2012年04月14日

東京の府中市で、幕府のマクワ瓜畑・御瓜田復活の取り組みが動き始める。


府中市のビアハウスケンに勤める和田純一さんが、訪ねてきた。

これまで、府中市商工会の勉強会で、まち興しの資源を模索していたが、府中市には江戸時代に、幕府のマクワ瓜畑・御瓜田があったことを調べあげ、これまでマクワ瓜で地ビールや、パンを試作したという。

地域に伝わる「伝統野菜には、一つ一つ物語がある」、と常々言ってきたが、
こうなると、マクワ瓜にこだわりたくなるのが人情・・・。

和田さんから、江戸時代に伝わった、素性のはっきりしたマクワ瓜がないものかと、相談があったもの。



1-1001.jpg

写真、左から杉崎忠雄組合長、府中市の和田純一さん、学生グループ「いがねこ」の遠藤敦人さん


江戸のマクワ瓜は、甘いものが少なかった時代、「水菓子」と言われて、将軍はもとより、真夏に井戸で冷やされたマクワ瓜を江戸市民たちは好んで食べた。

上の写真をクリツクする。
現在、江戸東京野菜としては、中川流域(葛飾区)で栽培されていた、大振りの「本田(ホンデン)うり」(右上)が、足立区(内田和子さんが栽培していた)で見つかった。

また、小金井市の農家・島田さん宅に伝わっていた「黄金(コガネ)のマクワウリ(左下)」も見つかり、江戸東京野菜として認証されている。

当研究会では、15-6年前に府中で、マクワウリ栽培が行われていたことは確認しているが、その後は把握していない。
そんなことから、先日、府中市をテリトリーとするJAマインズの杉崎忠雄代表理事組合長にお会いして、現在、生産者がいるのか、栽培してくれるか、などについて協力を要請した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2012年04月13日

京橋大根河岸市場が生まれて350年を2014年に控え、今年6月から毎月350本の大根を配布計画。


江戸東京野菜を扱う、東京築地市場の東京シティー青果では、江戸東京野菜担当が変わったからと、朱亀寿美朗部長が、先月末に挨拶に来てくれたことは紹介したが

最近の当研究会の活動状況についても、報告しなくてはと、同青果(株)の会長・石川勲氏(東京中央青果(株)社長)と、藤田寛専務取締役を表敬訪問したが、お忙しい中時間を割いていただいた。



1-1245.23.jpg

上の写真をクリックする。


築地市場は2014年度中に豊洲に移転するが、応接室には豊洲市場のイメージ写真が貼ってあった。
右から石川会長、藤田専務、朱亀部長。

石川会長には、昨年の11月にバスツアーに同乗いただいて、参加者に京橋大根河岸のお話をしていただいて以来だし、
藤田専務には昨年の6月に「築地市場 やさい くだものツアー」でお会いして以来なので、お伝えすることもいろいろあった。

特に「ZAGAT」については冊子を差し上げたが藤田専務は「Edo Tokyo Vegetables」を注目して読んでいた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2012年04月12日

小平の江戸東京野菜で創作料理のグループに新たにイタリアン「GIALLO」が加わった


小平市一橋学園で江戸東京野菜の創作料理に取り組む、中国宮廷麺「なにや」の翡翠麵打師・松村幹男氏から、学園西町のイタリアンのオーナーシェフが新たに宮寺光政さんの江戸東京野菜に取り組んてくれるというので、宮寺さんと、19時に「なにや」に伺い、松村さんとイタリアンに向かった。
学園東町で創作鮨に取り組む「喜楽鮨」の米山貴博氏もやってきた。



1-1012.jpg

右から、松村氏、片倉氏、米山氏

紹介されたイタリアンは、「GIALLO」で、オーナーシェフの片倉英紀氏は、定休日だったが店を開けてくれて、江戸東京野菜を使った料理を出してくれた。

上の写真をクリックする。
店内の黒板には、メニューが書かれていた。
入口のボックスには、江戸東京野菜のカレンダーが張られていた。

「GIALLO」は、「一橋学園南口商店街」の小平市学園西町1-20-2
       tel 042-347-0210


続きを読む

2012年04月11日

江戸東京野菜の普及に取り組む仲間から待望の農学博士が生まれた。


筑波大学大学院 生命環境科学研究科 国際地縁技術開発科学専攻の阿部希望さんは、加藤衛拡教授の指導のもとで研究を続けていたが、今年3月23日に念願の博士号を取得したと、電話をいただいた。

