2011年07月04日

小金井経済センターに甘い香りを漂わせた、江戸東京野菜の銀マクワが並ぶ。


昔懐かしいマクワ瓜の銀マクワが収穫期を迎えた。

小金井市で江戸東京野菜を栽培する井上誠一さん宅では、昔から自家用の銀マクワを栽培していたが、一昨年、足立区の内田和子さんが自家用に栽培していたことが、新聞で紹介される等、話題になったことから、昨年からJA東京むさし小金井経済センターに出荷しはじめたもの。


1-1maakuwa.jpg


マクワ瓜は熟して、香りが漂う様になるとヘタが自然に取れるが、

井上さんはハウス栽培のために少し早めにヘタが取れたが、今後は、露地栽培をしている直売会会長の大堀耕平さん、そして鈴木沢七さんの順に熟していく模様だ。


posted by 大竹道茂 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

「江戸東京たてもの園 小暑のつどい」に、地元小金井産の朝どり野菜を販売


小金井市にある、江戸東京たてもの園では、季節ごとに様々なイベントを開催しているが、
2〜3日は「小暑のつどい」が開催された。。


1-105.jpg



「小暑のつどい」では、小金井産朝どり野菜の販売、朝顔市、ほおずき市、七夕折り紙教室、浴衣寄席等が開催された。

朝どり野菜の販売は、同園学芸員からの相談を受けたNPOミュゼダグリが、JA東京むさし小金井経済センター鴨下道永課長に出店を要請して実現したもので、直売会(大堀耕平会長)の皆さんが出店、鴨下課長も陣頭指揮で対応してくれた。(写真をクリックする

また、同園では「江戸東京野菜」を栽培しているが、上記写真の寺島ナスは、収穫の適期を過ぎて色ボケしてしまった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動