2009年03月28日

財団法人・東京都農林水産振興財団では、平成20年度の取り組みを資料化。


財団法人東京都農林水産振興財団は、かつての東京都農業試験場(現・東京都農林総合研究センター) を組織内に持つ財団で、さらに広く、消費者や子どもたちの農業に対する理解の促進や食育活動を通じて、健康な心身と豊かな人間性を育むことも、事業のひとつになっている。

平成20年度からは、かつて役員として席を置いていた東京都信用農業協同組合連合会からの寄付を受け、「都民と進める食と農の体験事業」を実施してきた。

 これまでの、1年間の事業実績をまとめた「都民と進める 食と農の体験事業実績集」を発行したもの。


img635.jpg


昨年4月から財団法人・東京都農林水産振興財団にお世話になって、食育アドバイザーの肩書をいただいたので、江戸東京野菜の復活普及をとおして食育授業させていただいた。

上の写真をクリックする
まずは、江戸の文化年間に記された成形図説にも掲載されている「品川カブ」を使って、品川区立小中一貫校「伊藤学園」の9年生を対象に実施した。

そもそもは、品川カブは東京シティ青果の野田裕さんに託したもので、野田さんが品川カブを探していた北品川の青果商大塚好雄さんに提供したことから始まった。

また、来年度からは、墨田区東向島が「寺島」であった時代の産物「寺島ナス」の栽培が、第一寺島小学校で実施されることが決まっていて、三鷹のナス農家・星野直治さんが苗を作ってくれていて、今後指導も戴けることになっている。

2009年03月20日

ソトコト誌編集の榎本ゆう子さんが訪ねてくれて「江戸東京野菜談義」


今年の3月19日、勤め先の東京都農林水産振興財団に、雑誌「ソトコト」の編集を担当する榎本ゆう子さんが、ソシエテミクニ秘書室の尾藤秀規さんとで訪ねてこられた。ソシエテミクニは、三國清三シェフのグループ企業。

榎本さんは、東京の農業については、詳しかった。

それもそのはず、榎本さんはソトコト誌で「三國シェフの食育講座」を2003年4月からから「味覚」や「五感と食」について連載していたが、

三國シェフからの提案で、食べ物の旬について勉強しようということで、12回からは食べ物がどこで栽培されているのか、旬の野菜を追いかけて東京の農産物等を取り上げようということになったそうだ。

そこで「旬の味はホンモノ・・・東京編」が企画され、2004年3月から、連載が始まった。
三國シェフが生産者を訪ね、旬の野菜等を収穫し、それを持って厨房に戻り料理すると云う頁。



1-0001.jpg

実は、三國シェフが伺う農家は、ソトコトの依頼にJA東京中央会が責任を持って紹介していたから、掲載誌は、送ってもらっていて、私の貴重な資料としてファイルしてある。

榎本さんとはそんなご縁の再会だった。

今回は、ソトコトが企画する、第4回ロハスデザイン大賞2009、「新宿御苑展」が5月21日(木)から24日(日)、実施されるが、三國シェフとのトークショーが予定されているので協力して欲しいと云うものだった。

尾藤さんも、「東京の食材を使いたい」との話があった。

追録

2004年
3月号、三國シェフの食育講座 旬の味はホンモノ東京編  
   、亀戸大根 旬3-4月、生産者・葛飾区高砂の鈴木藤一さん
4月号、アスパラガス 旬5-6月 生産者・町田市根岸の守屋稔さん、 
7月号、キャベツ、旬5-6月 生産者・練馬区大泉の井口和喜さん、
8月号、穴子、旬6-7月 漁師・大田の伊東俊次さん
9月号、トマト、旬7-8 月、生産者・世田谷区等々力の大平博四さん、
10月号、東京産の野菜と卵を使って料理しよう
11月号、栗、旬8-10月、生産者・町田市広袴の吉川英男さん、
12月号、豚肉 旬10-11月、生産者・国分寺市の榎本武司さん、
2005年
1月号、ブロッコリー、旬11-1月、生産者・杉並区宮前の馬橋武男さん、
2月号、里芋、旬11-1月、生産者・世田谷区鎌田の橋本正美さん
3月号、白菜、旬12-2月、生産者・世田谷区烏山の浅野泰三さん、
と、東京でも代表的な農家にお願いしている。

2009年03月12日

NHKの解説委員室から要請され 「視点論点」で「今話題の 江戸東京野菜」を語る。


先月初め、NHKの解説委員室から電話をいただいた。何でも江戸東京野菜が話題になっているから、「視点論点」で話してもらえないかと云うものだった。

 同番組は、NHK教育テレビで放送されていて、学者や研究者など専門家が解説をしていることから、江戸東京野菜をアカデミックにお話しすのは似合わないし、お断りをしようかと思ったが、

多くの方々に知っていただく良い機会だと、とっさに判断してお引き受けしてしまった。

引き受けたものの藁をもつかむ思いで、電話をくれた解説委員室のディレクター吉川恵美さんにアドバイスを求めると、

「中学生が分かるような内容で、専門用語は使わないでください」と云うことだったので大分気が楽になった。




a9.3.12キャプチャsg.JPG


上の写真をクリックする


追録


NHKでは、昨年の2月に、BS2の「ななみDEドーモ」と云う、子ども番組で、練馬大根引っこ抜き競技大会を紹介した。


2009年03月01日

【3月号】 伝統野菜が地球を救う!


2月3日、北陸農政局の主催で、「伝統野菜サミット」が加賀野菜の地、金沢で開催された。パネラーの一人としてとして招かれたので江戸東京野菜の復活や普及、生産状況等について報告してきた。

このサミット「伝統野菜が地球を救う!」がテーマで、フードマイレージ研究の第一人者・中田哲也氏(北陸農政局企画調整室長)が「伝統野菜の普及が輸送に伴う環境負荷低減に及ぼす効果測定の試み」と題して基調講演をされた。



0903_1.jpg

フードマイレージは、身近な「食」と地球規模の資源や環境問題を関連づけて考えるうえでヒントになる指標で、食料の供給構造を物量とその輸送距離によって算定し、食料の輸入が地球環境に与える負荷を把握することができる。

中田氏は加賀野菜や能登野菜など地元の食材を使って「能登豚の野菜巻き」「源助大根の風呂吹き」など4品(計940c)を調理すると、フードマイレージは17キログラム・キロメートル、CO2排出量が3キログラムになるとした上で、

国産の食材に広げて比較すると、地場産に比べ輸送距離で12倍、フードマイレージ、CO2排出量は共に17倍になる。さらに輸入食材を含めて調達すると輸入距離は140倍になり、フードマイレージが260倍、CO2排出量で47倍にもなるという。
続きを読む