2011年06月06日

鉄腕アトムがいる町、高田馬場で出逢った。


現役時代は勤めが新宿駅南口の近くだったから、西武線で高田馬場( たかたのばば )まで出て、JR山の手線に乗り換え、新宿に向かった。

高田馬場は、学生街だから飲食店は安い。
勤めの帰りに途中下車して学生たちで賑やかな店で良く飲んだ。

1-110.jpg

勤めが立川に移ってからは、しばらく来ることも無かったが、昨年から早稲田ミョウガの捜索で、早稲田の地域へ行くことも多くなったし、

「にほんばし江戸東京野菜プロジェクト」で、東京メトロの東西線に乗り換え「日本橋」に出たり、
「南砂町」まで行って砂村三寸ニンジンの復活に取り組む砂町小学校や、砂村一本ネギを栽培いする第五砂町小学校に行くことが多くなったから、この駅で乗り換える。

JR高田馬場駅の発車のメロディーが「鉄腕アトムのテーマソング」になって8年になるが、鉄腕アトムは漫画の設定では高田馬場が生誕の地として描かれている等の縁から決まったという。

かつて高田馬場のガード下は薄暗い感じだった。
平成17年に地域住民や商店街の人たちによって、早稲田口の環境整備に向けた話し合いの場、地域会議が設けられた。
地域会議は早稲田大学の協力で環境整備案を作成し新宿区に提案、区は東京都に持ち上げ環境整備が行われたことから、辺りは明るくなった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報