2011年06月21日

江戸東京野菜 スタディ  <ミュゼタゲリ> 2011.6.19(日)


 「スタディ & カフェ」 は.6月19日(日)に開催された。
開会にあたり、18日に開催されたNPO法人ミュゼダグリの総会において、新たに理事長になった酒井文子氏から挨拶があった後、スタディーに入った。

スタディの講師・高橋金一さんは、日頃から当研究会の普及活動に協力をいただき、「にほんばし江戸東京野菜プロジェクト」に協力・指導を行う他、自らも伝統野菜・砂村一本ねぎの栽培に取り組む等、大所高所から理解をいただいている。

高橋さんは、小金井市の植木農家で、元全国農協青年組織協議会理事、東京都都市農業検討委員、JA 東京むさし青壮年部顧問をされている。


1-1001.jpg

「日本の野菜よ、どこへ行く〜大揺れのニッポン農業を考える〜」
ニュージーランドや石垣島などを回って、地元生産者とTPP について意見交換の最中に東日本大震災を知り、いち早く宮城の被災地へ支援物資を送ったり、JAを通じて原発風評被害の農産物の販売等を行いました。地震・津波、原発事故、TPP など、激動のニッポン農業を取り巻く問題を縦横無尽に語っていただいた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動