2011年06月03日

東京都が「とうきょう特産食材使用店」第二期募集開始 !


東京都労働経済局農林水産部食料安全課では「食の安全安心・地産地消拡大事業」として、昨年に続き、今年度も、とうきょう特産食材使用店の募集を開始した。
この事業、東京の農林水産物による地産地消を推進し、その良さを広く理解いただくために行うもので


bodo.jpg

写真のボードをクリックすると、報道発表資料にリンク。


昨年度、第一期登録店として99店舗が登録されたことは、当ブログでも紹介したが、農地の多い多摩地区の飲食店の応募が少なかった。

登録店が発表された後、「知らなかった ! 」「今度はいつ募集なのか ! 」などの問い合わせが、当研究会にも寄せられた。

多摩地区には、地産地消を推進している店舗も多く、たぶん知らなかったんだろうが、今年は遅れずに、申請してもらいたいものだ。

申請は、7月29日(金)までで、登録は8月末だ。


posted by 大竹道茂 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の飲食関係

「里帰りした三河島菜」のタネが実った。


昨年の暮れに話題を呼んだ「里帰りした三河島菜」(略・里帰り菜)は、採種の段階に来た。
アブラナ科と云うことで、交雑しないように宮寺光政さんは、網室を作っていたが、ようやく莢が熟し、採種の時期を迎えた。
今後は、天候の様子を見てハウス内で莢を乾かしてから、莢を割ってタネを収集する作業に入るが、NPOミュゼダグリの皆さんが手伝って実施する予定だ。


0-1tane2.jpg


手のひらをクリックすると、「里帰りした三河島菜」の網室と、5月31日現在の莢。
当ブログのトップページ左の、カテゴリ「里帰りした三河島菜」にこれまでの経過を集めてあるが、3月23日の報告では網室を作ったことまで掲載している。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