2012年04月25日

練馬新聞が「『古事記』から学ぶ“五穀のルーツ”と都市農業の重要性について」の座談会を企画した。


先月中旬だったか「練馬新聞」のディレクター斎藤秀樹氏から、メールをいただいた。
なんでも、今年は、日本最古の物語「古事記」(712年上梓)が編纂されて1300年目を迎えるそうで、“瑞穂の国・日本”を支えてきた農業についても書かれた日本初の記載文学として文学の面からも価値が見直され、パワースポットを巡る「古事記」ツアーブームの兆しさえ伺えるという。

時同じく、今年は、練馬区、板橋区、豊島区、北区をテリトリーとするJA東京あおば(榎本高一代表理事組合長)が、平成9年に4つのJAが合併して以来、今年の春で15周年を迎えた。



1-1kuyak2.png


そこで、練馬新聞では、JA東京あおば・合併15周年記念「『古事記』から学ぶ“五穀のルーツ”と都市農業の重要性について」の座談会を企画したもの。

上の写真をクリックする

会場は、練馬区庁舎20階の「展望レストラン<バンケットルーム>」。

この庁舎ができたのも合併する頃だったと記憶しているが、練馬で一番高いビルは中央線からもよく見えた。
初めて来たが、副都心新宿の超高層のビル群がかすんで見えた。
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介