2011年05月24日

「NPO法人すぎなみ環境ネットワーク」主催のかんきょう講演会で「江戸東京野菜ものがたり」を語る。


21日(土)、「NPO法人すぎなみ環境ネットワーク」の依頼で、荻窪にある杉並環境情報館「あんさんぶる荻窪」で江戸東京野菜のお話しをしてきた。

この企画、実は昨年の12月に依頼があったもので、3月12日に開催する予定で区の広報で呼びかけたら70名からの杉並区民に申し込んでいただいた。
しかし、東日本大震災が前日に発生して延期になっていたものだ。


1-1012.jpg


「荻(おぎ)」が繁茂していた窪地」が荻窪の地名の起こりといわれ、

昔から荻窪駅の上り中央線の先頭車輌が止まる辺りの線路わきに植わっているが、

今回、伺った杉並区複合施設「あんさんぶる荻窪」の屋上庭園の一角にも荻が繁茂していた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等