2011年05月18日

日経Webへ転載された、日経BP社の「ecomom(エコマム)」誌の記事 “ 昔ながらの「固定種」を守る意味は? ”



日経BP社の「ecomom(エコマム)」誌は、会員(無料)になることで全て無料で冊子を自宅に送ってもらえると云うもの。

3月18日発行の「エコマム」誌3月号に、「練馬大根引っこ抜き大会で伝統野菜に親しむ」の記事が掲載されたことは、当ブログで紹介したが

ecomom1.jpg


エコマムの無料読者登録は画面をクリックする



この程、日本経済新聞のWeb刊 ライフの「シンプル生活」に3ページにわたって、私の監修として掲載された。


1頁 練馬ダイコン引っこ抜き大会で伝統野菜に親しむ

2頁 江戸東京野菜て何 ?

3頁 昔ながらの「固定種」を守る意味

posted by 大竹道茂 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

Mirai 5月号から「江戸東京野菜の物語」の連載を始める。


JA東京みらいが江戸東京野菜の連載をしてほしいと云ってきたのは、2月だったろうか、
東京都指導員連盟の原省三会長から頼まれて、会員の営農指導員に江戸東京野菜の話をしたことで、その幅広い販売の広がりや需要を感じ取ってくれた担当者たちがいた。


img215.jpg

限られたスペースで消化不良の内容だがクリックすると読める。

その一人が、JA東京みらいの高倉国昭次長で、江戸野菜について書いてくれと云うので、江戸東京野菜の栽培体制を整えてもらうことを条件にお受けした。

JA東京みらいは、北多摩地区の西東京市、東久留米市、東村山市、清瀬市をテリトリーとするJAで、東京でも多くの農地が残る。

関東ローム層で比較的、火山灰土の細かい黒土が深く、キャベツ、ダイコン、さつま芋、ニンジン、ゴボウ、ホウレン草等が代表的なものだが、それ以外にも何でも栽培されている。

また、果樹でもナシやキュウイ、ブドウ、ブルーベリー等も盛んだ。
このブログの「カテゴリー」内の「江戸東京野菜と生産者達」でも紹介している。

すでに、同JAでは、小平市の江戸東京野菜の栽培農家・宮寺光政さんを講師に招いて、生産者会議を開き、意欲的な6軒の生産者が集まったと云う。

何でも若い女性農業者も江戸東京野菜に注目して、取り組み始めているようで、先日、三鷹市の星野直治さんに頼んでおいた寺島ナスの苗をわけてもらって来て定植したと伺っている。

私は、まだ、生産者達とお会いしていないが、近いうちにその機会も作ってくれるだろうと期待している。

posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報