2012年06月07日

早稲田大學 震災復興のまちづくり(JA共済寄付講座)  三國清三シェフの 講義&キッチンスタジオに招かれて


早稲田大學 震災復興のまちづくり(JA共済寄付講座) 気仙沼復興塾 三國清三シェフ 講義&キッチンスタジオが6日、大隈庭園入り口にある「早稲田大学Uni Cafe125」で開催された。

これまでの講座については、当ブログで紹介している。



DSC_0385.JPG
写真をクリックすると拡大


2010年3月4日、早稲田大学前副総長の堀口健治先生にお会いしてお願いした、早稲田ミョウガの捜索活動は、早大生の協力でミョウガを発見することができ、それが震災復興のまちづくりの取り組みの中で、お役に立つことになったことはうれしい限りだ。

このプロジェクトは始まったばかりでこれからだが、早稲田ミョウガは、ロマンとともに、プロジェクトに参加する方々の期待も背負っている。

仙台や気仙沼からもゲストの皆さんがやってきた。
右から (株)気仙沼商会代表取締役社長 気仙沼市震災復興市民委員会リーダー スローフード気仙沼メンバーの高橋正樹氏、隣が鈴木有機農園のエコファーマー鈴木英俊さん。

三國清三シェフ、大竹、早田宰教授、小平市のエコファーマー宮寺光政氏。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