2010年04月25日

日本野菜ソムリエ協会の霜村春菜さんがお見えになりました。


野菜のソムリエ、ベジフルビューティーアドバイザーの肩書も持つ霜村さんは、カルチャーセンターの講師などのほか、新聞・雑誌などにもコラムを執筆する才媛だ。
霜村さんは、江戸東京野菜にも注目していただいて、御自身の人気ブログ「四季折々の菜摘歌」の中でこれまで何回か取り上げていただいているのを、拝見していた。

霜村春菜さん (2).jpg
霜村さんのブログの印象的なトップページ


昨年の11月に、築地市場で結成された、「江戸東京野菜普及推進連絡協議会」のメンバーに加わっていただき、江戸東京野菜に本気で取り組んでいただいている。 心強い限りだ。

日本野菜ソムリエ協会のメールマガジンのライターもされていて、旧東海道の品川宿を江戸東京野菜でまち興しをしている、大塚好雄 さん(江戸東京・伝統野菜研究会メンバー)をご紹介いただいた。

第73回前篇 江戸野菜の復活を目指す大塚好雄さん」(11/25)。そして、「後篇 品川カブを復興し、地元に笑顔を集めたい!」(12/9)だ。
そのことを霜村さんのお友達のマイスター上原恭子さんが「野菜のソムリエコミュニティーTOKYO 12/14」に紹介してくれるなど、波及効果は大きくソムリエの皆さんを中心に、これから各地で行われる「まち興し」のヒントになると思われる。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報