2012年06月03日

江東区立第四砂町中学校で砂村三寸人参の指導者・関口隆雄氏を訪ねて。


昨年の9月に、江東区の教育委員会で学校給食指導担当をされている馬場紀子係長に、砂町にゆかりのある「砂村三寸人参」を栽培したいという学校を探してもらった。

砂村三寸人参のタネは、前年に栽培をしてもらった、都立園芸高校の横山修一先生から栽培したい学校があるなら、お分けすると語っていたからだ。

人参は遅くとも8月下旬には蒔いておかなければならないが、第四砂町中学校(伊藤雅夫校長)が見つかり、播種をする指導者として、前年、砂町小学校の指導をお願いした、JA東京スマイルの関口隆雄副組合長にお願いするなどしていたから、播種は9月29日になってしまって、1ヶ月遅れになってしまった。

その後、2ケ月して同校を訪れ、生育状況を見せてもらったが、このことは当ブログで、紹介している


1-1sanzun4.png

5月15日に収穫を迎えたと、馬場係長から写真添付で報告をいただいていた。

上の写真をクリツクする。
収穫したのは81本。どれもが三寸人参の名の通り、10センチ前後の生育だった。
ただ固定種の揃いの悪さは仕方がないが、おいしそうなニンジンに仕上がっていた。、

収穫したニンジンは、翌日の給食に、同校の栄養士の塩入増子先生が考えたメニューは、砂村三寸人参入りの蒸しパンとして調理され、特に砂村三寸人参の存在感がわかるように調理された。

尚、数本が抽苔しており、タネを採って今年も栽培できるように、ポットに残し引き続き管理されている。

馬場係長は、「今後、砂村三寸人参、砂村一本ねぎともに他の学校へ種を分けるなど、複数の学校で栽培ができればと考えております。」と語っていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組