2012年01月08日

1月のNPO法人ミュゼダグリの農家見学会は、小平の岸野農園を訪ねた。

都政新聞の取材と合わせて実施している、ミュゼダグリの農家見学会は小平の岸野農園に伺った。

岸野農園園主の岸野昌さんは、9月24日に当ブログで紹介しているが、同じ小平の宮寺光政さんから依頼されてから江戸東京野菜の栽培を始めた。
これまで滝野川ゴボウ、青茎三河島菜、品川カブを栽培するなど、伝統野菜の栽培に意欲的な1人だ。




1-1004.jpg

農家見学会に先立ち、都政新聞では、滝野川ゴボウを取材したいと云うので、岸野さんに依頼して了解を得ていた。

集合場所は、小平駅南口ロータリーで待ち合わせ、車2台に分乗して岸野さんの畑に向かった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達