2012年04月16日

EM菌の江戸東京野菜栽培活用に茨城・自生農場の小野賢二・羊子夫妻を訪ねる。


EM(Effective Microorganisms)菌、いわゆる有用微生物群の農業分野での活用を琉球大学農学部の比嘉照夫教授が開発したことは、現役時代の20年も前に資料で読んだことがあった。

乳酸菌や酵母菌、光合成細菌などがそれで、農業ばかりか環境浄化として、家庭から出る生ごみのたい肥化にも活用されている。
毎年、日本橋祭りでは老舗の主人たちが日本橋川の浄化のために、EM菌団子を橋の上から川に投げ込んでいる。川底のヘドロを分解させるもので、近年では、植物性プランクトンが増え、小魚も戻っているという。



1-1014.jpg
小野賢二君の自生農場。

上の写真をクリックすると、歓迎してくれた、小野賢二・羊子夫妻。


部屋を片付けていたら、昔、購入したEM菌のボトルが出てきた。

今、江戸東京野菜の生産者には、東京都知事が認証する「エコファーマー」の資格を取った方々に、お願いしているが、EM菌が活用できないかと、小平の宮寺光政さんに相談した。

宮寺さんもその効能は知っていて、実際に取り組んでいる事例を見たいということになって

ボトルの購入先でもある、大学の同級生で、茨城で農業をしている小野賢二君の農場に暇を見つけて行くことになった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話