2011年07月05日

JA東京みどり「江戸東京野菜生産者による意見交換会」が今年も開催された。


JA東京みどりでは恒例の「江戸東京野菜生産者による意見交換会」が今年も秋に向けて開催された。

これまで、亀戸ダイコン、金町コカブ、伝統小松菜を栽培してきたが、昨年から、新たに寺島ナスを取り上げ、3人が栽培に加わった。

今年も、寺島ナスは、三鷹の星野直治さんから苗を購入、定植されて出荷期を迎えている。


1-1002.jpg


寺島ナスは、千両ナス等の交配種と比べると、みるからに草勢は貧弱な感じ。果実は小型で緻密だから千両ナス等と比べると硬い。

しかし、加熱するとトロミガ出て美味いナスだ


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 立川市での取り組み