2011年06月04日

「NPO法人 大田・花とみどりのまちづくり」の皆さんと情報交換。


大田区は、江戸近郊の温暖な気候から、城南野菜の産地として発展した歴史がある。
その後、京浜工業地帯として都市化し、わが国の発展を支えた歴史もある。

今日でもわずかながら農地が残り、花とみどりを糧に生活し、伝統の野菜も栽培しながら、まちづくりに取り組んでいる方々がいる。


1-1ninjin.jpg

結実を待つ馬込三寸ニンジン


昨年の9月、大田区を元気にしようとがんばっている、牧野ふみよさんからメールをもらった。

牧野さんは地元大田区に新しく区民農園が開園することに伴い、「その区民農園の管理と運営の、ノウハウを持つ 区民活動団体に委託する」という公募案件に応募したことがきっかけで、何か特徴を持つ農園にしたいと、「大田区の"馬込"という地名にちなんだ 伝統野菜の江戸東京野菜、馬込三寸ニンジンと馬込半白キュウリを栽培しながら、皆さんに見てもらえるような区画を作りたい」という提案をし、昨年6月から区民農園の管理に取り組んでいるという。

牧野さんは、その後、品川汁のイベントや、江戸東京野菜の講演会に何回も来ていただきました。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等