2010年08月31日

日本橋女学館が取り組む江戸東京野菜の栽培

昨年の4月に日本橋女学館の藤井先生からメールをいただいた。

中学1年の理科の授業で江戸野菜を栽培させようと考えていると云うことで、相談を受けたもので、小平市の宮寺光政氏を紹介した経過があった。

日本橋女学館の取り組みは江戸東京再発見コンソーシアムにも位置づけられていて、
昨年に引き続いてホームページに掲載されている。

コンソーシアム.jpg
 
画面をクリックするとリンクします。


昨年実施した、江戸東京野菜の栽培は大成功だったようで、収穫した小松菜を調理部がパウンドケーキにして評判になったと聞く。

今年も、江戸東京野菜に取り組んでいるが、「女学館祭」に向けて、7月に小松菜の播種をしたようだ。

日本橋女学館の取り組みは、ペッドボトルを利用するなど銘々が栽培管理する等、食育、食農のモデルケースで参考になるもので、多くの学校で活用してもらいたいものだ。

7月に間引き、8月5日には、間引きが行われたが、
このほど、藤井先生からメールが届いた。

「猛暑のお陰か今年は成長がとても早く、30日の始業式の日に収穫する予定です。
また、女学館祭までにもう1回栽培できるのではないかと再チャレンジを考えています。」

尚、当ブログでは昨年から「江戸東京野菜リンク集」にバナーを貼ってある。



2010年08月30日

8月31日(やさい)は野菜の日。JA東京南新宿ビル前で無料配布。

野菜の配布.jpg

新宿駅南口を出て、甲州街道を立川にむかって左側、サンウエーブのショールームのあるビルが、JA東京南新宿ビルです。

31日の15時30分から、先着500名さまに、あきる野市と日の出町の農家が栽培した野菜を無料配布します。

ご案内

10月には国分寺、小金井、三鷹方面、3月には都心から江戸川方面への、「江戸東京野菜探訪バスツアー」が予定されます。

9月1日から国分寺、小金井、三鷹方面の募集が始まります。
posted by 大竹道茂 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

江戸東京野菜 & スタディ  8/29 「福羽逸人と新宿御苑」

honjyo.jpg

今回のスタディは、新宿御苑にお勤めの本荘暁子さんにお願いした。

本荘さんとは、2009年1月に新宿御苑で『福羽逸人とともにたどる新宿御苑の歴史展』が開催されたときに
江戸東京野菜を展示したいのでと、協力を依頼されたのが初めてお会いした時だった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

江戸東京野菜 & カフェ 8/29

江戸東京野菜 スタディ&カフェ
江戸東京野菜料理研究家 酒井文子


menw.jpg


拡大してご覧ください





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2010年08月29日

練馬ダイコンのタネが実った白石農園を訪ねました。

練馬ダイコンのタネ採りは、梅雨が明けて夏の陽が厳しくなる頃、莢を割ると聞いていたから、少し遅くなったと思ったが、近くまで来たから白石好孝さんに電話をすると、まだ一部ハウスに残っていると云うので伺った。

練馬はほとんど雨が降らないらしく、畑はブカブカ、
体験農園利用者の畑では最近定植したのかキャベツの苗はぐったりしていた。

1suzushi.jpg

4月、ダイコンの花が咲いていた時に来ていたので、タネ採りのハウスは知っていた。

すっかり乾燥した練馬大根の莢は、ダイコン特有の先が鋭くとがっていて、何匹もネズミを飲み込んだ蛇のような膨らみにタネを宿している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2010年08月28日

新宿御苑で開催されるイベントに「スローフード江戸東京」が内藤トウガラシをブース展示。

友好団体として親しくさせていただいている「スローフード江戸東京」の成田重行リーダーからお手紙が届いた。

「スローフード江戸東京」は内藤新宿の伝統野菜「内藤トウガラシ」を、会員や新宿区民に苗を配布して栽培させ、その復活栽培を楽しんでいる。

この復活を多くの方々に知ってもらおうと、28日(土)、29日(日)の両日、内藤トウガラシが生まれた新宿御苑で開催される「新宿御苑 GTF グリーンチャレンジのつどい 2010」〜いのちと暮らしを支える生物多様性〜 において、内藤トウガラシのブースを出すという。

