2012年03月31日

築地市場の東京シティー青果で江戸東京野菜の担当者が異動。新たな担当者に期待。


異動の季節で、行政、JA、学校など、江戸東京野菜にかかわった方々が、新天地に異動され、代わって新しい方々が来られるようだ。

先日、築地市場の東京シティー青果で江戸東京野菜を担当者として活躍してくれた、西口敏男さんが異動で、部長と新任の担当者が挨拶に来られた。

江戸東京野菜と東京シティーのつながりは、2006年にさかのぼる。
日本橋割烹「ゆかり」の二代目野永喜一郎氏が、京都に京野菜、金沢には加賀野菜があるんだから東京には江戸野菜があるのではと、探してくれていた。

当時12月の築地では、練馬大根、滝野川牛蒡、小松菜、千住葱しか手に入らない。他にも伝統野菜があるなら生産してくれと云ってくれた。

築地では、お辞めになった野田裕さんが2003年頃から、「近在蔬菜」として、市場の片隅で細々と扱ってくれていて、2008年頃から「江戸東京野菜」の名前で扱うようになったもので、2009年11月には生産者から消費者まで会員とする江戸東京野菜普及推進連絡協議会を設立し、野田さんの退職後は、西口さんが頑張ってくれていた。



0001.jpg


東京シティー青果の機構では、江戸東京野菜は営業推進部で担当していたが、新たに4月からは、江戸東京野菜など地方の伝統野菜は、開発部の朱亀寿美朗部長のもとで「こだわり農産物」として取り扱われ、新たに高橋磨諭さんが、西口さんに代わって担当することになったと云う。

西口さんの異動先は、野菜一部一課(千葉、群馬、栃木 )の一般野菜担当だそうで、激励をしておいた。

上の写真をクリックする。
朱亀部長と高橋さんは、「江戸東京野菜の噂は聞いている」という感じだが、早く慣れていただきたいものだ。

築地市場も29日の都議会で豊洲移転の予算が成立したことで、14年度中には豊洲市場が開場される。
これに伴って、シティーでも産地別から、作物別に市場内の売り場も変えるなど、豊洲移転の準備が始まる。
江戸東京野菜も、移転までに更なる生産の拡大と、取引の拡大を図っていきたいと思っている。

posted by 大竹道茂 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2012年03月30日

江戸東京野菜に注目する日本橋「藪伊豆総本店」で、至福の蕎麦三昧。


月刊日本橋の堺美貴社長から、同社が主催している「にほんばし江戸東京野菜プロジェクト」2012年度の打ち合わせがしたいとメールが入った。

同社のこれまでの取り組みは当ブログでも紹介してきた

堺社長には2007年に月刊日本橋で特集を組んでもらったのが、きっかけで、「にほんばし江戸東京野菜プロジェクト」によって、日本橋地区の老舗の皆さんに江戸東京野菜に親しんで栽培してもらっている。



1-1yab4.jpg


夕食でも、と云うことで、それなら藪伊豆総本店の野川喜央社長のところがいいとお願いした。

野川さんには、目黒の「江ど間」で開かれた「江戸美学研究会」の勉強会でお会いしたあと、中なか伺えないでいたことから、この機会にお願いしたもの。

上の写真をクリックする
中央区が2003年に町の振興のために「日本橋 江戸もみじ通り」と名づけて、もみじの街路樹を植えたことから、同店が記念に建立したもの。
続きを読む

2012年03月29日

小金井ブランド創り隊が推進して伝統小松菜パウダー活用の試作品が出揃った。


学生団体「いがねこ」の「小金井ブランド創り隊」が、江戸東京野菜の6次産業化を模索していたが、小金井産伝統小松菜をパウダーにして、商品開発を進めるべく同市内の協力店を求めてきたことは、当ブログで紹介したが、4店が試作品をだしてくれることになった。

この事業、東京農工大学の「地球をまわそうプロジェクト2011」として認められ助成事業となり、協賛には、農業団体から東京むさし農業協同組合、商業サイドは、小金井市商工会で、後援は、小金井市、となっている。

31日、13時30分から17時まで、武蔵小金井駅から6分の前原暫定集会施設A会議室で、試食することになった。




img005.jpg


上のチラシをクリックする。

先着30名で、参加費は無料だが予約が必要。 080-6606-1075( 勅使河原まで )
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2012年03月28日

