2012年03月08日

復活! あらかわの伝統野菜 「汐入大根」観光振興に研究会 がキツクオフ。


一週間前、荒川区の観光振興課 谷井千絵課長からメールとチラシが届いた。

同区観光振興課では、これまで地域の様々な資源を切り口に荒川区のPRや、また区民の方にも新たな魅力を知ってもらうための取り組みを行ってきたという。

当研究会が企画した汐入大根の試食会が1月15日付の東京新聞に掲載されたことが、地元荒川区で話題になり、観光振興の立場からも、地元に汐入大根という貴重な伝統野菜の資源があることを思い出させることになったという。

当研究会は、青茎三河島菜の時もそうだったが荒川区民へのメッセージとして企画したわけで、そのことが伝わったことがことのほか嬉しい。

区内の飲食店でもこうした伝統野菜や野菜素材に興味を持っている店があり、ぜひレシピを研究したいとの反応もあったことから、汐入大根を栽培している、同区立汐入東小学校の羽中田彩記子校長にも相談して、試食をしながらの意見交換をする研究会を開催することになったという。




1-1arak2.jpg



上の写真をクリックするそんなことで、これまでの経過について話してほしいと、特別ゲストとしてご招待をいただいた。

なお、当日名刺交換をした方は、ご案内をいただいた谷井課長のほか、石原久産業経済部長、池田洋子広報課長、観光振興課の播磨大亮係長、健康推進課栄養担当田嶋係長(栄養士)、、

荒川ふるさと文化館加藤陽子主任学芸員。また、お世話になっている環境課の彦坂樹木医もお見えになった。
リバーパーク汐入町会 婦人部長の 川上かつ江さん、地元飲食店「月光」の堀口智一店主、そして会場となった「ばあ〜るまあ〜る」の緒方敬士さん、菜央さんご夫妻。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