阿部さんは、大学院2年の時、ドクターへの登竜門、学会誌「農学史研究44号」に、研究論文が掲載されたと、掲載論文を持って私の勤め先に報告に来てくれたので、当ブログで報告している。


1-001.jpg


今年3月、「農学史研究46号」に再び、論文が掲載されたことから博士号の取得になったもの。
先日、わざわざ昭島まで博士(農学)学位論文を持ってきてくれた。

江戸東京野菜の普及に取り組む同志としてこの上ない喜びだ。
おめでとうございます。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2012年04月10日

地産地消、伝統野菜の視察で入手した食材を持ち帰り、地元荒川区のレストランで・・・・。

 
4月4日に荒川区の谷井千絵観光振興課長と石原久産業経済部長が、小平の宮寺農園 (園主・宮寺光政氏) を視察されたことは、当ブログで紹介した。

お二人は、初めて栽培されている荒川区の伝統野菜・青茎三河島菜をご覧になった。
宮寺農園では、この時期は三河島菜の抽苔したところを菜花のように切って、小平の経済センターや一ツ橋学園の“なにや“に出荷している。

また、ハウスでは、同じ荒川区の伝統野菜・汐入ダイコンが、タネ採り用に残され、ダイコンの花が咲き始めていた。



1-1001.jpg


低気圧の影響で、当日は突風が吹いたりしていたので心配していたが、無事戻られたようで、翌日いただいたメールには・・・。

「昨日買い求めたものは、早速、夕食にいただきました。
 また、「ばあーるまあーる」に届けて、本日(5日)の夜に調理してもらいます。」とあったが、

昨日、谷井課長からコメント付きの写真が届いたので紹介する。



               
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2012年04月09日

新宿区立大久保小学校4年生達から「江戸東京野菜を教えてくれて・・・」の文集が届いた。


新宿区立大久保小学校の兼元由香利先生から4年1組(H23年度) の皆さんの、お礼文集「大竹道茂さん」と、「花よりカレー! レシピ」が届いた。

同校の4年1組(各学年とも1クラス) は内藤唐辛子やウコンを育てる活動で、親子3代同校の卒業生・大久保商店街の和菓子屋さん(岡埜栄泉) とコラボで、唐辛子入りのおまんじゅうを作ったのをはじめ、江戸東京野菜を使ったカレーライスづくり、そして、今回は「世界9ヵ国のカレー作り」と、今までいろいろな学習をしているが、江戸東京野菜を使ったカレーパーティは当ブログで紹介している。



1-1img016.jpg


上の案内状をクリックする。
送っていただいた「花より! レシピ」。
最後に、「皆さんも是非、このレシピから工夫して自分の好みの味わいや香り、色の「オリジナルのカレー」を作ってみてくださいと書いてある。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 内藤トウガラシとカボチャ

2012年04月08日

金子ゴールデン自家製ビール完成試飲・飲み比べ会がJA東京あおばで開かれた。


JA東京あおば地域振興部から、自家製ビールの完成試飲会のご案内をいただいた。

自家製ビール、いわゆる手作りビールだが、1月18日に「第1回ビール醸造講習会」が行われ、お招きいただいていた。
熟成期間が必要で、その時は飲めなかったものだから、ブログでの報告はしていなかった。

その後、瓶詰作業などあって、4月6日17時から、同JA地域振興部のある石神井支店2階会議室で、自家製ビール(写真右)と石川酒造で醸造した「練馬金子ゴールデンビール」(写真左)の飲み比べが行われた。



1-1018.jpg


翌日の7日、同地域の生産者が栽培した23年産のビール麦「金子ゴールデン」を石川酒造で醸造した「練馬金子ゴールデンビール」が同JA経済センターで販売されることから、先駆けに、役職員による試飲会(勉強会)を開催したもの。

なお、「練馬金子ゴールデンビール」の販売は朝日新聞に7日朝刊に掲載されたようだ。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2012年04月07日

太くて白い早稲田ミョウガの根茎は、ふかふかのベットに定植された。


練馬区高野台の井之口喜實夫さんから電話があって、お願いしている早稲田ミョウガをお彼岸明けに掘り起こすからという。
だが、日程が合わず10日も遅れ、石神井公園の桜がほころび始めた4日に伺った。、



1-1011.jpg

東京の代表的なキャベツ農家、井之口さんは農林大臣賞を何度もとっていて、伺った時には、初夏産キャベツの定植も終わり苗は生き生きとしていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2012年04月06日

JA東京みらいの「オザム出荷グループ」の生産者が江戸東京野菜の栽培計画会議を開催。


JA東京みらいで生産者会議があるというので、伺った。

生産者の皆さんは、地元のスーパー「オザム下里店」をはじめ「東村山」「新堀店」に出荷している出荷グループが、昨年から、江戸東京野菜を栽培している。このことは当ブログで紹介している

