2012年05月16日

気仙沼復興塾の成功を祈念して、戻りかつおと早稲田ミョウガで懇親会


早稲田大学周辺商店連合会の北上昌夫会長から、気仙沼復興塾(かつお×ベジプロジェクト)で、「 学生と懇親会を企画します。」とメールで案内をいただいた。

そこで、食材探しで早田宰教授と奥多摩わさびの収穫に向かったことは、昨日当ブログで紹介した

そもそもは、早田宰教授からは、早稲田ミョウガはないかという問い合わせだったが、早稲田ミョウガは産地の水耕栽培と違い露地栽培だから無理だが、練馬区高野台の井之口喜實夫さんが試験的にミョウガタケを作ってくれているから、懇親会に間に合えばと思っていたが、小さいができたからと電話をいただいた。



2-3003.jpg

奥多摩の帰り、井之口さんのお宅に二人をお連れした。
早稲田ミョウガ捜索隊の石原光訓さんも、初めて見る光景に感激している様子だった。

上の写真をクリツク

穴に根茎を植え、陽光を遮った暗室で育て、時々光を当てることで、赤みをつけるというもの。

井之口さんが昔ミョウガタケを作っていた頃は、6畳ほどの半地下を作って栽培していたという。
食べ方は、斜めに細く切り、葉は卵とじで食べると美味しいと教えてくれた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