2012年02月29日

都市大付属小 "こころときもちが元気になる! "「ミクニレッスン」 調理実習に地元のシェフもやってきた。


東京都市大学付属小学校のミクニレッスンを受けている4年生は桜組( 担任秋山斉先生 )と桐組( 担任橘志保先生 )で、8時50分から、野菜の収穫作業が行われたことは、昨日、当ブログで紹介したが、

調理実習は、桜組は(10:40〜12:40)調理した後昼食になるが、桐組は(13:00〜15:00)は、軽食を食べてからの調理になった。しかし、自分で調理したものは格別だったようだ。



1-1067.jpg


さて、今回のレッスンに、協力してくれるシェフを募ったところ、食育に興味を持っているシェフ達が応募してくれたのだと云う。

写真右から、
世田谷区奥沢にあるフランス料理店「奥沢サクレクール」の高三瀦 修(たかみずまおさむ)シェフ。
世田谷区桜にあるイタリア料理店「ジータ」の福田耕ニシェフ。
横浜の「ミクニヨコハマ」の難波秀行シェフ

三國清三シェフ。
世田谷区池尻にあるフランス料理店「ラ・テール・メゾン」根本篤シェフ
世田谷区池尻にある野菜の「レストランホク」の井上和洋シェフ
東京四ッ谷「オテルドゥミクニ」の瀬戸貴士シェフ。

豪華メンバー。

横浜野菜推進委員会 椿 直樹シェフと、潟沼潤シェフーは写真を撮る前に帰られた。

上の写真をクリックする。

ご父兄は別室で生徒達と同じ料理を食べられたが、三國清三シェフが、各シェフを紹介。
シェフたちは得意の料理などを紹介した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年02月28日

東京都市大付属小の「 ミクニレッスン」は、江戸東京野菜の収穫作業で始まった


東京都市大学付属小( 重永睦夫校長 )の「第11回 ミクニレッスン」は、27日の8時50分から始まった。三國清三シェフを始め、我々も6時起きだった。
昨年の、11月21日に蒔いた野菜のタネは、陽だまりでそれなりの生育を見せていたが、一部の野菜の収穫は生育が遅れていることから、後日生育してから採ると云うことになった。



1-1024.jpg


昨年の12月7日、タネを蒔いたあとの2週間後に宮寺さんと、同校を訪れ、生活設計部長・滝澤宣頼教諭の立会いのもと発芽状況を確認しているが、このことは、当ブログで紹介している。

品種によっては発芽にバラつきはあるものの、一応発芽していて一安心だった。

その後、レッスンの一週間前に、改めて確認したが一部を除けば、十分にレッスンで使える目処が立った。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年02月27日

玉川上水の畔で「武蔵野 愛情うどん物語」を食べてきた。


ひと雨ごとに、春が忍び寄っているのがそこここに感じられるようになった。
大きな瓶に、無造作に入れられた梅の花がほころびはじめていた。
朝からの雨が、昼すこし前に上がった。
玉川上水を覆う並木は落葉し寂しげだが、このあたりの上水は小さな滝を作りながら流れている。



1-1003.jpg

玉川上水の小川橋を東に下ったところに手打ちうどんの幟が立っていた。
幟に誘われて入って行くと、「オープンガーデン もりた」とある。
洋風な庭と、手打ちうどんのギャップは面白い。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2012年02月26日

小平で江戸東京野菜を栽培する宮寺農園の近くに「いなげや小川橋店」がオープンした。


小平市の小川で江戸東京野菜を栽培している宮寺光政さんのお宅から軽トラで2〜3分の所に、「いなげや小川橋店」が数日前の23日にオープンした。

同店では、入口の所に地場野菜コーナーを設けて、宮寺光政さんを始めとして小平地区17名の生産者の顔写真が貼られている。



1-1002.jpg


宮寺さんは、地元JA東京むさし「小平経済センター」と、「いなげや学園西町店」「東京シティ青果」に納めている他、丸の内の「ミクニマルノウチ」、小平・一ツ橋学園の中国宮廷麺「なにや」と「喜楽鮨」、品川の「まるだい大塚好雄商店」とこだわりの店に納めているが、新たに「いなげや小川橋店」に納品することになったもの。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2012年02月25日

練馬の講演に、「江戸東京野菜」の新たな展開を予測する方々が来てくれた。


JA東京あおば赤塚支店で先週お話したが、今度は練馬地区の皆さんの会から招かれた。
ここでも、顔見知りの皆さんが懐かしさも手伝って大勢来てくれた。
特に、今回、この企画を立ててくれた奥山久男さんが、大竹が来るから来ないかと誘ってくれたので、懐かしい農家の方々に会うことが出来た。




