2012年01月18日

葉画家・群馬直美さんが直接指導する「農とARTのワークショップ」は盛会裏に修了、展覧会は新聞で紹介される。



葉画家・群馬直美さんの展覧会、「葉っぱの詩」展は昨年12月3日から、立川の国営昭和記念公園 花みどり文化センターで今月末まで実施されているが、NPO法人ミュゼダグリでは、同公園花みどり文化センター研修室において「農とARTのワークショップ」として、群馬さんの「江戸東京野菜講座」3回講座も開催された。



1-1002.jpg


12月10日の第一回は「しんとり菜を描こう。」で、カラーブラッシュで描いた。

12月17日の第二回は「伝統小松菜の後関晩生を描こう。」で、シャープペンシルで描いた。

2012年1月7日の第三回は、「亀戸ダイコンを描く。」で、カラーブラッシュとシャープペンシルを使って描いた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動