2012年02月24日

小平・一ツ橋学園の喜楽鮨が24日(本日) ニュースエブリー(日テレ)で放送される。


小平の一ツ橋学園にある喜楽鮨の米山貴博さんは、これまで、宮寺農園( 園主・宮寺光政さん )が栽培した江戸東京野菜を使って創作鮨に取り組んでいて、当ブログでも紹介してきた。
本日、16時53分から放送される。




2-1003.jpg


卵焼きをクリックすると同店にリンクする。


この程、ニュースエブリー(日本テレビ)の取材があり、宮寺農園の伝統小松菜、ホウレン草、亀戸大根、東京ウコッケイの卵、を使用した料理を披露した。

本日、16時53分からニュースエブリー(日テレ)で放送される。ご覧ください。

私も、前にごちそうになったが、絶品だった。

posted by 大竹道茂 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

都政新聞が連載する「東京育ちの美味探訪」2月号は、江戸川の若い後継者の一人、木村重佳さんを訪ねた


都政新聞が連載する「東京育ちの美味探訪」2月号は、江戸川の若い後継者の一人、木村重佳さんを訪ねた。
このことは2月7日に、NPO法人ミュゼダグリが実施した農家見学会を、合わせて実施したから、当ブログで紹介した。



kimura.jpg


上の写真をクリックするとリンクする


江戸川区の代表的な農業は、歴史と結びついた象徴的な農産物が今に伝わっている。

かつては、穀倉地帯であったが、昭和30年代後半には周辺住宅から排出される下水によって用水が機能しなくなり水田は畑に切り替えられ、昔から栽培されてきた小松菜の栽培が拡大していった。

また、江戸の夏の風物を伝える、アサガオ、ほおづき、釣り忍、等、花卉栽培も熱心な地域だ。

そんな、江戸川の小松菜農家の後継者・木村重佳さんが始めた亀戸ダイコンの栽培。
亀戸ダイコンの専門店、亀戸「升本」へ納めながら腕を磨いてきた。

posted by 大竹道茂 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介