1-1001.jpg


奥山さんは、勤め先は異なるものの同い年で、昭和40年度の日本大学全学応援団長だったから今もって行動力がある。

一昨年、新宿で江戸東京野菜の話をした時に、聴いてくれていて、

今回江戸東京野菜が話題になっているからと提案してくれたもので、懇親の席では、懐かしい方々に次々にお酌をしていただき、旧交を温めることができた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2012年02月24日

小平・一ツ橋学園の喜楽鮨が24日(本日) ニュースエブリー(日テレ)で放送される。


小平の一ツ橋学園にある喜楽鮨の米山貴博さんは、これまで、宮寺農園( 園主・宮寺光政さん )が栽培した江戸東京野菜を使って創作鮨に取り組んでいて、当ブログでも紹介してきた。
本日、16時53分から放送される。




2-1003.jpg


卵焼きをクリックすると同店にリンクする。


この程、ニュースエブリー(日本テレビ)の取材があり、宮寺農園の伝統小松菜、ホウレン草、亀戸大根、東京ウコッケイの卵、を使用した料理を披露した。

本日、16時53分からニュースエブリー(日テレ)で放送される。ご覧ください。

私も、前にごちそうになったが、絶品だった。

posted by 大竹道茂 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

都政新聞が連載する「東京育ちの美味探訪」2月号は、江戸川の若い後継者の一人、木村重佳さんを訪ねた


都政新聞が連載する「東京育ちの美味探訪」2月号は、江戸川の若い後継者の一人、木村重佳さんを訪ねた。
このことは2月7日に、NPO法人ミュゼダグリが実施した農家見学会を、合わせて実施したから、当ブログで紹介した。



kimura.jpg


上の写真をクリックするとリンクする


江戸川区の代表的な農業は、歴史と結びついた象徴的な農産物が今に伝わっている。

かつては、穀倉地帯であったが、昭和30年代後半には周辺住宅から排出される下水によって用水が機能しなくなり水田は畑に切り替えられ、昔から栽培されてきた小松菜の栽培が拡大していった。

また、江戸の夏の風物を伝える、アサガオ、ほおづき、釣り忍、等、花卉栽培も熱心な地域だ。

そんな、江戸川の小松菜農家の後継者・木村重佳さんが始めた亀戸ダイコンの栽培。
亀戸ダイコンの専門店、亀戸「升本」へ納めながら腕を磨いてきた。

posted by 大竹道茂 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2012年02月23日

江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会のニュースが全国に配信された。


江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会の話題が、全国に配信された。

小金井市と小金井に活動拠点を置くNPO法人ミュゼダグリ( 理事長・酒井文子 )とが、都のモデル事業、「江戸東京野菜コンシェルジュ育成事業」を2011年度から取組み始めた。

この程、同協議会の事務所( 小金井市本町1-20-3-201 )が開設されたが、初めてのお客様として、共同通信の大村峰晴東京支局次長が訪ねてくれた。



0005.jpg


大村次長に一通りお話ししたところで、何か写真が一枚欲しいと云うので、事務所に近い、JA東京むさし小金井経済センターに電話を掛けた。

丁度、本町の鴨下永孝さんが伝統小松菜と亀戸ダイコンを持ってきたところだと云う。

早速、センターに伺い、職員の細田恭子さんに頼んで、鴨下さんの伝統小松菜と亀戸ダイコンを持ってもらったが、笑顔が良い。

この記事は、全国に配信され、これまで、17日に信濃毎日、20日に千葉日報、22日に産経新聞東京版と、東奥日報に掲載された。

その後、デーリー東北(2月23日付)、茨城新聞(3月7日付)にも掲載され、掲載率が高いようだ。


posted by 大竹道茂 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2012年02月22日

桜の名所 小金井で、江戸東京野菜のお花見弁当を食べよう。


2008年から始まった小金井市のお花見弁当フェアーは、昨年はポスター、チラシまで出来上がったが、震災で、日本中がお花見どころではなくなってしまった。
今年は3月24日〜4月8日のお花見弁当フェアーの準備が整い、パンフの配布等が始まった。
小金井市の農家が栽培した、伝統小松菜、しんとり菜、のらぼう菜、金町コカブ、亀戸ダイコンと、春の江戸東京野菜5種類を使っている。
今年は、昨年にも増して22店舗が参加する。


