2012年05月28日

大田区の保育園と小学校で、馬込半白キュウリの苗を地元NPOが支援して定植された。


3月はじめに、大田区の山王保育園にお勤めの栄養士さんからメールをいただいた。

これまで、同園の花壇で、トマトやソラマメ等、栽培した野菜を給食で児童に食べさせていて、
今度は大田区の伝統野菜、馬込半白キュウリと馬込三寸ニンジンを育てて、「馬込ビクルス」を作り給食に出したいという。

園児に伝統野菜のことはわからないかもしれないが、食べさせてあげたいんだという。
それでタネを分けてほしいというメールだった。
はな


1-1山王保育園 土づくり.jpg


地元の伝統野菜を園児たちに食べさせたいという思いは実現させてあげたいので、「NPO法人 大田・花とみどりのまちづくり」で活躍しているfumingさんを紹介した。

これまで、タネを分けてくれという話は良くあるが、タネを分けるだけでは、お互い無責任になるのでしていない。

確実に普及する意味からも指導者を紹介して、収穫するところまで一緒に取り組むようにしているからだ。

同NPO法人のブログには ”大田の「花とみどり」はお任せを!“ とある。

上の写真をクリックする
Fumingさんから写真添付で報告があったので紹介する。

5月11日に、山王保育園の園庭に、普通の胡瓜苗5本と馬込半白の苗5本を植え付けました。
小さな畑でしたが、堆肥や腐葉土をまいた畑を耕す作業を子どもたちにも手伝ってもらいました。

もちろん、植付けも・・・小さな手に、ポット苗の根鉢は大きく大変な作業でしたが、一生懸命取り組んでくれました。

さすがに保育園児に「江戸東京野菜」と言っても難しいかと半白胡瓜の写真だけ見せて、昔、大田区で生まれ育った野菜だよ、ということ、普通の胡瓜とどこが違うかな?と言う話などを、少しだけしてみました。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組