法政大学建築学専攻の生徒などによる「建築教育としての庭先直売所セルフビルド」小金井市内に竣工


小金井市を江戸東京野菜でまち興しをしようと、小金井にキャンパスのある大学の学生や、小金井市在住の学生で組織する、「いがねこ」の活動は当ブログても紹介してきたが、代表・山中元さん(法政大学大学院デザイン工学研究科建築学専攻2年)が2010年の秋に、

小金井市の江戸東京野菜プロジェクトの会議で、「私たち建築を志す学生としてその技術を活かして、都市農家が所有する「庭先直売所」を設計し、建設しようと考えている」と発言した。

産・学連携で都市農業の活性化を目指す・・・
地域住民参加型の仕組みを設けることで、農業のことや、野菜の魅力を知ってもらう機会になればと・・・



1-1003 (1).jpg

個々の農家はすでに庭先等で実施しており、新たに設置する農家が見つからず、山中さんたちは苦労したようだが、学生たちの熱い思いを感じ取った、黄金井江戸東京野菜研究会の高橋金一さんが、第一号を発注し、先日、自宅事務所前 (小金井市関野町2-7-8) てに竣工した。

「vegehouse 農家さんへ建築学生からの贈物

当日は、同大建築学科の永瀬克己教授をはじめ、網野禎昭教授、いがねこの学生や、ミュゼダグリの会員等、かかわる方々が集まって、にぎやかに竣工式が行われた。

この活動、山中さんをはじめ、法政大学大学院デザイン工学研究科建築学専攻2年の鈴木良明さんと森川久美子さんが中心となって学生たちを募集、法政大学建築学科をはじめ、東京学芸大学、武蔵野美術大学の学生が参加した。

上の写真をクリックする。
高橋金一さんの名前から、「金」を生かし、野菜を買いに”きんさい”から「金菜屋」と染め抜いた。

屋根は、直射日光は避けるが明るい、ポリカーボネツト製で、タナは、野菜によって自由に変えられる。また、地域の人たちが集えるようなデイザインにしたという


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2012年03月27日

地粉の美味さがわかる小平の「茂七」で、太くてかたい肉汁うどんを食べた。


西武拝島線東大和駅から南に6分に、うどんの「茂七」がある。
小平の宮寺農園(園主・宮寺光正さん) に行った折、昼になったので、近くの「茂七」に案内してもらった。

ご主人の師岡茂夫さんは5年前に店をオープン。
師岡さんのいとこが、宮寺さんのお宅の数軒先で、農家仲間の師岡征一さんと云うこともあって、「茂七」に、ご案内を戴いた。



1-1009.jpg

上の写真をクリックすると
、緑提灯の店5つ星。

店は、L字型のカウンターで8席。ご夫婦でやっている。
写真を一枚と頼んだら、快くポーズをとってくれた。

注文したのは「肉汁うどん」の大盛を頼んだ。

続きを読む

2012年03月26日

山形の在来作物を守ってきた人々を描いた映画「よみがえりのレシピ」が、4月に、下高井戸シネマにて東京初上映決定。


山形在来作物研究会会長の江頭宏昌先生( 山形大学農学部准教授 )からメールをいただいた。

「山形の在来作物の種子を守ってきた人々を描いたドキュメンタリー映画『よみがえりのレシピ』が4月21日と23日に、下高井戸シネマで東京初上映になりますので,お知らせします。」と云うもの。

江頭先生ありがとうございました。



1-1eiga2.jpg


チラシをクリックする。


この映画、「優れたドキュメンタリー映画を観る会」が主催するもので、 ” 舟はゆっくり朝日を浴びて ” として11本のドキュメンタリーが上映される。

「よみがえりのレシピ」90分は、その一つで、上映日時は21日(土)は、20:50〜,23日(月)は、11:00〜。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2012年03月25日

こだわりの野菜料理「ばぁ〜る まぁ〜る」で荒川の伝統野菜、試食会パートUを開く。


3月7日に、荒川区の谷井千絵観光振興課長にご招待いただいて、荒川の伝統野菜 汐入大根の試食会に参加させていただいたことは、当ブログでも紹介したし、東京新聞にも掲載された。

その時、谷井課長に同じ荒川の伝統野菜に三河島菜があり、昨年、尾久宮前小学校と峡田小学校で栽培されたことをお伝えした。
その事は、情報としてご存じだったが、「青茎三河島菜」はまだ見たことはないと言っていた。




1-1017.jpg

緒方敬士シェフ(右)と、スタッフの佐藤義之さん(左)

