2011年11月03日

「NPO法人 子どもの食育推進協会」から依頼されて、企業のOB会での講師に招かれた。


NPO法人 子どもの食育推進協会からの依頼で、ある大手企業にお勤めだったOBの皆さんの集まりに呼ばれた。

子どもの食育推進協会が6月に初めて企画した食育の講演に呼ばれた。
、今話題のスカイツリーの足元で、江戸東京野菜の話を聞いて、その料理を「よしかつ」で食べると云う企画は好評で、その後、後輩や奥さんを連れて食べにきたと云う方が何人かいたという話を聞いた。




1-1tabi.jpg


今回も、スカイツリーを見上げる「業平三丁目集会所」に集まって戴いた。
NPO子どもの食育推進協会からは、前回もお世話になった本部事務局の山本温さんと、山下太一さん、今回初めての永久馨さんと3人が支えてくれた。

地下鉄半蔵門線の押上駅から、徒歩5分に手頃な会議室がある。

午前中にOB会の総会が行われ、現役組も参加して母体企業の最近の動向等も報告されて、その後の講演だった。私の話は1時間弱だったが、江戸東京野菜には、一つひとつに物語があると云うことで、昔話をするとその都度うなずいてくれる等、話し易い皆さんだった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等