そもそもは、昨年の2月、私がまだ、(公財)東京都農林水産振興財団に勤めていた時に、JA東京指導員連盟から依頼されて、江戸東京野菜の話をしたが、その時に聞いてくれた当JAの高倉国昭次長が、江戸東京野菜に興味を持ってくれたことに始まる。

小平の宮寺光政さんは、当JAの指導経済部長や東久留米支店長を歴任されているので、宮寺さんがアドバイスをしてきた。




1-0kaigi2.png
上の写真をクリックすると拡大。


東久留米市は昔から大根の産地だったこともあり、今回は、亀戸大根の升本から塚本貢三専務も同行してもらった。

生産者会議は、高倉次長から会議の主旨が説明され、グループ代表の村野喜安氏から主催者の挨拶があった。
村野さんは、ミュゼダグリの新年会にご参加いただき、江戸川の亀戸大根栽培農家・木村重佳さんの圃場を視察いただいている。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2012年04月05日

KDDIの広報誌「TIME &SPACE」4/5 に「復活! 江戸・東京の伝統野菜」が掲載。



2月の初めに、KDDIの広報誌「TIME &SPACE」のライター・小野蓉子さんから、メールをもらった。

江戸東京野菜について話を聞きたいというものだったが、17日に北区の食育研究部研究発表会で、話をするからよかったら来ませんかと、伝えたら来てくれた。
勿論、主催者の朝比奈芳美部長( 北区立稲田小校長)の了解を取ってのことだが



img035.jpg


小野さんが書いてくれた、広報誌が手元に届いた。

「TIME & SPACE」の表紙をクリックする。
小学校、中学、高校が取り組んでいる写真を提供したので、掲載してくれた。

小野さんは、取材していただいた後、「江戸東京野菜に興味が湧いてきました、また何かありましたら誘ってください!」と言われていたので、荒川区で行った、江戸東京野菜の試食会にお誘いをしている。

小野さん、ありがとうございました。

posted by 大竹道茂 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

BS-TBSの「謎解き 江戸のススメ、」次回 9日は「筍」だそうだ。


テレビ局の番組改編にともなって、BS-TBS で4月から始まったのがの「謎解き 江戸のススメ」、毎週、月曜日の22時00分からだ。

第1回は、2日に「富士山」でスタートした。

この番組では「浮世絵」とか「川柳」など、江戸ならではの文化を切り口に、その時代に秘められている謎を解き明かしていくから、江戸好きにはたまらない。

MCは、歌舞伎の市川染五郎だが、視聴者目線で「江戸の謎解き」をしていく、物知りの草野満代が、若い染五郎と番組の進行をしていきく。



edo1.png
上の写真をクリックすると、江戸の「筍」を見逃した方のために、動画が見られる。

先月、番組制作会社の飯島秀治さんから電話をもらった。

4月からBS-TBSで、新しい番組が始まるが、第2回の4月9日には、江戸時代のタケノコについて取り上げたいという。
そんなことで、資料や関係者を紹介してほしいという。

どんな番組になったのか、知る由もないが、楽しみだ・・・。

録画のセットをお忘れなく。

この番組と連動して、スマートフォンに無料のダウンロードができるアプリが用意されて、番組を盛り立てる。

まだ、スマホは持っていないが、そろそろ買うようかな・・・・



posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2012年04月04日

三河島菜の栽培現場を視察しに、荒川区からお客様がやってきた。


4日の昼前、ちょっと用事があって宮寺光政さんに電話をしたら、今、荒川区の谷井千絵観光振興課長と、石原久産業経済部長が視察に見えているという。
お二人には、試食会にお招きいただいているので、急いて小平に車を走らせた。

同日は、午後から低気圧が発達するような状況だったが、ご多用のお二人だから、日程を延期するとなると、何カ月も先になってしまい、野菜は無くなってしまうので、風の強い中お見えになったようだ。

石原部長は、先日、三河島菜の試食の時には、先約が入っていたらしくお見えになれなかったので、青茎三河島菜の様子を見てもらった。



1-1001.jpg


丁度、花芽が上がってきているが、この時期、一ツ橋学園の中国宮廷麺「なにや」には、花芽から10センチぐらいのところを納めているという。
谷井課長には、試食用にハウス内で栽培している、遅く蒔いた青茎三河島菜と、亀戸大根、時無し大根( 形をみるとみの早生かもしれない )を持って行ってもらった。
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜

