2011年02月22日

2月27日の江戸東京野菜 スタディ&カフェはウドのフルコース。まだ余裕あります。



小金井に拠点を置く、NPO法人ミュゼダグリのメイン事業の一つ、「スタディ&カフェ」は
スタディの講師のお話と、カフェは、江戸東京野菜の料理研究家・酒井文子先生の江戸東京野菜(今回はウド)のフルコースが食べられるというもの。

1s6c.jpg

チラシをクリックする


今回の講師は、都立園芸高校の横山修一先生で昨年の春から始まった江戸東京野菜の栽培と専門の食品加工の面からもお話いただきます。

同校では、お正月のおせち料理用に大蔵大根を新宿高島屋に、二子玉川の高島屋にも学生が栽培した野菜を出荷する等、生産から販売までの実践も教えている。

また、今年から小中学校の先生向けに、江戸東京野菜の栽培研修が始まり、横山先生達が指導しています。
東京の伝統野菜を次の世代に伝えるという、第一線での先生の話は学ぶことが沢山ある。

また、酒井先生のお料理はフルコースのお料理が楽しめます。

まだ、余裕があるようですので皆さんご参加ください。


申込みは 090-2423-0831(納所まで)
又は 
museedagri@hotmail.com
まで

posted by 大竹道茂 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動