2011年05月29日

旧古河庭園の洋風庭園と日本庭園を足早に散策


先日、「NPO 野菜と文化のフォーラム」の総会が女子栄養大学で開かれると云うので、駒込まで出掛けたが、1時間も早く着いたので足を延ばして旧古河庭園に向かった。


1-1014.jpg



旧古河庭園は、4月中旬からの「ツツジ」、5月中旬と10月中旬からの「バラ」、そして、11月下旬からの「紅葉」は、グラビア等で良く紹介されている。

公益財団法人東京都公園協会が管理する旧古河庭園は、同協会によると、元明治の元勲・陸奥宗光の別邸だったが、宗光の次男が古河財閥の養子になったことから、古河家が譲り受けたという。

大正3年頃、隣接地を買収して庭園とし、洋館は大正6年(1917)大谷美術館として完成したもので、洋館と洋風庭園の設計者は、明治から大正にかけて、鹿鳴館、ニコライ堂、旧岩崎邸庭園洋館などを手がけて、日本の建築界の発展に多大な貢献をした英国人建築家のジョサイア・コンドル(1852〜1920年)と云う。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報