2011年11月05日

生産者・宮寺さんと食べるミクニマルノウチのランチに、感激のボランティアさん。


久しぶりに、ミクニマルノウチに出掛けたが、休日とあって、三菱一号館美術館とHANAHIRO等、丸の内ブリックスクエアのある一角は、カップルなどで賑わっていた。




0-1009.jpg


江戸東京野菜の栽培に情熱を傾ける、小平の宮寺光政さん。

今年の夏から日曜日毎に宮寺農園で農作業の手伝いをしながら栽培の勉強をしている、佐藤利子さんと最近加わった戸川明美さんに、収穫した農産物がどのように消費されているかの勉強として、ミクニマルノウチに連れて行くので、来ないかとランチのお誘いを受けた。

写真をクリックする。 ミクニマルノウチには少し早めに着いたが、中川武廣総支配人が迎えてくれた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