2012年06月06日

伝統のビール麦・金子ゴールデンから発想する都市農業の未来。


都政新聞の取材に合わせて実施しているNPO法人ミュゼダグリの農家見学会は、細川記者から「練馬金子ゴールデンビール」が美味しいと話題だから、生産者やJAの関係者の話が聞きたいと云ってきた。


1-1011.jpg

金子ゴールデンの麦畑は、麦秋を迎えていた。 
麦秋とは良く言ったものだ。 刈り取り間近にした麦畑は、一面秋の色だ。

金子ゴールデンの麦畑を見たいというので、JA東京あおばに連絡したら、組合長にお会いできるという。

上の写真をクリックする
ビール麦・金子ゴールデンは「二条大麦」、その形がよくわかる。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達