2012年03月29日

小金井ブランド創り隊が推進して伝統小松菜パウダー活用の試作品が出揃った。


学生団体「いがねこ」の「小金井ブランド創り隊」が、江戸東京野菜の6次産業化を模索していたが、小金井産伝統小松菜をパウダーにして、商品開発を進めるべく同市内の協力店を求めてきたことは、当ブログで紹介したが、4店が試作品をだしてくれることになった。

この事業、東京農工大学の「地球をまわそうプロジェクト2011」として認められ助成事業となり、協賛には、農業団体から東京むさし農業協同組合、商業サイドは、小金井市商工会で、後援は、小金井市、となっている。

31日、13時30分から17時まで、武蔵小金井駅から6分の前原暫定集会施設A会議室で、試食することになった。




img005.jpg


上のチラシをクリックする。

先着30名で、参加費は無料だが予約が必要。 080-6606-1075( 勅使河原まで )
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動