そこで、谷井課長に食べていただこうと、宮寺光政さんにお願いして、タネ採り用に残してある「青茎三河島菜」の提供をお願いした。

それ以外に、今ある江戸東京野菜は、「伝統小松菜」「汐入大根」「亀戸ダイコン」も戴いた。

早速、谷井課長に電話をしたら、喜んでいただいて、日程をとってもくれた。

前回、汐入大根の試食が美味しかったので、「ばぁ〜る まぁ〜る」の緒方敬士シェフに予約を入れると、青茎三河島菜はぜひ料理したいと云うので、何よりだった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜

2012年03月24日

食の安全・安心セミナー「地産地消のすすめ」で三國清三シェフが語る。


東京都の農林水産部食料安全課が主催した食の安全安心セミナー「地産地消のすすめ」は当ブログでも紹介したが、会場は満席になった。

同課では食の安全・安心を確保するため、環境保全型農業を推進している。

農薬の適正使用の指導、残留農薬の検査、農薬と化学肥料を削減した農業の推進、生産情報を記録・情報も提供している。



1-1003.jpg

昨年からは、東京都産の農産物で地産地消を進めようと、都有地(八王子)で野菜をつくって学校給食に提供している。
また、東京の食材を利用しているレストラン等の飲食店を東京食材使用店として募集し、都のホームページやガイドブックで広く紹介している。

同課の平野直彦課長は、「食の安全・安心を広めていくには、生産者、消費者等、食に関わる様々な方法で情報交換を行い実践していくことが重要だ。

様々な方々の意見交換の場として食の安全・安心のシンポジウム「三國清三シェフを講師に迎えて「地産地消のすすめ」を開催した。」と語った。

続きを読む

2012年03月23日

都政新聞が連載する「東京育ちの美味探訪」 3月号は、調布のイチゴ生産者、斉藤修太郎さん。


若い後継者が東京の各地で育っている。
調布のイチゴ生産農家の斉藤修太郎さんもその一人で、美味しさにこだわったイチゴを栽培している。



bimi2.png


上の写真をクリックするとリンクする。


何年か前に、オテル・ドゥ・ミクニのオーナーシェフ、三国清三氏が評価したイチゴだ。

前日に収穫されたイチゴは、翌朝には、厨房に納品されるが、「新鮮な甘い香りが厨房から客室にまで広がる」と三国シェフは云う。

今月初めの大雪が降った日に、細川奈津美記者と、江戸東京野菜の料理研究家酒井文子さんが取材に行ったが、新たな取り組みに意欲的な斉藤さんの挑戦は、これからも続くようだ。

posted by 大竹道茂 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2012年03月22日

先週末、孫娘を連れて、温暖な房総・嶺岡の日本酪農発祥地をたずねた。


平日だと中央高速で新宿まで行くのに2時間はかかるので、少し早く出たが、土曜日だったこともあり、1時間で新宿を通過した。
アクアラインまでの流れも順調だったが、海ほたるは混んでいた。

房総で行ってみたい所があった。
房総には何度も行っているが、行く機会がなかったのが、南房総市嶺岡の日本酪農の発祥地だ



1-1002.jpg


海岸線から山の方へくねくねとした細い道を登って行くと、千葉県嶺岡乳牛研究所はあった。

「みねおかいきいき館」の観光祭りが行われていて、「木更津かずさ連」の皆さんが、いきいき館前のステージで、リズミカルで力強く「よさこいソーラン」を踊っていた。

会場では、豚汁を無料でふるまっていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年03月21日

小金井市の春のお花見弁当フェアに先立ち「春のお食事会」が開催された。


小金井市の "春のお花見弁当フェア"は、24日から4月8日まで開催されるが、フェアを盛り上げる関連イベントが開催されている。

その一つが「春の食事会」で、市内シェフ・料理長等により、小金井産の江戸東京野菜を使った”一日だけの特別メニュー”の食事会だ。



1-1008.jpg


17日には、市内ブァン・ド・リュ、永瀬義祐オーナーシェフの「江戸東京野菜のフレンチコース」と、割烹たけ店主海老原紀男さんの「江戸東京野菜づくし」が好評のうちに開催され、

20日は(上の写真をクリックするとメニュー)「素材の声をきく」が市内、ブルーム アンド ブルームの店長・藤原奈緒さんにより、食事会と料理教室のコラボ形式で開催された。
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金井市での取り組み

2012年03月20日

農薬や化学肥料を使用せず、有効微生物群を肥料にしています。立川市西砂の鈴木農園は朝から行列ができる。


立川市西砂の鈴木農園は、「農薬や化学肥料を使用せず、有効微生物群の資材を(たい肥) (鶏ふん)を肥料にしています。安全で安心なことは、甘みや辛み、強い香りなど野菜本来の味、美味しさを感じていただけます。



