2012年05月25日

伝統野菜に取り組む先進各県の責任者を前に江戸東京野菜でひろがくる地産地消を語る。


浜離宮恩賜公園は、寛永年間(1624〜1644年)までは、将軍家の鷹狩場で、一面の芦の原だった。
 四代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重が承応3年(1654年)、海を埋め立てて甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てた。

その後、綱重の子供の綱豊(家宣)が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められた。

八代将軍の吉宗の時代には、青木昆陽によって甘藷の試作も行われている。
 歴代将軍によって幾度かの造園、改修工事が行なわれ、十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成したという。

明治維新の後、皇室の離宮となり、名前も浜離宮となった。




1-1004.jpg

浜離宮の入り口から「汐入の池」の方向奥、竹芝地区のビルが見える。

上の写真をクリツクする
汐入の池の奥に、「ホテルアジュール竹芝」も望める。

このホテル、東京都職員共済組合の総合保健施設として平成3年に開業した。

現役時代に、東京が当番で関東甲信地区の役員会を島嶼地区で開催した時に、前日、ここに宿泊して、早朝に出帆する船にそろって乗船するのには便利で、利用したことがあったが、それ以来だ。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等