内藤とうがらし.jpg

このトウガラシ、三鷹の星野直治さんが成田リーダーから依頼されて栽培している「八房種」。
星野農園を訪問した 日本橋の老舗「てん茂」さんの奥田氏が撮影したもの。

「スローフード江戸東京」は今年1月中旬に新宿御苑で、「 内藤トウガラシ展」を開催した。

私も江戸東京野菜のお話をさせていただいた。

続きを読む

2010年08月27日

今朝( 27日 )の東京新聞が「都産都消」をレポート。


東京新聞(都庁担当)の石川修巳記者から、「地産地消」を進める動きについて、コメントをお願いしたいと、メールが来たのは先週の金曜日だった。

東京新.jpg
写真右は星野農園の園主・星野直治さんと、左は「よし勝」の佐藤勝彦さん。

「魚も」、「酒も」、「野菜も」「都産都消」として、「飲食店続々「おいしさ発見」・都も支援」との見出し。
同紙28面にカラー写真4枚を使っての大きな扱いで「よし勝」の店内を紹介している。

「都産都消」は、東京都の農林水産部が7月ころからメディアに情報を発信し始めてから、ようやく認知されてきている。
地産地消の応援店募集を始めてから、お店の登録が続いているようだ。

東京で栽培されている野菜は、都民の食卓には畑から一番近距離にあり、新鮮だと云うことが、何よりも美味しいことにつながる。

「東京に農業があったのを知らなかった ! 」という言葉を若い人から良く聞く。まだまだ東京農業のアピールは少なく、都産都消で飲食店の応援もえて、東京の農業も元気になってくれればいいが。

同紙は、押上の「よし勝」と「ミクニマルノウチ」等を紹介しているが、よし勝のお客さんの声を載せていて、「寺島ナス」を使った揚げだしが出てくると「待ってました ! 」と宴会客から声がかかると云う。

よし勝の寺島ナスは、三鷹・星野農園のものだが、「寺島ナス」もすっかりお客さんがその味を知ったようだ。

石川記者は「伝統野菜には歴史的な背景もあり、東京の奥行きを知るという”味わい”も加わるようだ。」と物語がある付加価値についても言及している。




posted by 大竹道茂 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2010年08月26日

江戸東京野菜「食べて 見て 秋満喫」 8月25日讀賣新聞夕刊に掲載。

yomiuri.jpg
提供・よみうりカルチャー
拡大してお読みください。


江戸東京野菜は、11月になると秋野菜の収穫期を迎える。
秋の伝統野菜をフレンチとイタリアンで満喫してもらう「都産都消」の企画だ。

フレンチはゲストに巨匠・三國清三シェフをゲストに招く。
シェフとは何回かトークをさせていただいたが、東京の農業についても造詣が深い。

先日、丸の内シェフズクラブの有名シェフを対象に東京食材の試食会が開催されたが、ここでもシェフから東京の食材についての思いが語られた。
ご期待ください。

イタリアンは『収穫体験&ランチを楽しむ秋散歩』。
この企画、春に友人たちを「のらぼう菜」の収穫体験に誘った時の秋野菜版。野火止用水を散策し、収穫、そしてランチと、こちらも秋を満喫できる。

好評だったこのコース、秋には大勢の皆さんにも体験してもらおうと「よみうりカルチャー」が計画したもの。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2010年08月25日

NEWS TOKYO  都政新聞の「よみがえれ!江戸東京・伝統野菜」15 が掲載


news tokyo.png
タイトルを左クリックするとリンクします。

毎月20日発行(1部150円)の「NEWS TOKYO」都政新聞には、当ブログのバナーを一面右にに張っていただいていて、インターネット上ではリンクするようになっている。

