2011年05月13日

豊島区立千登世橋中学校で地元ゆかりの雑司ヶ谷ナスの定植作業が行われた。

江戸東京の伝統野菜は毎年、復活活動が行われてきたが、今年は雑司ヶ谷ナスを復活させようと、ゆかりの地、豊島区立千登世橋中学校(飯島光正校長 )で準備をすすめてきた。

このことは、当ブログでも紹介してきたが、5月9日同校体育館で開かれた朝礼で、地元JA東京あおばの榎本高一代表理事組合長から、同校の生物環境科学部に雑司ヶ谷ナスの苗が贈呈された。


1-1enomoto.jpg

平成11年に、雑司ヶ谷中学と高田中学が統合して生まれた千登世橋中学校で雑司ヶ谷ナスが復活出来ることには意義がある。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺島なす、雑司ケ谷なす