2011年09月17日

江戸東京野菜「たけのこ」を導入した山路治郎兵衛勝孝の貴重な資料に触れる。


品川区の目黒駅前商店街のイベントで有名なのが「目黒のサンマ」だが、これは落語の噺。もう一つ知る人ぞ知るのが「目黒のタケノコ」で、そもそも江戸期には「戸越のタケノコ」として、神田市場では名が通っていたもの。

 築地鉄砲洲で幕府御用の回船問屋をしていた山路治郎兵衛勝孝が安永年間(1772〜81)に戸越村(現・品川区)に別邸を建てた折、同地に特産物がないことから薩摩から孟宗竹を導入した。
おかげて、村の人たちの生活が潤ったと云うことで、村人たちにとっては恩人である。

その後、目黒不動尊の茶店や山門前の料亭で季節のタケノコ飯を売り出したところ有名になり、タケノコは目黒に限ると云うことで「目黒のタケノコ」として有名になった。


1-1003.jpg


今年の3月初め、江戸東京野菜の話を頼まれて、教育大OBの会(茗渓会葛飾支部)に寄せてもらったが、
この席で、コーディネーターをされたのが、都立稔ケ丘高校統括校長の徳田安伸先生で、色々とお話をさせていただいたら、先生のご親戚がタケノコの山路家だと云うのを伺って驚いた。

私は、高校2年まで目黒で育たから、子供のころは目黒不動尊の縁日(28日)によく出かけた。だから目黒のタケノコの話も、昔から聞いていた。

先日、徳田先生の計らいで山路安清先生にお会いすることが出来。貴重な文献や、孟宗竹栽培由来記等を見せて戴いた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | タケノコ