2010年04月22日

美味しかった「清瀬のにんじんジュース」

ちょっと早めのランチを「ミクニ・マルノウチ」でとった。
急な話だったが支配人の椛田(かばた)さんが11時なら席が取れるというので予約をしていた。

メニューには「東京野菜たっぷりな旨み、ヘルシー・ワンプレート」(2,400円)は、リーズナブルだが、結局「シェフおすすめの 東京素材たっぷりなコース」(3,500円)を頼んだ。

小平・ブロッコリーのヴルーテ カプチーノ仕立て
前菜は
東京湾・のぼり鰹のたたき風 東京ハーブのマリネ 東京野菜(大根、セロリ、人参)のサラダ添え ジンジャーソース
メインは
東京湾・鰆のクルスティアン焼き アンチョビ・オリーブ風味 五日市・紅菜苔、江戸東京野菜 立川・野良坊菜、うど添え
デザートは
奥多摩・日本酒「澤乃井」ソルベ&東京米のリ・オ・レ、東京いちご「紅ほっぺ」のババロア、
東京牛乳、町田・小林養鶏所の卵を使った桜のクレームブリュレ
コーヒーと東京カヌレ。(以上メニューは5月9日まで)

食事の合間に、何か飲み物は!、と聞かれたが、これから知人に会うし、支配人に勧められた「清瀬のにんじんジュース」を頼んだ。 美味しい。

小寺人参.jpg


清瀬といえは、西武池袋線だが、埼玉県新座の臨済宗・関東の名刹「平林寺」に近い下清戸あたりに優良な農地が広がっている。
かつては、滝野川ニンジン系の1メートルもある長いニンジンが栽培されていたが、今日では20センチぐらいのニンジンが生産の主流となっている。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