2012年02月10日

関東農政局 東京地域センターが「平成23年度、農林水産情報交流ネットワーク事業モニター等交流会」を大手町で開催した。


関東農政局 東京地域センター(元東京農政事務所)では、7日大手町合同庁舎第3号館5階に、生産者モニター、流通加工業者モニター及び消費者モニターを集め、食や農業の課題等について意見交換を行い、相互の理解を深める交流として、毎年度「農林水産情報交流ネットワーク事業モニター等交流会」を開催しているが、今年度は「江戸から東京へ〜伝統野菜と地域の結びつき〜」をテーマに開催された。



1-1001.jpg

出席されたモニターは38名、内、生産者1名、流通加工業者8名、消費者29名の他。

東京都農業振興事務所からは、小澤あづさ農務課農政係長、
農林水産省農村振興局都市農村振興課都市農業室の遠藤浩由企画官、
関東農政局企画調整室の吉岡崇治企画官(総括)、

主催の関東農政局東京地域センターからは、岩垂肇センター長、石田道一次長、真坂利則 農政推進グループ長、須田昭彦 食品産業チーム長、佐藤博尚 表示・規格チーム長、中兼哲夫 統計実査チーム長。

関東農政局からは、一昨年6月「地域リーダー・有識者との意見交換会」、昨年1月には「日本食と健康長寿」のシンポジウム等に、呼んでいたたいたことがあった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等