2011年05月21日

世田谷の住宅街に鶏の鳴き声が響く、吉実園の園主吉岡幸彦さんを訪ねた。


世田谷区NPO提案型協働事業に企画を提案している、岩田泰子さん( NPO法人フード・風土の副理事長 )から、昨年「野菜を楽しむ講座」に呼ばれた。

今年も、岩田さんの企画が通って、現在、区報で「世田谷 食と農の講座」の募集が行われている。

岩田さんからは、色々と相談を受けているので、今後、新たな企画を進める上で、世田谷区の農家視察をしようと云うことになっていた。

吉岡さんからは、前から遊びに来ないかと云われていたので、事情を話して見せてもらうことになった。

そんなことをあちこちで話したら、私も行きたいという方がいて6人で伺った。


1-1012.jpg


京王線千歳烏山駅から徒歩15分、住宅街の中にある6,000坪の吉実園は、通りをはさんで庭園樹圃場、野菜圃場、鶏舎、豚舎、などがある。

吉岡さんからボリスブラウン(茶)の鶏舎に入るように勧められ、皆で鶏舎に入ったが、鶏舎特有の鶏糞の匂いがしない。

吉岡さんをクリックすると、餌をついばむボリスブラウン(左)とアローカナ。

鶏の餌は、遺伝子組み換えのトウモロコシは使っていないから、餌代は高いが安心だと云う。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達