2011年11月13日

都立瑞穂農芸高校でも江戸東京野菜を学習。「江戸東京野菜を食べてみたい!」


先月、都立瑞穂農芸高等学校(岡本利隆校長) から呼ばれて伺った。
同校は、東京では唯一畜産科学科がある都立高校で、今年は中止になったが、多摩ホルスタイン改良同志会が開催する、「多摩ブラック&ホワイトショウ」( 会場・青梅畜産センター )で毎年優秀な成績を上げている。




1-1016.jpg
2010年4月撮影


昨年、都立農業系高校の校長会で江戸東京野菜のプレゼンテーションを、押しかけでさせて戴いた時、同校の 岡本利隆校長にご挨拶をさせて戴いた。

岡本校長は時間をつくりますと云うことで、今年の3月14日に園芸科学科の1・2年生(68名)を対象に時間をとって戴いたが、大震災直後だったことで延期になっていたもの。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組