1-1mg797.jpg


上の写真をクリックする


都立小金井公園、都立武蔵野公園、都立野川公園を始め、玉川上水流域、野川流域など、桜の花をめでる場所は、数えきれない。
自宅に取り寄せて食べるのもよし、桜が咲くもとで食べるのもよしで、今年も桜の花咲く小金井を満喫しましょう。

市内シェフ・料理長による春の食事会(一日だけの特別メニュー)の他、江戸東京野菜を使った料理教室なども予定されていて、3月2日から電話で募集する。
電話042-387-9831小金井市経済課
posted by 大竹道茂 at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2012年02月21日

板橋区の農家の皆さんに江戸東京野菜の近況を伝える


JA東京あおば板橋地区の組合員で組織する資産管理部会の皆さんから招かれた。

殆どの皆さんとは、10年振りの再会で、「農地の宅地並み課税」に反対する運動を15年ほど続けてきた時の顔見知りの皆さんが集まった。



1-1003.jpg

後継者に農業を任せた方ばかりだから、イントロで当時の運動を振り返っても見た。

その後、江戸東京野菜の最近の情勢について報告をしたが、やはり板橋の話になると皆さん乗り出してきた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2012年02月20日

北区で食育などを研究をする先生方に、地元の伝統野菜「滝野川カブ」の栽培をすすめる。


北区立浮間小学校( 渡辺三枝子校長 )に伺った。
浮間と云うと、荒川流域の桜草が有名で、同校には日本桜草の庭園と記念碑ある。

冷たい風が吹いていたが、校舎の陽だまりにある花壇では、菜の花が咲きはじめていていた。



1-1nanohana1.jpg

昨年の12月中旬に北区教育研究会食育研究部朝比奈芳美部長( 北区立稲田小校長 )からメールを戴いた。

北区教育研究会の食育研究部では2011年、地産地消・地場産物の活用として研究を進めてきたが、2月に、北区立浮間小学校を会場に、栄養教諭、給食主任、栄養士、関係教諭が集まり、実践報告会を予定しているという。

上の画像をクリックする
そこで、実践報告会のあと、江戸東京野菜の話をしてもらいたいと云うものだった。

2月4日に、北区の「食育フェア」でお話しすることもご存じだったが、実践報告会として、計画したいと云うことだった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2012年02月19日

第4回スタディ&カフェは「あなたの食が地球を変える」フードマイレージの中田哲也氏を招いて。


「スタディ&カフェ」が昨年10月からリニュアルしてから、毎回色々な方が参加してくれるようになった。
今回は、フードマイレージの権威、中田哲也氏を招いてのスタディ&カフェは、「あなたの食が地球を変える」〜江戸東京野菜とフードマイレージ〜。
初めての方が多い。




1-1002.jpg

「私たちの食の激変」した背景から始まったお話は、海外からの大量の輸入食料に依存するようになり、食料自給率の減少、食料の外国依存の傾向の中での世界の生産条件が悪化している現状。地球とつながる我々の食。

そして、「フードマイレージ」について。
輸入食料の大量・長距離輸送により排出される二酸化炭素の量は16.9百万t。
地産地消のケースタディは、小松菜のフード・マイレージ。
参加者にとって「小金井産の小松菜」は分かりやすかったようだ。
改めて、私たちにできることは「食事バランスガイド」を参考に『日本型食生活』の実践を心がけるようにとした後、
今後、自分の食べものが、何処で、誰によって作られ、どのように運ばれてきたかを、常に意識するようにと結ばれた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2012年02月18日

スカイツリーで「江戸東京野菜」を食べよう。


スカイツリーが今月29日に完成を迎えるが、事業主体の東武鉄道ではこのほど、スカイツリーの商業施設などについてプレス発表を行った。

この施設内では、東武ホテルが「江戸東京野菜」を食材の目玉に使う「スカイレストラン634」をオープンするという。

このことについては、毎日新聞東京版が報道している。



sky1.jpg


上の写真をクリックすると、スカイレストラン634(むさし)等のプレス用資料。

ただ、まだ具体的な話はない。そのうちに、年間を通しての、食材の相談もあるのだろう。


なお、スカイツリーの足元、亀戸大根の故郷、亀戸からは割烹「升本」が亀戸大根が入ったお弁当販売コーナーの出店を予定している。


2012年02月17日

立川吉笑が語る「江戸東京野菜」の一席で、居酒屋「うおこう」の二階は満員御礼。


第二回高円寺演芸まつり」は、10日から19日まで、高円寺の商店街で開催されている。

高円寺北地区町会連合会の「庚申通り商店街」にある鮮魚店「魚浩」と居酒屋「うおこう」の女将・松井つるみさん(NPOミュゼダグリ会員)が、居酒屋の二階に高座をしつらえて、若手落語家、立川流の立川吉笑(前座)さんに江戸東京野菜の話を語らせようと企画した。

