2011年06月17日

江戸東京野菜の普及推進と女性農業者への参加を呼びかけ。宮寺さんが巡回指導。


これまで、江戸東京野菜の普及に伴い、女性農業者への参加呼びかけを考えていたが、東久留米市小山で姉妹仲良く農業に取り組む、横山和子(長女)さん、直子(次女)さん、治子(三女)さんの三姉妹が江戸東京野菜に興味を持って仲間に入ってくれた。

当ブログでは、江戸東京野菜に取組むJA東京みらい(東久留米市地区)の経過について紹介したが、彼女達はこのメンバーの一員である。



2-106.jpg
写真をクリックすると、直子さんと治子さん。


私は現役時代に、三姉妹のお爺ちゃんにお世話になった。
今は亡くなられたが東久留米市農協理事も務められた立派な方だし、お父さん、叔父さんも優秀な技術をもった農業者で親しくさせていただいているので、JA東京みらいの高倉国昭次長を通してやりたいと言っていただいたのは幸いだった。

現在、夏果菜は、トマト、トウモロコシ等、何でも作っているが、江戸東京野菜としては馬込半白キュウリと寺島ナスを試作している。

宮寺さんから、馬込半白キュウリの仕立て方等について説明を受けていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達