2012年02月28日

東京都市大付属小の「 ミクニレッスン」は、江戸東京野菜の収穫作業で始まった


東京都市大学付属小( 重永睦夫校長 )の「第11回 ミクニレッスン」は、27日の8時50分から始まった。三國清三シェフを始め、我々も6時起きだった。
昨年の、11月21日に蒔いた野菜のタネは、陽だまりでそれなりの生育を見せていたが、一部の野菜の収穫は生育が遅れていることから、後日生育してから採ると云うことになった。



1-1024.jpg


昨年の12月7日、タネを蒔いたあとの2週間後に宮寺さんと、同校を訪れ、生活設計部長・滝澤宣頼教諭の立会いのもと発芽状況を確認しているが、このことは、当ブログで紹介している。

品種によっては発芽にバラつきはあるものの、一応発芽していて一安心だった。

その後、レッスンの一週間前に、改めて確認したが一部を除けば、十分にレッスンで使える目処が立った。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