冷たい雨が降りしきる中、大勢の皆さんが集まった。



1-1006.jpg

立川吉笑さんは4月に一年で「前座」から「二つ目」に昇格する予定の若手落語家の中でも有望株。

落語協会では前座から二つ目に昇格するのに4年前後。落語芸術協会と、円楽一門会が3年、それに比べて立川流は、古典落語を50席、唄、踊り、三味線等一通り出来ると、年数は関係なく昇進できると云う。

その吉笑の三席とミック入来の野菜ソング。

狸の恩返しすぎ(自作)
鮫講釈

大根屋騒動(自作)


大蔵大根、練馬大根、亀戸大根の3人の売り子が、大根を売るために奮闘する様子を面白可笑しく描いたお噺。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 22:24| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2012年02月16日

平成24年度の荒川区教育研究会給食・食育部の発表が同区諏訪台中で行われた。


荒川区の先生方との出会いは、2010年12月に、里帰りした三河島菜が新聞に載ったこともあり、尾久宮前小の鈴木恵理栄養教諭と、第三日暮里小の栄養士・清水一枝先生が、宮寺光政農園に訪ねてきたことからだ。



1-1003.jpg

荒川区教育研究会では、平成23年度の研究発表大会が、西日暮里の区立諏訪台中学校で開催された。

同研究会には、大橋昭彦先生(第三峡田小校長)をはじめ、羽中田彩記子先生(汐入東小統括校長) 刑部之康先生( 原中校長)がお見えになっていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜

2012年02月15日

〜Project for Food Consciousness〜 日伊共同シンポジウム・セミナー・ラボラトリー、 イタリア味覚教育センターによる児童向け「食と感覚の授業」


政府が伝統的な日本料理をユネスコ無形文化遺産に申請することを許可したという、ニュースが伝わってきたが、その日本食を育ててきたのが、日本人の味覚である。

江戸東京野菜を含め、在来の伝統野菜には、「渋み」、「えぐみ」、などもあり、それが調理で旨みに変っていくものも少なくない。
しかし、最近の野菜を例にとると、高度な品種改良により、「甘い」、「柔らかい」、「臭いの薄い」野菜に変ってきていて、伝統の在来野菜と比べるとその違いの大きさに驚かされる。

それだけに、子どもたちの味覚に不安感を抱いていた一人であった。

そんな折に、2月12日(日)、イタリア味覚教育センターによるラボラトリー 「児童向け食と感覚の授業 感覚のABC」を参観してきた。



1-112 (4).jpg


ラボラトリーへの受講者(子供)と、参観者は学習院女子大、互敬会館1階ホールに集まった。

初めに、品川明教授( 学習院女子大学フードコンシャスネス実行委員長) がお気に入りの前かけで二階から登場、ラボラトリーの進行や注意について、身振り手振りを交えて、子どもたちの不安感をぬぐう様に説明した。

特に、ビデイオ等、子どもを被写体に写真撮影をすることをご父兄に了解をとったが、皆さん好意的で、当ブロガーもホッとした。
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 10:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2012年02月14日

鰹節の老舗八木長本店が「野菜の焼菓子」とは、その意外性もあって面白い。


日本橋・天ぷらの老舗「天茂」の四代目奥田秀助さんからは、度々、情報をいただいている。

奥田さんの母校・日本橋の中央区立常盤小学校で寺島ナスの栽培を始めたのも、奥田さんから戴いた情報から始まったものだ。

私が、野菜菓子のコレクションをブログ上でしているのを知っている奥田さんは、今度は「野菜の焼菓子」を送ってくれた。

何でも、父親である三代目の宣男さんが、日本橋の老舗鰹節店・八木長本店に寄った時に、珍しい野菜の焼菓子を見つけて買ってきた。
家族で食べたら美味しかったと云うので、送ってくれたもの。




1-1001.jpg

元文2年(1737)、八代将軍吉宗の頃に創業した、鰹節店のメニューとしては意外性があり、奥田さんも手に取ったものだと思う。

ノンフライの野菜菓子なので、フンワリ感とサクサク感、しかも、トマト、アオエンドウ、ムラサキイモ、トウモロコシの四種類の色のバランスも良く、それぞれが味の面でも主張しているから美味しい。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2012年02月13日

