都学校給食会が発行する「東京都の学校給食」に江戸東京野菜の連載が始まる。


7月24日、公益財団法人・東京都学校給食会・食育推進係の本田晶子さんが、勤め先に訪ねてこられた。
なんでも同財団が発行する広報誌「東京都の学校給食」に、話題となっている東京の伝統野菜について連載してくれないかと云うもの。
同誌には、これまで勤め先の東京都農林水産振興財団が取り組む、農林漁業の話題等、担当の技術者が時々書いていた。

今回は、最近マスコミの露出度が増えている江戸東京野菜について紹介したいと云うもので、同誌は、小中学校の栄養士の先生などが読者層だということも伺った。

7月17日、墨田区立第一寺島小学校に伺って、同校の開校130周年記念事業として、寺島なすの復活栽培の実施を決めていただいたばかりで、これからは小中学校の栄養士の先生の理解を得ることが、江戸東京野菜の普及や消費拡大には重要な事なので、連載をお引き受けしたもの。




1.給食.jpg



9月15日発行の、「東京都の学校給食」No391が送られてきた。
第1回は、伝統野菜の代表格練馬大根について書いてみが、昨年から始まった「練馬大根引っこ抜き競技大会」の紹介から書き進めたものだ。

多くの理解者が増えることを期待している。

posted by 大竹道茂 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 初期ブログ・フードボイス

2008年09月06日

関東農政局が “Let‘s農業26号”「江戸東京野菜」を認知!!


関東農政局農村計画部資源課が発行する“Let‘s農業26号で「江戸東京野菜」が掲載された。

最近メデイアが取り上げてくれるようになったが、相乗効果から農林省関東農政局が注目して、特集扱いで掲載いただいたことに、更なる力が湧いてくる。

特に、関東農政局のホームページに掲載されたことは、感激だ。


56チャ.JPG


上の表紙をくりっくすると、関東農政局のHPにリンクする。

削除されていた場合はここから。


「編集後記」には
 「今号では、最近注目を集めている江戸東京野菜について特集しました。

食品の安全・安心を求める消費者意識は年々高まり、近年、野菜の輸入量は減少していて、国産野菜、特に地場産野菜の需要が高まっています。

 畑地帯における作物選定の参考になればと思います。
」とある。

江戸東京野菜に取り組むひとりとして、担当係長に感謝申し上げる>



posted by 大竹道茂 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 初期ブログ・フードボイス

週刊漫画TIMESの、本格野菜コミック「愛・菜彩」は、「レシピ9  本物の野菜」。


9月5日発売の週刊漫画TIMESの、本格野菜コミック「愛・菜彩」は、「レシピ9  本物の野菜」
最終回となってしまったが、今回は「本物の野菜」。
輸入食材を国産と偽り全国で販売する全国チェーンのファミリーレストランの社長の話、


キャプチャwy.JPG

6月12日に東京都農林水産振興財団が主催した東京都農林水産技術交換会にも、桜井先生は来てくれ、東京の農林水産業に携わる後継者たちの発表を聞いてくれた。

物語では、後継者の熱い思いを聞いて社長が「私は食材を数字でしか見ていなかったようだ・・・・」と我に返る。

尚 前回の、「レシピ8  食育と植物の強さ・東京の水田」はここから。


posted by 大竹道茂 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 初期ブログ・フードボイス

2008年09月01日

【9月号】 江戸東京野菜はどこへ行ったら買えるの!


 スーパーには、季節を先取りした色とりどりの野菜が並び、一年中切らさず出荷されている野菜も幾つかあります。しかしこれらは我々の食生活から季節感を奪っていると言って良いでしょう。東京の農業は露地野菜が主体、市場では季節を先取りした地方の野菜がいい値をつけた後、東京産が出荷される頃には値は落ち着いてしまいます。

 旬の一番美味ししい時期に出荷されている野菜が地場産の安くて美味しい野菜なのです。 東京の農業者は、トレーサビリティー(生産履歴の明確化)の徹底に取り組んできましたが、これを含めて東京GAP(農業生産工程管理)で、安全、安心野菜などの生産に取り組んでいます。江戸東京野菜も同じ管理のもとで栽培されているのです。

 市場を席巻している交配種は、経済性からも農業生産には欠くことは出来ませんが、交配種も優秀な遺伝子をもった固定種があればこそ生まれるわけで、江戸東京野菜の復活はその意味から重要なことです。これら伝統野菜は栽培・収穫される季節が決まっていて、生産者が自家採種できる固定種の野菜です。




キャプチャ1.JPG


 「今話題の江戸東京野菜」ということで、メディアからの取材依頼は後を絶ちませんが、なぜか江戸東京野菜の端境期にお話があります。それは同じような野菜がスーパーに並んでいたから、ということですが、若いジャーナリストの中にも季節感が麻痺してしまっている人たちが多いのに驚きます。現在栽培されている江戸東京野菜のうち、ウドとワサビを除くと、それぞれ旬の10月から4月までと、7月から8月までに限られ、15種類ぐらいしか、まだ復活していないのが現状です。

 皆さんに「どこで買えるの !」と質問されてきました。JAの直売所に行けば必ず買えるというものではなく、巡り合えればラッキーでした。そこでこのサイトでは、東京を代表する生産者がつくる江戸東京野菜を紹介することにしました。

  伝統野菜は栽培しにくいばかりか、味も個性的な野菜です。練馬ダイコンや亀戸ダイコンなどにしても食べ方が分からないと「辛い !」というだけになってしまいます。江戸東京野菜は甘いだけの野菜と違い、日本人の味覚を育ててきた味を持っています。美味しい食べ方のレシピなど、整備は必要で早急な対応が求められます。
 
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 初期ブログ・フードボイス