1-1028.jpg

あんしん野菜  鈴木農園」
とある。(上の写真をクリックする)

放射能検査の報告も掲載して、消費者へ信頼と、安心を届けている。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2012年03月19日

「三多摩たべもの研究会」機関誌「たべ研新聞」の樋口則幸さんが取材してくれた。


会員制の無店舗宅配書店のサンタポストの粕谷亮美さんからメールをもらった。
粕谷さんはミニコミ「YA!!」を発行していて、江戸東京野菜物語篇と図鑑篇を出版した時には随分とお世話になった。
出版する前から「YA!!」で紹介してくれて、予約を取ってくれて、励まされたものだ。

メールには、たまおこしの会のメンバーで、共同購入の先がけともいう「三多摩たべもの研究会」の機関誌「たべ研新聞」を毎月つくっている樋口則幸さんを紹介したいが・・・
というもの。

いつまでも気遣っていただいて粕谷さんには感謝だ。
後日、樋口さんからメールをいただき、わが家の近くの農家で待ち合わせることになった。





0-1-1008.jpg



待ち合わせ場所は、樋口さんが配慮してくれて、わが家から車で5分の、立川市西砂にある、天然酵母パンを売るカフェ、「ゼルコバ」。

横田基地の滑走路に分断されて五日市街道が大周りになり、旧街道沿いの「ゼルコバ」があるあたりは閑静なたたずまいになっている。

農家の屋敷を改造した、趣のある空間で、江戸東京野菜に取組始めた頃の話からインタビューに入った。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 20:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2012年03月18日

月刊『野菜情報』3月号に、食生活ジャーナリストの脇ひでみさんが「野菜の学校」の取り組みを執筆。


NPO法人 野菜と文化のフォーラムが主催する「野菜の学校」の2012年度の募集を行っていることは、当ブログでも紹介した。
野菜の学校のスタッフでもあり、食生活ジャーナリストの脇ひでみさんが、独立法人農畜産業振興機構の月刊情報誌『野菜情報』3月号に、この2年間の野菜の学校「日本の伝統野菜・地方野菜」の取り組みについて、執筆された。



sawada (2).jpg

上の写真をクリックすると脇さんのページにリンクする。



講座の魅力を余すところなく紹介していて、江戸東京野菜の事も、取り上げていただいたが、全国各地にある伝統野菜の、物語を知り、試食し、その一つひとつの野菜の虜になってもらいたい。

今年は、今まで紹介されてこなかった関東地区の、茨城、埼玉、千葉の伝統野菜がお目見えする。ご期待いただきたい。

なお「野菜の学校」の申し込みは、ここから

posted by 大竹道茂 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜と文化のフォーラム

2012年03月17日

立川観光協会では、立川の農業を観光資源として、農地をめぐる散策ガイドブック「農ウォーク」を作成、無料配布している。


立川市で江戸東京野菜の栽培をすすめているJA東京みどりの原省三課長は立川観光協会が「農地をめぐる散策ガイドブック」を発行したと持って来てくれた。

このマップ「西立川版・多摩川沿いの農業や自然、歴史を知る、めぐる」「玉川上水版・古き良き武蔵野の雑木林と農地をめぐる」「砂川版・玉川上水沿いの直売所をめぐる」「西砂版・砂川の原風景と季節野菜をめぐる」」の4地区に分けて、A4版を三つ折りにしてある。




tachi1.jpg

マップを開くと、コース紹介として、西立川版では、JR西立川からモノレールの柴崎体育館まで、玉川上水版では西武拝島線玉川上水駅からスタートして同駅に戻るコース、砂川版では、西武拝島線の玉川上水駅から隣りの武蔵砂川駅まで、西砂版では、西武拝島線の西武立川駅から同駅に戻るコースとなっている。

マップには、各版農業の特徴の他、コースの時間(2-3時間)、距離(長くて5.5`)がポイント毎に表示され、見どころポイント。

立川市内の代表的な生産品目、農産物直売所のご案内等も掲載されていて、暇を見つけて歩いてみたくなる。
それもそのはず、農業後継者の立川市農研会、タチカワまちの案内人が協力しているのだ。

各市でも、農地を観光資源としても見直すきっかけになればと思っている。

尚、同マップは、各版を1,000部発行し、市役所などで無料配布している。お問い合わせは042-527-2700まで
posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2012年03月16日

