2010年03月24日

今日24日は「一粒万倍日」


最近、頼まれると「江戸東京野菜(農文協)」には、「一粒万倍」と書いている。
広辞苑によると「1粒の種子もまけば万倍の粒になるの意で、少しのものもふえて多くの数になるたとえ。少しだとて粗末にはできぬの意にもなる。」とある。
 先日、砂村一本ネギの播種をお願いしていた宮寺さんから携帯に、「今日、一粒万倍日」に種を蒔いたとメールが届いた。

宮寺さんタネ.jpg
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達