2011年06月24日

世田谷区NPO提案型協働事業「地域に根ざした食と農の学びと体験学習」が始まる


「平成23年度世田谷区NPO提案型協働事業 「地域に根ざした食と農の講座」で、22日はその1回目の「東京の農業と野菜  〜江戸から東京へ受け継がれてきた農業と野菜〜」が開催されたもの。

昨年も世田谷には招かれたが、今年は世田谷区の任意団体「フード・風土」の岩田泰子さんたちが、「 知っていそうで知らない世田谷の食や農について、ぜひ多くの区民に知って、体験して学んでほしい」と企画し提案したものが、審査を通り今年度4回「地域に根ざした食と農の学びと体験学習」として開催された。

1-101.jpg



同区としても、講座の中で、ミニ講座として、黒沼順子係長( 都市農業課農業振興係 )が、世田谷における農業の現状について・・・

「現在、世田谷区の農地面積や農家戸数は、23区内では練馬区に次いで2番目の規模で、生産されている農作物は、野菜に果樹、苗や花鉢物、切り花、植木や盆栽と多岐にわたっています。

 ただし、区内農家の80%以上は50a未満の小規模経営なため、多品目の農作物を少量生産し、農家の個人直売所またはJAの共同直売所などで販売する、農業経営の主流になっています。

 また、世田谷で農業を営むことについて区内農家は、新鮮な農産物を地元に供給できること、近隣の住民とふれあいながら、いわゆる「顔の見える」農業ができることを利点として農業を継続していきたいと考えています。」


また、同係の西中伸太郎主事が(パンフレットをクリックする) 、「平成23年度 ふれあい農業」について説明した。

世田谷区内産農産物 ”せたがやそだち”の販売日についても。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等