〜Project for Food Consciousness〜 日伊共同シンポジウム・セミナー・ラボラトリー、学習院女子大学フードコンシャスネス実行委員会が開催。


学習院女子大学フードコンシャスネス実行委員会( 品川明委員長 )が文部科学省、農林水産省、イタリア大使館の後援を得て開催する、日伊共同シンポジウム・セミナー・ラボラトリーは、味覚教育の先進国、イタリアから大勢の先生方を招いて、食教育の可能性を考えると云うもの。

題して「食から耕す未来と文化」。このセミナー・ラボラトリーは11日(土)から15日(水)の間、開催されるが、初日の11日、先生方にお会いしてきたので、報告する。




1-1shina4.jpg


上の写真をクリックする。
30分前に着いたら、お誘いを戴いた磯部泰子先生が気がついてくれて、実行委員長の品川明教授を紹介してくれたが、品川先生は、学生に命じて記念撮影をしてくれた。

イタリアから遠来のお客様を招いてだから迷惑をかけてはと遠慮をしたが、何かとお気遣いを戴いた。

尚、実行委員長の品川明教授と運営委員長の江口泰広教授の挨拶文は、当日の資料を添付する
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2012年02月12日

「聖バレンタインデー」のチョコレートが届いた。 戴けるのは嬉しいものだ。


バレンタインデーにチョコレートが贈られるようになったのは、何時頃からだったろうか、
私の若い頃、1960年代初めには無かったから、バレンタインデーのチョコレートが仕来りのようになってからは、戴けるのは義理チョコばかりだった。



1-1sano.jpg


昨日、わが家にチョコレートが届いた。
メッセージの片すみに2012.3.14の日付が入っているから、バレンタイン チョコのようだ。
現役を退いてしばらくなるから、義理チョコすら遠のいていたが、戴けるのは嬉しいものだ。

贈って頂いたのはフードコミュニケーションプランナーの佐野弥生子さんで、日頃から江戸東京野菜について色いろとアドバイスや情報を提供していただいているが、改めてに感謝だ。

上の写真をクリックする。
何でも、友人のアロマセラピストと一緒にプロデイユースし商品コピーも手がけたチョコレートだそうだ。

一日のスタートに6つの気分を演出するチョコレートをどうぞ!」とある。

ベルコラーデのカカオ原産国別チョコレートに「フードペアリング」でアロマが共通する食材を組み合わせたコレクション。
上左から、モチベーション 刺激的なブラックペッパーの香りに愛らしいストロベリーやフランポワーズ・・・

ハッピー  前向きな気持ちを高めてくれそうなグレープフルーツの香り。・・・・

リフレッシュ ふわっと広がる甘みをフレッシュスペアミントが後味をすつきり軽くします。・・・・

下左からインスパイヤ 叡智、目覚め、希望のニュアンスのあるアーモンド・・・

コンセントレーション 高ぶる感情と散漫な気分を安定させ雑念を取り去ってくれそうなショコラ。・・・・

ブライトリー 深い歓喜を呼び覚ますマンダリンの香りに、ほのかに香るラベンダーが・・・

ティタイムで 戴きます。

そうそう、

「このベルコラーデのチョコと江戸野菜をフードペアリングでコラボさせて、来年のバレンタインに向けて、実現できないかと考えています。」とも書いてくれた。


posted by 大竹道茂 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2012年02月11日

高円寺演芸まつり、居酒屋「うおこう」で「江戸落語を聴いて 江戸東京野菜を食べよう」


「高円寺演芸まつり」が昨年に続き、今年も2月10日からはじまった。
今年は、「東日本復興支援 みんなでつながろう!」としている。

この演芸まつり、高円寺北地区町会連合会、高円寺中央地区町会連合会、座・高円寺地域協議会が主催、高円寺商店街連合会が共催していて、この連合会に加盟しているお店で、高座スペースのあるお店が会場となっている。


1-1001.jpg


今年は、古今亭志ん輔師匠をはじめ、桂平治、三笑亭夢花、三遊亭金八、春風亭傳枝、笑福亭瓶二、昔々亭慎太郎、立川談笑、林家彦一、柳家彦いちなど、真打22名をはじめ、二ツ目、前座などを加えると、60数名の芸人が42か所の会場に出演する。

高円寺北地区町会連合会の「庚申通り商店街」にある魚屋「魚浩」直営の定食・居酒屋「うおこう」の二階に高座ができる。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介