2012年01月07日

立川地区で栽培される亀戸ダイコンが、専門の割烹店に出荷が始まる。


JA東京みどり( 高橋信茂組合長 )の江戸東京野菜生産グループは、着実な品質の向上を図っており、昨年からは、亀戸の割烹「升本」からの依頼に応えて出荷をするようになったが、今年も亀戸ダイコンの出荷時期を迎え、清水繁雄さんのお宅に、清水理作さん、栗原一男さんが荷を持って集まった。



1-1006.jpg



升本には、400本/回 を週2回、12月から2月までの予定で出荷している。

理作さんと繁雄さんはこれまでハウスで亀戸ダイコンを栽培してきたが、栗原さんは、今年初めて、しかも露地での栽培だったことから、このところの寒気に凍ってしまったものもある等、ようやく荷が揃う様になったが、苦労が多かったようだ。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 立川市での取り組み