2012年02月17日

立川吉笑が語る「江戸東京野菜」の一席で、居酒屋「うおこう」の二階は満員御礼。


第二回高円寺演芸まつり」は、10日から19日まで、高円寺の商店街で開催されている。

高円寺北地区町会連合会の「庚申通り商店街」にある鮮魚店「魚浩」と居酒屋「うおこう」の女将・松井つるみさん(NPOミュゼダグリ会員)が、居酒屋の二階に高座をしつらえて、若手落語家、立川流の立川吉笑(前座)さんに江戸東京野菜の話を語らせようと企画した。

冷たい雨が降りしきる中、大勢の皆さんが集まった。



1-1006.jpg

立川吉笑さんは4月に一年で「前座」から「二つ目」に昇格する予定の若手落語家の中でも有望株。

落語協会では前座から二つ目に昇格するのに4年前後。落語芸術協会と、円楽一門会が3年、それに比べて立川流は、古典落語を50席、唄、踊り、三味線等一通り出来ると、年数は関係なく昇進できると云う。

その吉笑の三席とミック入来の野菜ソング。

狸の恩返しすぎ(自作)
鮫講釈

大根屋騒動(自作)


大蔵大根、練馬大根、亀戸大根の3人の売り子が、大根を売るために奮闘する様子を面白可笑しく描いたお噺。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 22:24| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介