2012年04月03日

江戸東京野菜関連スケジュールの再開。


江戸東京野菜に関連するスケジュールは、当ブログの右側「関連情報」の下にバナーを張ってある。

主に江戸東京・伝統野菜研究会の日程を掲載していたが、最近はブログを見た方々がいろいろと情報を寄せてくれるので、月に3〜4回を更新していた。

12月の下旬に、パソコンのインターネット接続に不具合が生じてから、騙しだまし毎日ブログを書いてきた。

2月に入って、今度はPDFへの変換処理プログラムも壊れてしまい。いろいろと対策を講じていたがままならず、「江戸東京野菜関連スケジュール」は更新できずにいた。

結局、毎日のブログにも支障をきたすに及んだことから、このほど、初期化したことで、失うものも多かったが、ブログはスムーズに書けるようになった。



skj9.png

上の写真・赤丸をクリックするとスケジュールにリンク。


江戸東京野菜のネットワークの皆さんから、日々たくさんの情報が寄せられるので、4月から、月3〜4回の更新を、再開することになった。

今後ともスケジュールのチェックをよろしくお願いいたします。

お陰様で、アクセスカウンターは本日18万件(2年間)を記録いたしました。アクセスありがとうございました。


posted by 大竹道茂 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

探していた干し野菜用のネットが、レシピ付きで売っていたので買ってきた。


何年前からだったか、雑誌の売れ行きが下降線をたどっていた時、ある女性雑誌が一流ブランドに作らせたトートバックを付録につけたら、付録目当てに売れ始めた。

その後、競争になって書店によっては付録を展示して付録から本を選ばせるような店もあった。
付録のトートバック(totebag)、お洒落なものだから 街中でこの手のバックを持った女性を目にすることも多い。



1-1004.jpg


そんな、平積みの女性誌から離れたところに、「干し野菜レシピ」特製干し野菜ネット付! が目に付いたので手に取ってみた。

2011年10月31日に発行されているから、売れ残ったのかボツボツ売れているから置いているのか知らないが、買ってきた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2012年04月02日

江戸東京野菜を紹介した「ザガツトサーベイ 特別英文版」が発行された。


ZAGATについては、昨年の6月に当ブログで紹介している。

ZAGATは、1979年、当時ニューヨークで弁護士として活躍していたザガット夫妻が、料理評論家だけに頼るレストランカイドの信憑性に疑問を抱き、「食」を愛する一般の人々へのアンケートによる回答を統計処理することを考案した。

「料理」「内装」「サービス」の3項目を各30点満点で評価し、また寄せられたコメントを多く引用しているお店を掲載している。

ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリなど、40数冊の英語版カイドが発行されているという。

「ザガツトサーベイ日本版 東京レストラン2012」は、11月に発行され送られてきた。
東京のレストランとしてあるが横浜も掲載されている。



1-1zagat2.png


二月の中旬だったか、ZAGAT編集マネージャーの佐野嘉彦さん(株)CHINTAI) が訪ねてこられた。

震災復興および訪日観光促進を目的とした観光庁の ”Japan Thank you”キャンペーンの一環として、(株)CHINTAIが「Tokyo & Kyoto Restaurants 2012 Japan Travel Aid Edition(東京・京都英文抜粋版)を作るので協力してほしいと云う。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2012年04月01日

江戸東京野菜を卒論に選んだ芳賀緑さんが東農大で食料環境経済学科賞を受賞した。


昨年の4月だったか、東京農業大学国際食料情報学部准教授の五條満義先生から、卒論のテーマに江戸東京野菜を取り上げた学生がいるので、教えてやってほしいと電話をいただいた。

五條先生には、東京農大オープンカレッジや食料環境経済学科の創設70周年記念講演等に講師として招かれて以来、親しくさせていただいているので、お預かりするとお伝えした。

学生は、同学部食料環境経済学科4年の芳賀緑さんで、農友会少林寺拳法部主将だという。

丁度5月の連休明けに、宮寺農園の野菜を地元のレストランで会食の予定があったので、芳賀さんを誘って皆さんに紹介したが、華奢な女の子だった。この会食は、当ブログで紹介している



1-1hagasann.bmp


上の写真をクリックすると農家見学。

彼女はNPO法人ミュゼダグリに入会して、江戸東京野菜の勉強にのめりこんだ。

同NPOでは、農家見学会のなどの事務局をはじめ、なんでも積極的に取り組んでくれた。
教職課程の実習も自宅近くの都立瑞穂農芸高校に頼んで実施し、江戸東京野菜の話をしてきたという。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:06| Comment(5) | TrackBack(0) | その他関連情報