2010年04月21日

江戸東京野菜を使った料理と天覧山(五十嵐酒造)のコラボ

 先週の土曜日、文京区根津で日本酒を飲みながら、江戸東京野菜の料理を食べるイベントが持たれた。
この企画、発酵文化の応援団・隊長を自任する喜連川覚(きれかわ さとる)さんが主催するもの。
喜連川さんは、昨年の1月、日本橋の福徳塾でお会いしたのが初めてだったが、それから江戸東京野菜に注目して、何かと応援して頂いている。
この度は、お知り合いの埼玉の銘酒「天覧山」の五十嵐智勇社長に、引き合わせていただいた。


玄関.jpg

会場は文京区根津にある「ベジタブルダイニング晴れ晴れ家」。
入口の扉の後ろに、日頃のメニューがあったが「安くて美味しいものを食べさせる」お店のようだ。
店主の石川鐵男氏は、昨年の11月6日、小金井で開催した「江戸東京野菜フォーラム」に喜連川氏と一緒に来ていただいていた。
そんなご縁がこの度のコラボレーションになったもの。


続きを読む