2009年04月01日

【4月号】 横十間川と江戸東京野菜


家康が江戸に入って(天正年間)すぐに取り組んだのが、千葉の行徳から塩を江戸に運ぶための小名木川開削である。やがて小名木川は物資を輸送する舟運の大動脈となっていくが、幕府は城東地域の開発のために、万治年間(1658-1661)、幾つもの堀を開削する。竪川や北十間川を初め、小名木川や竪川と交差する大横川に横十間(18m)川だ。この大横川や横十間川、戦後、トラック輸送の発達等で本来の目的を失ったことや、工業地帯として発展する一方、地下水のくみ上げから地盤沈下が発生し、0メートル地帯となり水が溢れるおそれ等から、江東区ではこの川を埋め立て、昭和61年に親水公園として開園している。



0904_1.jpg


この横十間川親水公園内に田んぼ(250u)があるが、この田んぼを活動拠点としているのが「田んぼの学校」。

今年で8年目、保護者も生徒で子供と一緒に田んぼに入って、田んぼを学ぼうと活発に活動している。2年前このグループのリーダーのお一人から、野菜にも取り組みたいが、歴史ある横十間川の場所で栽培するのだから江戸東京野菜をつくりたいとの相談があった。

江戸東京野菜の講演会や、小松菜シンポジウムにも参加されるなど、熱心に研究され、昨年は亀戸ダイコン、伝統小松菜、滝野川ゴボウなどにも挑戦された。

続きを読む