都立園芸高校の横山修一先生が江戸東京野菜で「がんばれ先生! 東京新聞教育賞」を受賞した。


平成9年に都立園芸高校の2年生だった由井君(採種)と、歌丸さんと磯貝さん(地域普及)が、江戸東京野菜の栽培を始めた。

昨年、後輩たちが引き継ぎ、江戸東京野菜プロジェクトを結成し、活発なプロジェクトが動き出した。

生徒の主体性を生かしながら、横山修一先生は、栽培、採種、普及、加工、販売等の指導をされてきた。

このことを東京新聞が募集していた「第14回 東京新聞教育賞」に「広がれ、つながれ江戸東京野菜」で応募したが、この程、受賞者として、同紙に論文が掲載された。



tokyoshi.png

上の写真をクリックする。
横山先生の「論文を読む」をクリックすると「広がれ、つながれ江戸東京野菜」にリンクする。

横山先生にお会いしたのは、平成10年春からで、以後、江戸東京野菜を教育の中に導入していただいている。
同校にも伺って学生さんたちにもお会いしてきた

生徒たちは、自主的にブログを立ち上げ江戸東京野菜プロジェクトの活動の様子をオープンにした。

そして、”さんフェア鹿児島2011 “〜第21回全国産業教育フェア鹿児島大会〜では優秀賞を受賞し全国に江戸東京野菜をアピールした。

これまでの横山先生の指導には頭が下がる。

生徒たちが優秀賞を受賞した後、横山先生も受賞と、江戸東京野菜に携わる者としてこの上ない喜びだ。

今や、同校のプロジェクトは江戸東京野菜の発展に大きな役割を果たしている。

2012年03月15日

食材の寺小屋が「放射性物質」を学ぶ市民公開講座を開催、安心の食生活を送るため


元NHK解説委員の中村靖彦氏が熟長を務める『食材の寺小屋』は、今年で8周年を迎えることから、「〜福島原発1年〜 気になる食べものの放射性セシウム」を取り上げ、無料の市民公開講座として開催する。



1-1img826.jpg
上の案内書をクリックすると申込書にリンクする


食べものに含まれる放射性物質を規制する基準値が4月1日から適用されることから、安心の食生活を送るため、正しい知識を持とうと企画された。

4月11日(水)、13時30分から16時30分まで 会場は 東京農業大学「食と農」の博物館
無料講座ですが、FAXにて、申込みをお願い致します。
posted by 大竹道茂 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2012年03月14日

江戸の孟宗竹発祥の地「ムサコ」で4月22日にたけのこ祭りを開催する。


「目黒のタケノコ」の話。
都立稔ケ丘高校統括校長の徳田安伸先生のご親戚が、江戸でタケノコを普及した山路家だったと、当ブログで報告した。

徳田先生のお世話で七代目の山路安清先生にお会いして貴重な資料を見せていただいた。


1-1take2.jpg

この程、あるテレビ局から、当ブログで見たと「目黒のタケノコ」の取材依頼があったので、徳田先生にお願いして、安清先生と連絡を取ってもらったが、

そんなやりとりの中で、安清先生から、『地元、武蔵小山商店街連合会が、「タケノコ祭り」を計画していて、13日に、実行委員の皆さん方が初代治郎兵衛勝孝の殖竹塚にお参りに来る』と云う情報をいただいた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2012年03月13日

長崎の伝統野菜、アスパラガスはオランダ人によって江戸時代に長崎に伝えられた。


ホテル日航ハウステンボスに泊まったが、夕食は、カジュアルレストラン「ラヴァンドル」に席をとった。



1-1017.jpg


上の写真を クリックするとメニューにリンクする


ハウステンボス内で食事をと思っていたが、長崎の伝統野菜、アスパラが食べられるので、ホテル内で夕食をとることにした。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

暫くぶりの、長崎は天候にも恵まれて、美味しい魚をいただいてきた。


長崎に行く用事があり、9日から11日まで行ってきた。

長崎の野菜と云うと、江戸東京野菜の「シントリ菜」が縁がある。
中国原産の唐菜、唐人菜、ちりめん白菜等のアブラナ科の野菜をさすが、固定種の長崎ハクサイ(唐人菜)のタネを蒔いているケースが多い。

昭和40年代に、半結球の芯の部分を若どりして、中華料理の高級食材として、炒め物やスープに使われていた。
日中国交が正常化した昭和47年以降、50年代に入って、チンゲンサイ等、各種の中国野菜のタネが輸入され、高級食材としての価格は下落した。



1-1-1shintorina (2).jpg


江戸川を中心に栽培されてきた「シントリ菜」は、クセの無い味で、使いやすい野菜として見直され、都内各地で栽培されるようになった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話