連載中の「江戸東京・伝統野菜」(取材・細川奈津美記者) は、15回を迎えた。

特に、「つまもの」は、我われが食べている割にその実態を知らないのが実情で、今回5回目だが、皆さん興味を持っていただいているようだ。

江戸東京の食文化を育んできた「つまもの」は、料理人たちの美学が生み出したものだが、農家から「こんなものはどうか!」と、料理人に提案して生み出されたものもある。

いずれにしても江戸からの食文化を農家が支えてきたことは事実だ。

 7月27日、JA東京中央会と一般社団法人東京都農住都市支援センターの共催による「東京農業視察ツアー」についても、掲載されている。
当日は猛暑の中、津久井美智江記者がツアーに同行してくれて詳細に書いてくれて、農協観光(Nツアー)の「グリーンエコー 自然体験・交流の旅」についても紹介している。

この内容については、当ブログでも紹介している。
ご参考まで
posted by 大竹道茂 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2010年08月24日

江戸東京野菜が国立科学博物館に登場した ? 。

独立行政法人 国立科学博物館では、「中高生・アフタースクールプログラム2010」を開催しているが、夏休み中の8月22日、上野の同館において、「江戸東京野菜と料理実験」を開催した。

講師には江戸東京野菜料理研究家の酒井文子(食育・野菜料理コーディネーター)氏を指名したもの。
科学博物館の新たな取り組みの一つで、女子9名、男子5名の14名が参加した。

1科学江戸 (2).jpg
 以下・写真撮影は酒井秀夫氏


酒井文子氏から江戸東京・伝統野菜研究会への報告書が届いた。
           (以下・文責大竹)


講義は「江戸東京野菜を知る」

江戸と地方の種の交流についてや大名の下屋敷で野菜が作られた話。
江戸の野菜の産地を江戸時代の地図を示して説明。

江戸幕府が開かれた年号や参勤交代が行われた将軍の名前などの質問があった。



続きを読む

2010年08月23日

24日(火) 日本テレビNEWS e v e r y 「ふえる『都産都消』こだわりグルメ」

18時35分頃から日テレが“都産都消”にこだわる飲食店が増加中をリポート。

yoshi.jpg
押上「よし勝」の主人佐藤さんの食材説明は付加価値だ。


東京都内にある飲食店が“食の安心・安全”を求め
東京都内産の食材にこだわりメニュー開発を行うお店が近年、増加中!
江戸東京野菜から、地場産、都内産に広がる、こだわりの需要・・・

フレンチの「ミクニマルノウチ」では、9月1日から1ヶ月、東京の食材だけでランチを・・・

スカイツリーの足元、押上「よし勝」もトコトン東京の食材にこだわっている。

そんな、こだわりのお店が増えていく実態を大調査!
東京都産の食材に、新メニューの数々。
意外に知られていない東京生まれ、東京育ちの食材を招介していきます。

24日(火) 日本テレビNEWS e v e r y 18時35分頃から

【出演】キャスター藤井貴彦、陣内貴美子、丸岡いずみ、ほか
【放送エリア】日本テレビ系列にて関東広域圏・一部ネット局





posted by 大竹道茂 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

日本農業新聞東京版に連載中の「今話題の 江戸東京野菜15」は「都産都消」。

1周年.JPG
タイトルを左クリックしてください。



昨年、三國清三シェフがプロデュースするミクニマルノウチがオープンして一周年が経ったことから記念メニューは、一か月にわたって「東京の食材大集合」となった。

 先日、ミクニマルノウチで「都産都消」推進するための東京の食材の試食会が行われたが、丸の内に店を出す著名なシェフ達28人衆からも東京の生産者にラブコールが届いている。




posted by 大竹道茂 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2010年08月22日

「NHKニュース7」で報道された、早稲田ミョウガの発見。

早稲田ミョウガの捜索活動

NHK科学文化部の記者横川浩士さんから、電話をいただいたのは7月の初めだった。
東京の在来の野菜について、リサーチをしていたところ、たまたま私のブログを見て、早稲田ミョウガの探索隊結成を知り、話を聞かせてほしいと云うことだった。
ミョウガは、タネをまくのではなく、根で増殖するものだから、
早稲田地区を探してみればミョウガが生えているのではないか、というもの。

