2012年02月22日

桜の名所 小金井で、江戸東京野菜のお花見弁当を食べよう。


2008年から始まった小金井市のお花見弁当フェアーは、昨年はポスター、チラシまで出来上がったが、震災で、日本中がお花見どころではなくなってしまった。
今年は3月24日〜4月8日のお花見弁当フェアーの準備が整い、パンフの配布等が始まった。
小金井市の農家が栽培した、伝統小松菜、しんとり菜、のらぼう菜、金町コカブ、亀戸ダイコンと、春の江戸東京野菜5種類を使っている。
今年は、昨年にも増して22店舗が参加する。


1-1mg797.jpg


上の写真をクリックする


都立小金井公園、都立武蔵野公園、都立野川公園を始め、玉川上水流域、野川流域など、桜の花をめでる場所は、数えきれない。
自宅に取り寄せて食べるのもよし、桜が咲くもとで食べるのもよしで、今年も桜の花咲く小金井を満喫しましょう。

市内シェフ・料理長による春の食事会(一日だけの特別メニュー)の他、江戸東京野菜を使った料理教室なども予定されていて、3月2日から電話で募集する。
電話042-387-9831小金井市経済課
posted by 大竹道茂 at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介