2012年01月17日

新宿区立大久保小学校で「カブトムシの飼育教室」カブトムシ博士・榎本輝夫氏が指導。


新宿区の「NPO法人森とでんえん倶楽部」の榎本輝夫さん( JA東京中央会部長 )は、この程、新宿区立大久保小学校3年生(30名・担任牛込先生、副担任岡村先生 )の総合学習で「カブトムシの育て方」を実施した。

同校では、昨年の秋、立川昭和記念公園に遠足に行った際、立川市内の農家からカブトムシの幼虫を沢山( 100匹位 )譲り受け、併設する区立大久保幼稚園や、生徒の家族等に譲り、現在30匹程を3年生が教室で育てている。



1-1001.jpg


12月1日に、大久保小学校で江戸東京野菜のお話をさせてもらった時に、岡村先生から3年生がカブトムシを育てていて、飼育の指導者を探していると聞いたので、
「カブトムシ博士」として、毎年新宿区で、冬と夏に「カブトムシ教室」(主催・NPO法人森とでんえん倶楽部 )で指導をしている榎本さんを紹介した。

NPO法人森とでんえん倶楽部では、5年くらい前になるが、私も一緒に新宿区のお子さん方を相手に活動していたこともあり、よく知っていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報