それにしても21日の「NHKニュース7」が、高校野球・沖縄甲南高校の優勝を伝える次が、「伝統野菜の復活が始まった」として早稲田ミョウガを探し発見のベッドラインだから強烈なインパクトがあったことは事実だ。

横川記者は、7月24日の第2回捜索に付き合ってくれた。
24日の捜索は、早生ミョウガであれは、早稲田ミョウガとは異なるため、まず早生の花穂が芽生える時期にチェックを行ったもので、期待したところで残念ながら早生の花穂が見つかった。

晩生のミョウガは8月中旬以降と云うことで、横川さんも21日の捜索に期待を持ってくれた。


ミョウガ.jpg
神田川側道の脇に生えていたミョウガの群生を見る井之口さん。


21日は、かつてミョウガ栽培をしていた練馬の農家・井之口喜實夫さんに参加していただいた。

また、捜索隊には、松井健太郎(商学部3年)さんを隊長に、早大OBの伊藤俊文さんをはじめ早大生達。
また、JAグループからは都中央会の榎本部長、農工大院生の飯田剛史さん、日本農業新聞からも片岡優佳次長も参加してくれた。

猛暑の中、捜索は厳しいものだった。

神田川の側道と建物の脇に群生したところが見つかり、井之口さんのチェックでも晩生のようだった。

しかし、土地所有者がハッキリせず、ミョウガの話を伺うことができなかった。

捜索隊隊員に疲れが見えてきた。
横川さんもカメラマンも音声さんも汗だくだった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

NHK総合テレビ「 ニュース7」の全国放送で、江戸東京野菜が紹介。

NHK科学文化部の記者横川浩士さんから、電話をいただいたのは7月の初めだった。

東京の在来の野菜について、リサーチをしていたところ、たまたま私のブログを見て、早稲田ミョウガの探索隊結成を知り、話を聞かせてほしいと云うことだった。

早稲田にミョウガが生えているのではないかとの仮説を立てるきっかけとなったのが、

昨年、足立の内田さんの家で幻の銀マクワ・本田ウリが栽培されていたことがきっかけだった。

まだ、東京にも農家でひっそりと栽培されている野菜があるんだということを知ることができた。




内田.jpg
カメラマンの後ろが横川さん。最後に畑に残った本田ウリを収穫する内田さんご夫妻の取材となった。



それにしても、NHKニュース7のヘッドラインが、高校野球・沖縄甲南高校の優勝を伝える次が、「伝統野菜の復活が始まった」として、内田さんが本田ウリと一緒に映し出され。強烈なインパクトがあった。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 08:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2010年08月21日

立川産イチジクの収穫が始まった。

立川市果樹組合に若い後継者が育っている。
立川市の果樹生産農家は21軒。ブルーベリー、を主体に、ラズベリー、ナシ、柚子、桃、ブドウ、梅、栗、スモモ、リンゴ、キュウイ、ギンナン、イチジク等を栽培している。

ichijiku.jpg
パックリと口をあけた桝井ドーフィン種


就農4年目と言う若い後継者、高橋尚寛さん(27)は、今、イチジク栽培に取り組んでいる。

東京農大卒業後、一年間、島根県大田市の農業法人でブルーベリーを学び、その後、帰郷して東京都農林総合研究センターで研修生として野菜を学んでいたが、二年目に果樹を学んだことで、センター内にあるイチジクとの出会いとなったもの。

指導官にも恵まれ、イチジクの魅力にはまっていった。

イチジクは、地元でも栽培している生産者が少なく、主産地の愛知、和歌山産ですら、東京までの遠距離輸送に苦戦しており、尚寛さんはスーパーで買ってきて食べてみて、十分競争できると判断、栽培に踏み切った。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 立川市での取り組み

「東京むさし音頭」、お披露目は武蔵小金井駅前で盛大に ! 。

1bonodori.jpg

先日JA東京むさしの「東京むさし音頭」を紹介したが、昨晩、三鷹、小平、国分寺、小金井、武蔵野の、各市女性部を中心に、役職員はじめ、支部役員などが、新調の浴衣姿で、JR武蔵小金井駅南口フェスティバルコート(イトーヨーカドー前)に集まった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2010年08月20日

宮寺さんの銀マクワで創作意欲がわいた小平の料理人たち。

小平市学園西町の中国宮廷麺の「なにや」の店主・松村幹男氏が馬込半白キュウリに魅せられて創作意欲がわいた話を7月10日に紹介した。

1naniya (2).jpg

8月10日だったか、小平の宮寺光政氏から帰宅途中の車内に電話がかかってきた話も紹介したが、
その翌日、宮寺氏は野菜をJAの直売所に出荷した帰りに、松村氏を訪ねて、銀マクワ(本田ウリの総称)を贈呈したところ、銀マクワを見た松村氏は、またまた、創作意欲が湧いたようで、
お店から電話をいただき、16日19時に「なにや」で待ち合わせることになった。

続きを読む

2010年08月19日

「都産都消」東京の食材生産者とレストランシェフが丸の内で「お見合い」!


エコッツェリア協会と三菱地所 商業施設グループでは16日15時から「“東京フードプロデューサー”東京都の食材生産者と“東京グルメプロデューサー”食材を使う在東京レストランシェフ、社員食堂担当が丸の内で「お見合い」します。」と、東京の農林水産物の試食会を「ミクニマルノウチ」を会場に実施した。

1マルノウチ.jpg
牧野氏が持参したブドウ、椎茸、ナスなど、

これまで、三菱地所の「食育丸の内」でも、東京の農業についてご理解をいただいており、3月に開催された「丸の内マルシェ&トーク」など丸の内から「地産地消」を発信していただいている。

丸の内地球環境倶楽部の「都市の食」ワーキンググループで、「都市の食」ビジョン、「都市の食」ガイドライン構築の検討委員会メンバーということもあって、今回のプロジェクトにも呼んでいただいた。


続きを読む

2010年08月18日

「NPO法人 子どもの食育推進協会」がイベント。

全国規模の「特定非営利活動法人 子どもの食育推進協会」は
昨年9月1日に設立され、本年1月12日には内閣府から認証されている。

1子ども食育.jpg
画面をクリックするとリンクします。



事務局長の小野甲二氏は、現在、本年度の事業方針にもとずいて着々と進めているイベントの第1回目を、9月4日(土)に開催すると発表した。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2010年08月17日

早稲田みょうが捜索隊、8月21日14時大隈講堂前に集合!

早稲田ミョウガの捜索については、6月29日に捜索隊が結成され、
7月に入ってから捜索活動が行われてきた。

waseda.jpg
拡大してお読みください。
このほど、捜索隊員で早大環境塾OBの伊藤俊文さんがチラシを作ってくれた。

これまで、早稲田ミョウガや、捜索については、TBSラジオ・山中秀樹の時泥棒(1/10)をはじめ、産経新聞(6/8)、東京新聞(7/18)毎日新聞(7/21)でも紹介された。

今月に入っては、8月15日の7:20頃、NHKラジオが地域の話題で、捜索活動を紹介してくれている。

これまでの捜索は「早稲田にミョウガは生えているいるのか」が中心の捜索であった。これにより20か所に及ぶミョウガの生息地が見つかった。

早稲田ミョウガは晩生と云うことで、そろそろ花穂が出る頃でもあり、捜索は8月21日14時に決定、大隈講堂前に集合することになった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 07:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